鳴きとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 鳴きの意味・解説 

鳴き

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鳴き(タイヤ)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

なき【鳴き】

俗語羽根物において、チャッカー入賞羽根開閉すること。「鳴きはいいんだが寄りが悪い」などと使われる。「鳴く」と動詞使われることも多い。

鳴き 鳴く ナキ ナク


鳴き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:51 UTC 版)

台湾麻雀」の記事における「鳴き」の解説

日本ルールでは鳴きの発声有無内容厳しく規定されているが、台湾麻雀では鳴きの発声についてあまり制限がないチー上家捨て牌ポンはあまり発していない対面下家捨て牌ポンとカンもしくはロンツモあがりでも、とにかく相手動作止めれれば、どんな発声でも構わない。そのゆえ、ロンの場でも、ポン」や「トゥイ台湾語ポン)」、「ちょっと待って」、「あれだ」、「どうも」などの発声をする人も多い。 日本では発声優先というルール採用するところも多いが、台湾ルールでは見光死という原則用いられる次の打牌発生しない限り、たとえツモして牌を見ても、もしくはチー副露ができても、ポンカン)は必ず優先する。そのゆえ、牌を鳴く時にチーが悪ポンによりキャンセルさせないように、副露作る先に捨て牌をしておく人が大勢いる上家捨て牌大明槓してはいけない大明槓によるツモあがりはチョンボとなる。暗槓加槓だけ認められる暗槓は4すべての牌を伏せて行う。局の終了時に初めて示すこと。 日本ルールでは副露右側に置く。一方台湾ルールでは右側に置いて変だ思われないが、副露手牌か牌尺の前に置くことのほうが多い。副露誰の捨て牌と示す必要がないので、鳴いた牌を横にしない。ただし、チーした牌は順子真ん中に置く。

※この「鳴き」の解説は、「台湾麻雀」の解説の一部です。
「鳴き」を含む「台湾麻雀」の記事については、「台湾麻雀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鳴き」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鳴き」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鳴きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鳴きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2022 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの台湾麻雀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS