音声とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音響 > > 音声の意味・解説 

おん‐じょう〔‐ジヤウ〕【音声】

読み方:おんじょう

人間発する声。おんせい。「大―」

音声楽」の略。

「音声」に似た言葉

おん‐せい【音声】


音声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/28 06:57 UTC 版)

音声(おんせい)とは、すなわち人が発声器官を通じて発するである。




「音声」の続きの解説一覧

音声(聴覚情報)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 07:44 UTC 版)

性的興奮」の記事における「音声(聴覚情報)」の解説

鳥類はその視覚的な物もあるが、(スズメ目オウム目では特に)それ以上に鳴き声によって求愛活動行い異性性的興奮喚起させる昆虫などでは求愛活動一晩中鳴き続けたりする。また齧歯類クジラ目などに代表される哺乳類多くも、求愛活動段階において、特徴的な声音を発する鳥類両生類哺乳類をはじめとする多くの動物では、オスの方求愛活動として独特の音声を発しメス発情促すパターン多くなっているが、ネコなど一部動物ではその逆となる。 人間もまた例外ではなくどちらかと言えば他の多くの動物と同様女性変声後の男性発するに対して嗜好性示し性的興奮覚えるという傾向一般的に強くなっている。必ずしも男性声が直接的な性的興奮につながるということでないものの異性魅力として「声」を挙げる女性はたいへん多く、またオランダライデン大学心理学者が行った実験によると、女性性的魅力感じたという男性の声ほど低い声であったという結果出ている。 一方で男性の場合は、特に性行為許容した女性がその最中興奮して発せられる、俗に言う喘ぎ声に対して顕著な性的興奮覚える。また、女性ほどではないものの普段の異性の声に対して嗜好性持ち性的な反応を示す場合も多い。 また、人間の場合言語によるコミュニケーション日常的に行うため、求愛活動も主に言語的音声によって行われ、これを聞いた相手性的興奮を催すことがある成人向けメディアに於いても、それらの興奮呼び起こす音を文字的に表現した物が多くそのようなものでも人間性的興奮を催すことが可能である中には様々な道具関連した音までもを性的興奮結びつける感覚の持ち主もおり、それらは様々な音に反応して性的興奮得ていると思われる

※この「音声(聴覚情報)」の解説は、「性的興奮」の解説の一部です。
「音声(聴覚情報)」を含む「性的興奮」の記事については、「性的興奮」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「音声」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

音声

出典:『Wiktionary』 (2021/11/16 22:17 UTC 版)

この単語漢字
おん
第一学年
せい
第二学年
呉音 漢音

発音

名詞

(おんせい または おんじょう)

  1. おんせい、古:おんじょう人間発する音のうち、言語として発しているもの。こえに同じ。
  2. おんせいおと又はこえ

翻訳

— 「こえ#翻訳を参照のこと

派生語


「音声」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



音声と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「音声」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のアラームの設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、テクニカル指標でサインが発生した時や売買が約定した時などにアラームが鳴ります。アラームは、ユーザーが自由に設定で...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音声」の関連用語

音声のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音声のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音声 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの性的興奮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの音声 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS