削除とは? わかりやすく解説

さく‐じょ〔‐ヂヨ〕【削除】

読み方:さくじょ

[名](スル)文章などの一部を、けずりとること。「不穏当な発言議事録から―する」

「削除」に似た言葉

削除

作者原田宗典

収載図書どこにもない短篇集
出版社徳間書店
刊行年月1993.2

収載図書どこにもない短篇集
出版社徳間書店
刊行年月1997.6
シリーズ名徳間文庫

収載図書屑籠一杯の剃刀自選恐怖小説
出版社角川書店
刊行年月1999.8
シリーズ名角川ホラー文庫

収載図書どこにもない短篇集
出版社角川書店
刊行年月2003.2
シリーズ名角川文庫

収載図書林家正蔵が選ぶオチがある話集
出版社学習研究社
刊行年月2007.2
シリーズ名中学生のためのショート・ストーリーズ


削除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 06:25 UTC 版)

削除(さくじょ)とは、一度作成された文書データなどを削って取り除くこと。類義語として「消去」や「抹消」がある。


  1. ^ ○には削除した文字数を記入する。
  2. ^ ○には加筆した文字数を記入する。
  3. ^ 第二次世界大戦直後日本における墨塗り教科書は有名である。また、文書を公開する際、個人情報など非公開とされる部分にも使用される。


「削除」の続きの解説一覧

削除(シンプルなケース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 09:37 UTC 版)

赤黒木」の記事における「削除(シンプルなケース)」の解説

ラベルNは、入力時に削除されるノードであるカレントノードを表す。 もし、Nが根で、非NILの子持たない場合、NはNILノード置き換えられその後、木は空になり、赤黒木形になる。 もし、Nが2つの非NILの子を持つ場合、Nの左側部分木の最大要素(これは間順走査でのNの先行ノード)またはNの右側部分木の最小要素(これは間順走査でのNの後行ノード)のいずれかへの追加ナビゲーションは、(ここに示すように)Nとの間に他のノード存在しないノード見つける。この置換ノードはRと呼ばれ部分木の最大または最小要素として、最大で1つの非NILの子を持つ。ユーザ定義したノード構造からソフトウェア完全に独立させるために、Nとの間のすべての赤黒い木のポインタは、Rとの間のすべての赤黒木ポインタ交換され、NのRB-colorもRに与えられるノード間の順序関係は、NとR間の順序(Nを除去することによって直ち解決する問題)を除いて保存され、Nは最大1つの非NILの子を持つ。 もし、Nがちょう1つだけNILの子を持つなら、Nの子は赤でなければならない。もしNの子が黒なら、要件5によって2つ目の黒の非NILの子強制されるからである。 もし、Nが赤のノードである場合、非NILの子を持つことはできない。なぜなら要件4によりNの子は黒でなければならないからであり、さらに、先ほど議論と同様に、黒い子を1つだけ持つことはできないその結果、赤のノードNは子を持たず、単に削除されるだけである。 もし、Nが黒ノードであれば1つの赤の子ノードを持つか、非NILの子ノードを全く持たない場合がある。Nが赤の子ノードを持っている場合は、赤の子ノード黒く塗った後、その子ノードとNを置き換えるだけである。

※この「削除(シンプルなケース)」の解説は、「赤黒木」の解説の一部です。
「削除(シンプルなケース)」を含む「赤黒木」の記事については、「赤黒木」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「削除」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

削除

出典:『Wiktionary』 (2021/08/27 06:18 UTC 版)

名詞

さくじょ

  1. 文章などの一部削り取ること。
  2. コンピュータといった媒体上からデータなどを削り取ること。消去とは異なる。

類義語

発音(?)

さ↘くじょ

翻訳

動詞

活用

翻訳


「削除」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「削除」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「削除」の関連用語

削除のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



削除のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの削除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤黒木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの削除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS