映像信号とは? わかりやすく解説

映像信号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/05 09:11 UTC 版)

映像信号(えいぞうしんごう)は、映像を電気信号化したものである。




「映像信号」の続きの解説一覧

映像信号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 00:07 UTC 版)

ノイズリダクション」の記事における「映像信号」の解説

テレビビデオテープレコーダなどの画質改善技術として3次元Y/C分離がある(これ自体は全く「ノイズリダクション」ではない)。アナログのカラーコンポジット映像信号特にNTSCでは、Y(明るさ)と C(色)の信号が、帯域かぶらせ存在しているため、理想的な分離不可能である通常ラインバッファ用いて上下隣接する走査線間の相関利用し分離するが、3次元Y/C分離フレームバッファ用いフレーム間の相関利用しより高精度分離を行うものである視覚荒れ気になる静止シーン画質向上できるが、逆に原理動きのあるシーンには適用できず、適宜2次元切り替えなければならないため、一般に動き適応3次元Y/C分離とする必要がある。Y/Cについての詳細S端子を参照のこと。 他にアナログ地上波放送ゴースト低減させるゴーストリダクションという機能がある。画面の端より外の表示部分に基準信号部(詳細ゴースト除去用基準信号を参照)を置き、受信時にその部分に本来存在しないはずの信号存在すればそれはゴーストなので、それを元にゴースト打ち消逆変換掛けるものである

※この「映像信号」の解説は、「ノイズリダクション」の解説の一部です。
「映像信号」を含む「ノイズリダクション」の記事については、「ノイズリダクション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「映像信号」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「映像信号」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

映像信号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



映像信号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映像信号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのノイズリダクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS