D端子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 端子 > D端子の意味・解説 

ディー‐たんし【D端子】

読み方:でぃーたんし

D terminalテレビDVDプレーヤーなどの映像信号入出力用いられるアナログ端子D1D2D3D4D5の5種類規格があり、数が大きくなるに従い、より高解像度映像信号対応するまた、D端子の間で下位互換性をもつ。D映像端子


D端子

アナログの色差信号を伝送する専用端子のこと。D1〜D5まで5種類が存在し、D5に近いほど伝送される信号が高帯域となる。最近のディスプレイはRCAピンの色差端子の代りにこのD端子を搭載するケースが増えてきている。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


D端子

1999年に規格化された、1プラグ1コードの映像信号伝送用ケーブル規格。D1からD4まで4種類が存在する。伝送形態は色差信号で、自動アスペクト変換信号伝送も可能。日本国内のみの限定規格だ。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


D 端子

3本にもおよぶ色差信号のコード接続を、1本のコードで行なえるように考案された端子のこと。ちなみに規格としてはD1からD5までの5種類が存在しており、現在はD1/D3端子搭載モデルが実際に商品化されている。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


D端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 22:16 UTC 版)

D端子(ディーたんし)とは映像機器のアナログ映像信号を伝送するために規格された日本独自の接続端子である。


注釈

  1. ^ 実際に総務省東北総合通信局がデジタル放送推進用のウェブサイトにてD端子をデジタル端子であると紹介していたが[2]、これは間違いである。
  2. ^ 一方、モデルとなったDFPコネクタはデジタルコンポーネント信号RGBHV。
  3. ^ 一般的にはRCA端子が使用されている。
  4. ^ これに対応するためRCA3端子⇔D端子の変換アダプターが販売されている。
  5. ^ 例えば「1080i」の映像信号を表記解説の便宜上で「D3信号」と表現している例もあるが本来は「1080i」の映像信号は「D3信号」という定義がされているわけではなく、D端子の規格を定義した際の端子規格内の区分名称でしかない。D3規格で扱う対象の信号が「1080i」の映像信号(但し上位互換あり)というのが正しい。なお、D1 - D5で伝送対象となっている各映像信号フォーマットは本来他で定義されているものを日本国内での使用状況を考慮して便宜的に集積・定義し直したもの。例えばD1の480i (525i) はNTSC上で、D3の1080i (1125i) はISDB上でそれぞれ既定となっているもの。

出典



「D端子」の続きの解説一覧

D端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 09:51 UTC 版)

AV端子」の記事における「D端子」の解説

コンポーネント端子1つ端子まとめた物。構造上コンポーネント端子よりも、やや信号伝送劣化する日本独自規格のため、国際的にはあまり普及していない。

※この「D端子」の解説は、「AV端子」の解説の一部です。
「D端子」を含む「AV端子」の記事については、「AV端子」の概要を参照ください。


D端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 06:30 UTC 版)

コンポーネント端子」の記事における「D端子」の解説

D端子は日本独自ローカル規格である。コンポーネント接続ではケーブル3本接続する必要があって接続面倒になることや、識別信号伝送できないという弱点があり、D端子が開発された。しかしコネクタケーブル構造から信号の劣化起こりやすいこと(特にある程度長い距離の伝送顕著と言われる)などから現在でもコンポーネント端子需要根強く、高級機器では国内メーカー製でもD端子を採用していないものが多い。D端子とコンポーネント端子変換を行うケーブルアダプターは、各社から発売されている。尚D端子もコンポーネント端子一種みなされる場合もある。

※この「D端子」の解説は、「コンポーネント端子」の解説の一部です。
「D端子」を含む「コンポーネント端子」の記事については、「コンポーネント端子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「D端子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「D 端子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



D端子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

D端子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



D端子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
オーディオテクニカオーディオテクニカ
(C)2022 audio-technica corporation. All rights reserved.
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2022 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリD端子の記事を利用しております。
ホームシアターサウンドホームシアターサウンド
(c) copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのD端子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAV端子 (改訂履歴)、コンポーネント端子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS