人情とは? わかりやすく解説

にん‐じょう〔‐ジヤウ〕【人情】

読み方:にんじょう

人間自然な心の動き人間ありのままの情感。「やすきにつくは―の常」

人として情け他人への思いやり。「―の厚い人」「―家」


人情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/21 06:59 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
ウィキペディアには「人情」という見出しの百科事典記事はありません検索結果/「人情」で始まる記事の一覧
代わりにウィクショナリーのページ「人情」が役に立つかも知れません。


人情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 01:57 UTC 版)

義理」の記事における「人情」の解説

一方、人情(Ninjō、"human emotion or compassion")という日本では世界観の中で義理価値または社会的義務補完しつつ反す人間感情がある大雑把にいえば人情は社会的義務衝突して必然的に湧き上がるという人間感情であるとされているが、人情は文化方面特化した用語であるため、この概念妥当性または重要性は、幅広い視点左右されつつ、日本人論全体視点密接に結びついているといえる典型的な例は、容認できないパートナーおそらくは下級社会誰か、または敵の一族誰か)と恋に落ちる武士などのそれである。一族忠実なメンバーとしてその後領主への義務個人的な感情の間で引き裂かれてしまって心中または愛の苦悩果てに自殺してしまうなどは、ウィリアム・シェイクスピアの劇「ロミオとジュリエット」や「アエネーイス」などのように日本人でも外国人でも同じ。現代日本人が西洋人よりもギリという感覚を大いにもちえているのか、それゆえに心理的に義理人情葛藤近くなるのか、という疑問は、ニホンジンロンを日本中主義にかそれとも日本懐疑的にみるかに分かれるところである。

※この「人情」の解説は、「義理」の解説の一部です。
「人情」を含む「義理」の記事については、「義理」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人情」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人情

出典:『Wiktionary』 (2021/11/22 03:42 UTC 版)

この単語漢字
にん
第一学年
じょう
第五学年
呉音

発音

名詞

(にんじょう)

  1. 人が本来有するとされる温かい感情
  2. 一般の人々考え常識
  3. 心付け贈り物賄賂

複合語


「人情」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人情」の関連用語

人情のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人情のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの義理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS