コンセンサスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > センサス > コンセンサスの意味・解説 

コンセンサス

英語:consensus

コンセンサスとは、コンセンサスの意味

コンセンサスとは、複数の人による意見一致合意を意味する。わかりやすくいうと、全員合意をとるということである。コンセンサスのビジネスにおける意味としては、大きく分けて複数人合意意見一致」と「根回し」の2つの意味合いがある。コンセンサスの語は、もともとはラテン語の consentire が語源となっている。con+sentire から成る語で、con は with や together一緒に)の同語で、sentire は feelsense感じる)の意味である。コンセンサスは英語で consensus表記し、意味的にはほとんど現在と変わらず古くからお互い同じ様に感じるという意味で使用されてきた。

ビジネスにおいては何らかのプロジェクトを進める場合案件関わる人たちの同意を得ることが必要不可欠である。大多数同意得ていても、少数反対する人たちがいれば、スムーズ目標達成することができないからである。そのために、先回りして根回しをし、あらかじめ関係する人たちに話を付けておく必要がある。コンセンサスの類語として、合意がある。それぞれの意見一致させるという意味の言葉で、使用する相手複数でも一人でも用いることができる。ただ、シンプル当事者同士意思一致するというニュアンスで、コンセンサスのように根回しをしてという意味合いは含まれないので、使う際には注意が必要である。

その他にも、後述するアグリーメントという言葉がある。合意と同じように使用できるが、この言葉もあらかじめ意見一致を図る根回しの意味は含まれない。

ビジネスシーンでよく使われる「コンセンサスを取る」「コンセンサスを得る」とは

コンセンサスは、ビジネス場面でよく使われる言葉である。間違った使い方をしないように、正確に意味を把握しておく必要がある。まず、「コンセンサスを取る」の表現は、会議など人が集まる場面で、最終目的全員一致を表している。参加した人たちに同意することを働きかけることを指し、コンセンサスの根回しに当たる。「新規プロジェクト内容について、上司からコンセンサスを取るように指示が出た」などが例文として挙げられる。

「コンセンサスを得る」の表現は、会議などで大切なプレゼンを行うときや重要なプロジェクト進行している場合周囲にあらかじめ確認をとっておかなければならないケース少なくない。「プレゼン同意得てくるように上司に言われた」という場合は、その場賛否決定促すというわけではなく、きちんと根回しをしてくるようにというニュアンスになる。

「コンセンサスを図る」の表現は、コンセンサスを取ると同じような意味合いで使われる。例えば、「参加者全員一致を狙うためにコンセンサスを図る」という場合である。会議前にあらかじめ参加者同意働きかけ全員意見一致目指す。ただ、コンセンサスを取るよりも根回しのために尽力するという意味合い強くなる。

語源お互い意見が一致するという意味では類語合意も同じだが、根回しするという点で違いがあるので使い分けには注意が必要である。

コンセンサスとアグリーメントの違い

コンセンサスの類語アグリーメントがある。同意賛成を表す言葉ビジネスシーンでもよく使用される。コンセンサスと似たような意味合いを持つが、コンセンサスが「複数の人」の合意意見一致を表すのに対してアグリーメント相手が「一人」の場合に用いられ、根回し意味合いが含まれないのが違いである。「あなたの意見アグリーメント表示する」などの使い方をする。主に、ビジネスで使う場合は、賛成反対意思表示をするときに使用されるケースが多い。アグリーメントを略して賛成場合アグリーする、反対場合アグリーしかねるというような表現をする。

コンセンサスは会議などで全員一致のことをいうことからも分かる通りあくまでもコンセンサスは総意である必要がある。これに対して多数決は、コンセンサスのように意見総意を得るのではなく大多数による意見選別を表しており、少数意見切り捨てるというニュアンスを含んでいるのが特徴である。ビジネスプロジェクトを進める中で、どんなに根回しをしても意見一致しないケースもある。人はそれぞれ考え方異なるから当然である。ただ、コミュニケーションを交わすプロセスで違う考え方はあるけれど、全員納得出来るような結論到達するのがコンセンサスで、少数意見切り捨てるという意味合いは持たない。

コンセンサスを図ることができれば誰もが納得する形でプロジェクトを進められるので、ビジネス場面ではとても有益になる。

コンセンサスの慣用句

コンセンサスの慣用句として、コンセンサス配列やコンセンサス方式・コンセンサスアルゴリズムなどがある。そもそもコンセンサス配列生物学使用される言葉で、英語で consensus sequence英訳される。塩基配列タンパク質アミノ酸配列いくつかの違う生物同士比較し、その時見られる共通の配列をいう。会議などでそれぞれの意見考え方抽出し共通点を見いだすことは、意見一致スムーズにするためにとても重要なことである。

コンセンサス方式は、英語で consensus system英訳される。会議などで議題について決定をする場合投票などで賛否決めるのではなく参加した人の中で反対意見なければ全員合意したものみなされるやり方である。コンセンサス会議ともいわれ、メリットとしては全員納得しているので時間をかけずに議題内容を進めることができる点である。ただ、デメリットとして、一人でも反対意見があれば議題可決をすることができない

コンセンサスアルゴリズムは、英語で consensus algorithm英訳される。コンセンサス(合意形成のためのアルゴリズム方法)が直訳で、ビットコインのような仮想通貨に使われる用語である。中央管理者存在しないブロックチェーンのような分散型台帳場合は、ネットワーク内で行われ新規取引で不正な取引参加者全員監視したり、意見食い違ったときに全員合意を得ることは難しい。そこで、参加者全員が同じ量のデータ持ち合い互いデータ正当性担保し合う仕組みがコンセンサスアルゴリズムである。

コンセンサス

英語:consensus

コンセンサスとは

コンセンサスとは、複数人における意見一致という意味。転じて根回しという意味で使われることもある。英語のconsensusは《ほぼ一致と言うニュアンスを含むのに対し、カタカナのコンセンサスは「ほぼ一致」といった曖昧ニュアンスは含まず、《全会一致》という意味合いが強い。コンセンサスの「全会一致と言う意味合いが強まったことで、「全会一致にするために行動すること」、すなわち「根回し」もコンセンサスの意味に含まれるようになった。主にビジネス医療など、チームで動くことが多く全員意見一致が必要な際に用いられることが多い。

ビジネスにおけるコンセンサス

ビジネスにおいてのコンセンサスは、「全会一致」と「根回し」の2つの意味で用いられる。前者の意味で使われる例として、「コンセンサス方式」の会議がある。これは全員合意を取るために行われる会議で、反対意見を持つ人が1人でもいるならば意思決定を行わず、反対意見無くなるまで引き続き議論続ける、というものである。これにより決定した内容その場にいた全員合意が取られたこととなり、以後決定事項遂行する上で意思すれ違いによる滞り未然に防ぐことができる。同じくコンセンサスを用いる会議方式として「ネガティブ・コンセンサス方式」も存在する。これは前例とは逆に全員反対がない限り決定するというもので、多少反対が出ることが予想できるが、大きな反対がない限り決定してしまいたいという場において用いられる。

根回し」としての意味で使われる例としては、「コンセンサスを取る」ということが挙げられる。これは最終的全員合意スムーズに得られるようにするために1人ひとりの同意得ておくことを意味し、「〇〇さんのコンセンサスを取っておいて」などと言う形で用いられる。ただし「コンセンサスを取る」という言い方全てこの意味になるという訳ではなく、「〇〇部のコンセンサスを取る」などチームグループ対象にした場合は、個人ではなくグループ全体合意が必要となるため、前者の「全会一致」に近い意味になる。

医療におけるコンセンサス

医療においてのコンセンサスも似たような意味で用いられる。医療現場数多く医療従事者関わり経験それぞれであるため1人人物独断によって治療方針決められてしまうことがあってはならないまた、医療従事者だけでなく患者自身意見尊重されるべきことである。したがって、数々医療従事者患者全員合意不可欠である。この合意を取ることこそが、医療業界におけるコンセンサスの1つとなる。認知症アルツハイマーなど、本人意思確認できない場合コンセンサスが取れないということ問題になっている

コンセンサスという単語において、全員一致させるものは必ずしも意思だけではない。全員共通の「認識」として使われることも多々ある医療においてのもう1つのコンセンサスがこれにあたり症例治療方法などにおける医療従事者共通の認識を「医学的コンセンサス」と呼ぶ。これは診療ガイドラインとはまた性質異なったものであり、実務上の実践方法アルゴリズム提示されるものではない。医学的な知識に従う医療従事者達によって構成され、研究の場と医療現場での認識齟齬をなくすために必要とされている。

株式取引におけるコンセンサス

株式取引においてもコンセンサスが存在する。これは複数証券アナリスト達の共通の認識という意味で用いられる。具体的には、複数証券アナリスト達によるある会社業績予想平均したものを「コンセンサス予想」と呼ぶ。1人アナリスト予測とは違い複数アナリストの共通の認識ということになるため、信用できるとする見方多く株式取引の際の指標1つとして活用されている。

コンセンサス【consensus】

意見一致合意。「社内のコンセンサスを得る」


コンセンサス(こんせんさす)


コンセンサス consensus

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

合意

利用者納税者などいろいろな立場国民コンセンサス合意を得ながら進めるべきである。

意味説明

異な立場意見が一致すること

  • 意見一致させることが容易でない重要な問題について使われ,特に政治にかかわる課題に用いられることが多い。
その他の言い換え語例

意見一致


合意形成

(コンセンサス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/04 12:47 UTC 版)

合意形成(ごういけいせい、: consensus building)とは、ステークホルダー(多様な利害関係者)の意見の一致を図ること。特に議論などを通じて、関係者の根底にある多様な価値を顕在化させ、意思決定において相互の意見の一致を図る過程のことをいう。コンセンサス[1]ともいう。特に国民全体の合意形成をはかることをナショナル・コンセンサス、合意形成を図る過程のことを合意形成過程ともいう。


  1. ^ : consensus
  2. ^ 原科幸彦・村山武彦(市民参加と合意形成)
  3. ^ : interests
  4. ^ 矢島宏光、合意形成論(土木学会)


「合意形成」の続きの解説一覧



コンセンサスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンセンサス」の関連用語

コンセンサスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コンセンサスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2020 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合意形成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS