ビデオとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ビデオ > ビデオの意味・解説 

ビデオ【video】


ビデオ

【英】video

ビデオとは、動画データ取り扱い生成伝送変換記録再生などの機能を持つ電子機器のことである。また、映像に関する技術や、映像動画意味する形容詞としても一般的に用いられている。

動きのある映像情報動画)を扱う機器のことが「ビデオ機器」あるいは、短く「ビデオ」と呼ばれている。動画を扱う技術は、もともとアナログ系の技術として、主にテレビジョン分野確立されてきた。アナログ電子回路で処理が容易なNTSCなどのいわゆる走査線用いて1枚画像複数本の走査線データ分解し、これを時系列並べ人間にとってスムースに感じられる毎秒30画面程度速度伝送する、という考え方基本としてきた。この時系列データを、電波伝送するのがテレビジョンtelevision)である。

動きのある映像情報符号化し、ケーブルなどを用いて時系列伝送される信号は、ビデオ信号呼ばれるビデオ信号は、撮影時ビデオカメラから出力され記録メディア記録されるVHSなどのメディアは、このような時系列データを、アナログ信号として磁気テープ上に記録し再生するものであるDVDigital VideoテープHDDハードディスクの場合は信号デジタルデータとして記録再生される記録メディアは、磁気テープ代わってFDフロッピーディスク)やHDDハードディスク)などの磁気ディスクメディアや、あるいは、CDDVDBDブルーレイディスク)などの光ディスク系メディアなどに、徐々に移行している。さらに、半導体メモリ集積度の向上や低価格化に伴いフラッシュメモリSDメモリーカードSSDなどを記憶媒体として用い流れ普及しつつある。

なお、デジタル放送技術としては、日本国内では、地上波デジタル放送地デジ)への移行決まっている表示装置としては、走査線数の数が1125本以上という、従来TVの倍以上のスペックを持つHDTVHigh Definition TV)が徐々に増えている。

ビデオ技術は、PC普及デジタル放送普及などとともに徐々にデジタル化されてきている。既に、デジタル放送開始され2011年7月よりアナログTV終了し完全にデジタル放送移行することが決定している。またデジタル技術発展してきた影響もあり、放送通信分野境界曖昧になってきており、両分野が融合していく傾向見られるデジタル化した状態では、ビデオ機器PC相性は良くPC接続できる機種増えている。

PCWebにおいては映像関連する技術データを示す形容詞として「ビデオ」を用いることが一般的である。とりわけ2000年代中盤以降インターネットを通じてビデオ関連コンテンツ配信されるサービス著し普及見せており、YouTube嚆矢とする動画共有サイトGYAOJoostなどのような映像専門メディアなど多数登場している。ニュースサイトでも映像ニュース配信することが珍しくなくなっている。

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
マルチメディア:  アフレコ  ビデオ  ポッドキャスト  フェードアウト  フェードイン  Mediascape  マルチメディア

ビデオ

作者布田竜一

収載図書怪奇堂 4
出版社文芸社
刊行年月2007.12


ビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 23:25 UTC 版)

ビデオ(Video) 聞く[ヘルプ/ファイル]とは、狭義にはテレビジョン技術において、電気信号を用いた映像(映像信号またはビデオ信号)の処理技術と、それを利用した周辺技術全般に関わる用語である。広義では、コンピュータディスプレイなど、テレビジョンで用いられるビデオ信号によらない画像を利用する機器全般に用いられる。基本的には、動画を扱う場合が多い。




「ビデオ」の続きの解説一覧

ビデオ(その他)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 06:37 UTC 版)

中川えり子」の記事における「ビデオ(その他)」の解説

危険に情事2(KUKI)(90分、1988年7月16日発売主演舞坂ゆい共演:デブラ・アゴスティ、香坂由加、東清美 他。中川えり子名義でスペシャルゲストとして出演

※この「ビデオ(その他)」の解説は、「中川えり子」の解説の一部です。
「ビデオ(その他)」を含む「中川えり子」の記事については、「中川えり子」の概要を参照ください。


ビデオ(VHS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:11 UTC 版)

スパイ大作戦」の記事における「ビデオ(VHS)」の解説

北米ではビデオテープ版は当初コロンビア・ハウスから会員制のみで発表されていたが、のちグッドタイムズ・エンターテインメントより第3シーズンまで、その後パラマウント・ホームビデオから『The Best of Mission: Impossible』(6巻セット12話入)が1996年2000年の2回に分けて発売されていた(合計42話)。このバージョンレーザーディスクでも発売された。 日本では、「厳選スパイ大作戦完全版」(ノーカット日本語吹替版) / CIC・ビクター ビデオノーカット 日本語吹替版として、日本語吹替えカットされていた部分は、オリジナル吹替えキャスト及び新たな吹替えキャストによる吹替え。(新たな吹き替えキャストは、以下に記載されているDVD発売日本語吹替えと同じキャストである。) オープニングタイトルは、日本でのテレビ放送お馴染みの、「スパイ大作戦」のタイトル収録されている。(タイトル最初は青い画面で「スパイ大作戦」の白い文字表示されタイトル終わり部分では「スパイ大作戦」の白い文字爆発し、赤い画面で「スパイ大作戦」の白い文字表示されるアニメーション映像。)エンディングでは、本国オリジナル版エンディング収録されている。 1997年2月28日発売薔薇秘密指令 前後篇(PSL-40232) 焼土作戦/未亡人は二度生まれる(PSL-40233) スリラー作戦/ヒスイ印璽(PSL-40234) 密室金塊/スパイ交換作戦(PSL-40235) 欺瞞作戦/ウィークポイントをつけ!(PSL-40236) 地下メートル円盤 前後篇(PSL-40237) 1997年8月21日発売暗殺計画便乗しろ/両面陽動作戦(PSL-40242) 王手/ストレートフラッシュ(PSL-40243) 処刑作戦殺人者の罠(PSL-40244) 奇跡のカムバック 前後篇(PSL-40245) 一千万ドル強奪事件/奴を証人席へ(PSL-40246) 女スパイ燃える時/ガラス監房(PSL-40247) 1998年2月21日発売地下よりの脱出/第二防衛配置図(PSL-40272) 第三の町/毒には毒をもて(PSL-40273) 不死鳥葬れ/鉄条網リンチ(PSL-40274) 二重スパイでっちあげろ/甦ったプリンセス(PSL-40275) 生体実験/幻の契約書(PSL-40276) 金庫追い込め/プルトニューム240(PSL-40277) 2000年7月20日発売トリック/脱出口(PSL-40332) 対奴隷作戦 前後篇(PSL-40333) 偽造紙幣マシン/雲上マイクロフィルム(PSL-40334) イメージダブらせろ/恐怖リモートコントロール(PSL-40335) 独裁宣言/酸素テントの中(PSL-40336) 巨頭会談/ニトログリセリン(PSL-40337)

※この「ビデオ(VHS)」の解説は、「スパイ大作戦」の解説の一部です。
「ビデオ(VHS)」を含む「スパイ大作戦」の記事については、「スパイ大作戦」の概要を参照ください。


ビデオ(VHS/DVD)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 14:33 UTC 版)

ブリーフ&トランクス」の記事における「ビデオ(VHS/DVD)」の解説

リリース日タイトル品番1st1998年11月21日 戦後最大のビデオ DXVL-5 戦後最大DVD DXBL-4 2nd1999年9月1日 カチン!コチン! DXVL-7 DXBL-5 3rd2000年7月26日 ブ DXVL-8 DXBL-6 4th2000年12月6日 BURITORA GOLDEN BEST VIDEO DXVL-9 BURITORA GOLDEN BEST DXBL-7 5th2012年11月7日 ブリトラ大復活祭2012 DQB-43 6th2013年12月4日 ブリトラコンサート2013 DQB-51 7th2015年6月27日 ブリブリ祭り2015 FMD-01 8th2016年9月21日 ブリトラ超大復活祭2016 PCBP-53151 9th2018年9月19日 ブリトラスーパーBEST祭り2018 PCBP-53253 10th2019年11月6日 ブリトラ埋蔵金スペシャル2019 DQB-1637 4作目まではビデオクリップ集再結成後の5作目以降はライブビデオ。 4作目まではVHS販売されたが、2006年1月21日DVD再発売されている再発売時に一部タイトル変更された。 販売元は同じダイプロ・エックス。 5作目以降はDVDのみ。 7作目オフィシャルサイト通販ライブ会場のみの限定販売

※この「ビデオ(VHS/DVD)」の解説は、「ブリーフ&トランクス」の解説の一部です。
「ビデオ(VHS/DVD)」を含む「ブリーフ&トランクス」の記事については、「ブリーフ&トランクス」の概要を参照ください。


ビデオ(VHS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:46 UTC 版)

世にも奇妙な物語」の記事における「ビデオ(VHS)」の解説

世にも奇妙な物語 vol.1 - 4(全12話・定価9800円。) vol.11991年8月7日発売vol.2同時発売)。収録時間56分) 「絶対イヤ!」「噂のマキオ」「幸福の選択」 AS「途中下車」('90秋の特別編vol.21991年8月7日発売vol.1同時発売)。収録時間58分) 「そこに扉があった」「代打はヒットを打ったか?」「ミッドナイトコール」 AS「4つモニター」(第1回vol.31991年9月21日発売vol.4同時発売)。収録時間64分) 「大予言」「王様の耳はロバの耳」「帰れない」 AS「底なし沼」(第2回vol.41991年9月21日発売vol.3同時発売)。収録時間59分) 「さよなら6年2組」「悪魔のゲームソフト」「復讐クラブ」 AS「人差し指を当ててください」(第5回) ※AS…アバンストーリー 放送当時レンタル専用として各3話収録で4本発売されている。 傑作選の為、'90秋の特別編と'91冬の特別編から10作品TVシリーズから2作品選ばれている。 『'90秋の特別編』の物は全て収録してあるが、『'91冬の特別編』の物は唯一昔みたい」が未収録。この4本には、当時オープニング前にやっていたアバンストーリー収録されている。 vol.1収録の「幸福の選択」には放送当時収録されていなかったエピローグ部分新たに収録されている。 また、vol.1vol.2の巻末には「《世にも奇妙な旅》クイズ」といった懸賞企画収録されていた。 世にも奇妙な物語 ビデオの特別編 vol.1 - 3(全15話・2000年11月15日発売定価9800円) 映画化公開に合わせてレンタル専用として3巻同時発売された傑作選94年から99年特別編中から15作品収録している。vol.1収録時間94分) 「ルナティック・ラヴ」「友子長い夜」「扉の先」「ウイルス」「自殺悲願vol.2収録時間98分) 「管理人」「完全治療法」「のぞみ、西へ」「女は死んでいない」「2040年のメリークリスマスvol.3収録時間109分) 「望みの夢」「マニュアル警察」「懲役30日」「先生の『あんなこと』」「怪我世にも奇妙な物語 映画の特別編(全4話2001年5月1日発売定価16000円、収録時間120分。) 2000年放送10周年記念して製作され劇場版VHS版。ただしレンタル専用のみの発売世にも奇妙な物語 ディレクターズカット特別編(全2話2001年5月1日発売定価6800円、収録時間60分) 『世にも奇妙な物語 映画の特別編』のうち「雪山」と「携帯忠臣蔵」の2作品ディレクターズカット版収録している。 世にも奇妙な物語 無料ビデオの特別編促進用) 劇場版の宣伝兼ねてTSUTAYA限定無料貸し出しされたビデオ。 世にも奇妙な物語 SMAPの特別編(全5話2002年8月23日発売定価9800円、収録時間130分。) 2001年元旦放送されたものをVHS化。ただし、版権の関係上SMAPが所属すビクターエンタテインメントからの発売になっているSMAP出演している作品今の所ソフト化されているのはこれのみである。

※この「ビデオ(VHS)」の解説は、「世にも奇妙な物語」の解説の一部です。
「ビデオ(VHS)」を含む「世にも奇妙な物語」の記事については、「世にも奇妙な物語」の概要を参照ください。


ビデオ(VHS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 09:25 UTC 版)

伝説の勇者ダ・ガーン」の記事における「ビデオ(VHS)」の解説

1992年9月25日から1993年5月28日まで、全12巻各巻4話9・10巻のみ3話収録)がCICビクター・ビデオよりリリースされた。一部の巻には出演者からのメッセージ映像も、巻末特典として収録されている。

※この「ビデオ(VHS)」の解説は、「伝説の勇者ダ・ガーン」の解説の一部です。
「ビデオ(VHS)」を含む「伝説の勇者ダ・ガーン」の記事については、「伝説の勇者ダ・ガーン」の概要を参照ください。


ビデオ(VHSセル・レンタル共通)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 02:36 UTC 版)

仮面ライダーBLACK RX」の記事における「ビデオ(VHSセル・レンタル共通)」の解説

1993年9月から1994年8月にかけて、全12巻各巻4話最終巻のみ3話収録)がリリースされている。

※この「ビデオ(VHSセル・レンタル共通)」の解説は、「仮面ライダーBLACK RX」の解説の一部です。
「ビデオ(VHSセル・レンタル共通)」を含む「仮面ライダーBLACK RX」の記事については、「仮面ライダーBLACK RX」の概要を参照ください。


ビデオ(オリジナル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 20:52 UTC 版)

スリーピング・サン」の記事における「ビデオ(オリジナル)」の解説

出演したのはターヤ・トゥルネンのみで、赤く染めた髪はここ以外で見られない珍しルックスになっているフィンランドの様々な自然を巡る映像で、草原岸辺森林などが見られる撮影地イヴァロイナリ湖

※この「ビデオ(オリジナル)」の解説は、「スリーピング・サン」の解説の一部です。
「ビデオ(オリジナル)」を含む「スリーピング・サン」の記事については、「スリーピング・サン」の概要を参照ください。


ビデオ(動画像符号化)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 01:23 UTC 版)

MPEG-1」の記事における「ビデオ(動画像符号化)」の解説

H.261開発され動画像圧縮技術流れ汲みフレーム間予測離散コサイン変換用いた技術である。最大4095×409512ビット)の解像度と、最大100 Mbit / sビットレートサポートするMPEG-1特徴は、従来まで1画素(動画像符号化ではフルペルと呼ぶ)単位であった動き補償の精度を、半画素(ハーフペル)単位拡張した点である。ハーフペル動き補償は、半画素単位での動きベクトル探索必要で演算量が大きいものの、フルペル単位に比べ圧縮率大きく向上させることができる。ハーフペル動き補償は、H.262 (MPEG-2)やH.263 (MPEG-4)でも使用されているビデオCDのほかDVD-VideoDVD-VR規格に低解像度用として取り入れられている(実際にMPEG-1使ったDVD極めて少ない)。2000年代初頭頃まではゲームやインターネットやり取りされる動画での圧縮形式としても一般的だったが、その後MPEG-4(DivXXvid・3ivx)・H.264WMVなどに取って代わられた。2009年現在では携帯電話携帯型プレーヤー・デジタルフォトフレームなどでMPEG-1対応している製品少数である。

※この「ビデオ(動画像符号化)」の解説は、「MPEG-1」の解説の一部です。
「ビデオ(動画像符号化)」を含む「MPEG-1」の記事については、「MPEG-1」の概要を参照ください。


ビデオ(1996年・隆大介版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 14:12 UTC 版)

ブラック・ジャック (実写版)」の記事における「ビデオ(1996年隆大介版)」の解説

BJパソコンを使うなど現代風アレンジされている部分はあるが、内容極めて原作忠実DVD化されていない

※この「ビデオ(1996年・隆大介版)」の解説は、「ブラック・ジャック (実写版)」の解説の一部です。
「ビデオ(1996年・隆大介版)」を含む「ブラック・ジャック (実写版)」の記事については、「ブラック・ジャック (実写版)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビデオ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビデオ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:31 UTC 版)

名詞

  1. 映像
  2. ビデオテープビデオデッキビデオカメラの略。

語源

関連語


「ビデオ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




ビデオと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビデオ」の関連用語

ビデオのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビデオのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリビデオの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビデオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中川えり子 (改訂履歴)、スパイ大作戦 (改訂履歴)、ブリーフ&トランクス (改訂履歴)、世にも奇妙な物語 (改訂履歴)、伝説の勇者ダ・ガーン (改訂履歴)、仮面ライダーBLACK RX (改訂履歴)、スリーピング・サン (改訂履歴)、MPEG-1 (改訂履歴)、ブラック・ジャック (実写版) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのビデオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS