偽の合意効果とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 偽の合意効果の意味・解説 

偽の合意効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 06:48 UTC 版)

偽の合意効果(ぎのごういこうか、: False consensus effect)あるいは総意誤認効果は、人が自分の考え方を他の人に投影する傾向である[1]。つまり、人は他の人々も自分と同じように考えていると見なしたがる。この推定された相関には統計的確証はないが、存在しない合意があるかのように感じさせる。人々は自分の意見・信念・好みが実際よりも一般大衆と同じだと思い込む傾向がある。


  1. ^ False Consensus & False Uniqueness”. Psychology Campus.com. 2007年11月13日閲覧。
  2. ^ Why We All Stink as Intuitive Psychologists: The False Consensus Bias”. PsyBlog. 2007年11月13日閲覧。


「偽の合意効果」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

偽の合意効果のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



偽の合意効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偽の合意効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS