DV端子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 端子 > DV端子の意味・解説 

DV端子

読み方ディーブイタンシ
別名:digital video interface

DV端子とは、DV規格デジタルビデオ機器をその他の機器接続するための入力単位規格のことである。

デジタルビデオ撮影したデータパソコン取り込む場合や、デジタルビデオ機器同士接続して、ダビングを行う際に用いられる。

なお、DV端子は、IEEE 1394準拠した規格であるが、IEEE 1394の6ピン端子小型化して4ピン端子になっている

オーディオ&ビジュアルのほかの用語一覧
技術・規格:  BD-Live  DV  DVDレコーダー  DV端子  D端子  DLNA  DiiVA

DV端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 03:45 UTC 版)

DV端子(ディーブイたんし)は、デジタルビデオカメラなどDV方式の機器に装備される、データ伝送用の端子(ソケット)である。AV端子のうちのひとつ。IEEE 1394で規定される4芯端子に対するAV機器分野における呼称・通称でもあり、現在i.LINKと呼ばれているものと同じ。


  1. ^ i.LINKによって接続される機器はDVだけではなく、またデジタルハイビジョン機器で用いられるMPEG-2 TSなどとはデータそのものに互換性がなく使用できないので、DV専用であることを明示するためにそれを併記する場合がある。


「DV端子」の続きの解説一覧



DV端子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DV端子」の関連用語

DV端子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DV端子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDV端子の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDV端子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS