音とは?

いん【音】

⇒おん


おと【音】

物の振動によって生じた音波を、聴覚器官が感じとったもの。また、音波人間の耳に聞こえるのは、振動数毎秒16〜2ヘルツ音波

うわさ。評判。「音に聞こえた名勝」→音(おと)に聞く

鳥獣の声。

「うぐひすの—聞くなへに梅の花」〈万・八四一〉

訪れ便り音沙汰

年越ゆるまで—もせず」〈竹取〉

[下接語] 足音(あま)音・風(かざ)音・(かじ)音・川音・靴音瀬音(つち)音・筒音・爪(つま)音・弦(つる)音・波音・刃音・羽(は)音・葉音歯音・撥(ばち)音・水音物音矢音


おん【音】

[音]オン(呉) イン(漢) [訓]おと ね

学習漢字1年

[一]オン

おと。「音響音質音波擬音跫音(きょうおん)・玉音高音轟音(ごうおん)・雑音消音心音騒音低音爆音美音防音録音

音楽のふし。ねいろ。「音頭(おんど)・音符音律楽音主音半音和音

言葉音声的な要素。「音韻音声唇音清音舌音促音濁音短音長音同音発音撥音(はつおん)・鼻音表音拗音(ようおん)」

漢字の読み方の一。中国語音に由来するもの。「音訓漢音呉音字音唐音和音

たより。「音信

[二]イン

おと。「余音

音楽。「知音

言葉音声的な要素。「子音母音

たより。「音信音物(いんもついんぶつ)/疎音訃音無音(ぶいん)・福音

[三]〈おと〉「足音雨音(あまおと)・羽音(はおと)・水音物音

[四]〈ね〉「音色遠音初音本音(ほんね)・弱音

名のりお・と・なり


おん【音】

【一】[名]

おと。ねいろ。「ドの音」

人の口から発せられる言葉構成する、一つ一つのおと。「『ひ』と『し』の音を混同する」

漢字の読み方の一。日本伝来して国語化した漢字発音伝来した時代や、もとになる中国語方言などにより、一つ漢字が数種の音をもつこともある。呉音漢音唐音などが主なもの。字音漢字音。「音で読む」⇔訓(くん)。

【二】接尾助数詞

言葉構成する、一つ一つのおとを数えるのに用いる。「俳句5・7・517からなる

音楽で、全音または半音数えるのに用いる。「1音下げて歌う」


と【音】

おと。ね。

「風の—の遠き我妹(わぎも)が着せし衣(きぬ)手本(たもと)のくだりまよひ来にけり」〈三四五三〉


ね【音/×哭】

おと。「鐘の—」「琴の—」

声。また、泣き声。「本—」「弱—」

鳥獣などの鳴き声。「雁(かり)の—」「の—」

[補説] 「おと」が大きな音響をさしたのに対し、「ね」は比較小さな、人の感情訴えかけるような音声をいう。


作者樹下太郎

収載図書現代小説 1989
出版社徳間書店
刊行年月1989.5


作者江戸美保

収載図書滅離辺流―しょーとしょーと
出版社まぐまぐ
刊行年月2006.2
シリーズ名まぐまぐ!文庫


作者滝川武司

収載図書EME RED 7 COLOSSEUM
出版社富士見書房
刊行年月2006.6
シリーズ名富士見ファンタジア文庫


作者幸田文

収載図書さざなみの日記
出版社講談社
刊行年月2007.4
シリーズ名講談社文芸文庫


作者黒井千次

収載図書指・涙・音
出版社講談社
刊行年月1989.12


作者森村誠一

収載図書死を描く影絵
出版社光文社
刊行年月1991.5

収載図書死を描く影絵
出版社光文社
刊行年月1994.3
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書死を描く影絵
出版社光文社
刊行年月1998.3
シリーズ名光文社文庫

収載図書死を描く影絵
出版社講談社
刊行年月2003.9
シリーズ名講談社文庫


作者山下聖水

収載図書短編集
出版社近代文芸社
刊行年月1995.10


作者渋谷

収載図書フーコー短編小説傑作選 5(上)
出版社フーコー
刊行年月2000.9



作者北川あつ子

収載図書消えた家 新装
出版社
刊行年月2001.11
シリーズ名北川あつ子短篇集


作者野上志乃

収載図書昼の月 春のうた
出版社書房
刊行年月2003.6


作者澤井繁男

収載図書鮮血沢井繁男短篇集
出版社未知谷
刊行年月2004.2


読み方
おと
おど
とん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 15:18 UTC 版)

ここでは(おと)について解説する。




  1. ^ a b c 広辞苑岩波書店、1991年、第四版。ISBN 978-4-00-080101-0
  2. ^ a b 大辞林三省堂、1999年、第二版。ISBN 978-4-385-13902-9
  3. ^ a b c d e f 『新編 音楽中辞典』音楽之友社、2002年2月。ISBN 978-4-276-00017-9
  4. ^ 「音楽ー音」『学習百科大事典』3、学研
  5. ^ a b c d e f ブリタニカ百科事典「音」
  6. ^ ある音の性質は、大きさ(音圧・SPL)・高さ(周波数)・音色(波形)という音の三要素によって特徴付けられる[要出典]
  7. ^ Gollisch T, Herz AVM (1 2005). “Computation Provides a Virtual Recording of Auditory Signaling” (PDF). Biology Journal (Public Library of Science) 3 (1). doi:10.1371/journal.pbio.0030026. http://biology.plosjournals.org/archive/1545-7885/3/1/pdf/10.1371_journal.pbio.0030026-S.pdf 2011年12月12日閲覧。. 
  8. ^ 吉川茂・藤田肇『基礎音響学』講談社サイエンティフィク、2002年2月、141頁。ISBN 978-4-06-153972-3
  9. ^ H.E.A.R. Hearing Education
  10. ^ サイモン・ウィンチェスター『クラカトアの大噴火 : 世界の歴史を動かした火山』柴田裕之訳、早川書房、2004年1月。ISBN 978-4-15-208543-6


「音」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/02/09 23:57 UTC 版)

発音

名詞

  1. おと空気等の物質を介して伝わる振動で、人の耳に達し感覚聴覚)を生ずるもの。
  2. 美しい音や声
  3. オン漢字読みのうち、漢字が伝わった当時中国語発音に基く読み方音読み

翻訳

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



音と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音」の関連用語

1
96% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS