機微とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 機微の意味・解説 

機微

読み方:きび

機微とは、表面上は分かりにくい人の心の微細動き物事移り変わりのことである。

「機微」の≪機≫の字は「機知」のように心の動き指したり、「心機」のように事の移ろい・趣を指したりする意味がある。「機微」の≪微≫の字は「微細」のように非常に小さいことを指したり、「微妙」のようにはっきりしないことを指したりする意味がある。このことから、「機微」は「心や物事の非常に小さな変化働き」を表す言葉であることがわかる。

「機微に触れる」は人の心の微妙な動き感じることである。「人情の機微に触れる」という表現で「さりげない親切心感じる」という意味合いでも使用できるが、「そのことは彼女の機微に触れ話題だ」といった用法で「軽々しく話題にして粗雑に扱うべきでない、彼女にとって繊細問題」といった意味合いでも用いられる。

「機微をうがつ(穿つ)」は、人の本質や微妙な心理状態を的確に表現するといった意味合い用いられる。「機微に聡い」は、人の感情物事変化些細な変化感じることに長けているといった意味合い用いられる。「機微を捉える」は、物事移り変わることを敏感察知するといった意味合い用いられる。「機微」の複合語である「機微情報」は、センシティブデリケート個人情報を指す。


「機微」がセンシティブ心理微細物事動きを表しているのに対し、「隠微」は「表には表れず非常に分かりにくい確実に存在している」といったニュアンスを伴う。「隠微」の対義語は「顕著」である。

き‐び【機微】

表面だけでは知ることのできない、微妙なおもむき事情。「人情の機微に触れる」


き‐び【機微】

〔名〕 かすかなしるし。表面にはあらわれない、微妙なおもむき。幾微。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「人情の機微に立ち入った事を云はれても頓と感じがない」


機微

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/23 05:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「機微」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「機微」を含むページの一覧/「機微」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「機微」が役に立つかも知れません。

関連項目



機微

出典:『Wiktionary』 (2017/10/16 12:56 UTC 版)

名詞

(きび)

  1. かすか動き物事趣き

発音

き↘び



機微と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機微」の関連用語

機微のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機微のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機微 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの機微 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS