性行為とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 行為 > 性行為の意味・解説 

性行為

読み方:せいこうい

性行為とは、生殖もしくは性欲性的欲求)を満たす目的で行われる性器の結合愛撫などの肉体性的な交わり全般意味する語。「性的行為」ともいう。特に「性器の結合」を含む男女肉体的な交わりを指す場合は「性交」と呼ばれることが多く、性行為は「性的な行為全般幅広く指す語として用いられることが多い。

性交渉」や「セックス」は、性器の結合を伴う行為を指す場合も多いが、性器の結合伴わない性的な交わりを指す場合多々ある口淫ペッティング同性愛における肉体的交わりなどもこれに該当する。そして「性行為」は、より広範に性的な行為全般を指す語といえる

性感染症に関する話題では「性的接触」という表現用いられることが多い。この「性的接触」は、夫婦コミュニケーションのうち特に性的意図主体とする触れ合いを指す語として用いられることもある。

「性行為」は基本的には「他者との肉体的な交わり」が念頭に置かれている。いわゆる3P乱交などの集団セックスは「性行為」に含めて扱われるが、自慰オナニー)は含まれないのが一般的である。

せい‐こうい〔‐カウヰ〕【性行為】

読み方:せいこうい

性的な満足感を得るためのまじわり


性交渉(性行為)

避妊 1は性交渉(性行為) 2受胎つながらないようにする手段で、その中には避妊のための不妊手術(631-1)を含む。出生抑制方法産児調節法) 3避妊方法 3よりも広い意味で用いられ人工妊娠中絶(604-2)をも含む。(性交禁欲 4とりわけ定期禁欲(628-4)は避妊あるいは出生抑制方法含まれることが多い。


性行為

Sexual behavior

【概要】 性行為には様々なバリエーションがある。主体が、1)女性男性、2)男性男性、3)女性女性、さらに、4)多人数の場合もある。目的としては、1)生殖、2)コミュニケーション(愛情がある場合ない場合もある)、3)娯楽、4)商業活動、5)性欲解消などがある。これらの主体目的バリエーションは、HIV性感染症感染リスクとは直接の相関関係持たないということ重要である同性間の性行為や、商業活動における性行為、愛情のない性行為がHIV感染成立させるのではない。反対に異性間の性行為や、生殖目的とした性行為、愛情のある性行為でもHIV感染起こり得る。 

【詳しく】 一方、性行為の内容HIV性感染症感染リスク大い関係がある。特にHIV感染についてリスクの高い行為は、精液血液膣分泌液カウパー氏腺液(先走り液:射精前に尿道口から出てくる粘液)が粘膜(膣上皮直腸上皮、口・鼻腔粘膜尿道口眼球眼瞼結膜)や傷口直接接触する行為である。例として勃起したペニスが、膣や肛門口腔内に直接挿入される性行為がある。一方リスクの低い性行為としては、抱擁キス手淫などがある。

《参照》 セーファーセックスホモセクシャルヘテロセクシャル性教育


性行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/18 06:48 UTC 版)

性行為(せいこうい)とは、性欲に基づいた行為[1]性器肛門の接触や性交などといった行為[2][3][4][5]。その近代以降の日本語名称。古来の日本語では、古語「みとのまぐはひ(御陰の目合)」[注 1] から転じて「目合現代表記・現代仮名遣い:まぐわい、歴史的仮名遣:まぐはひ)」、動詞形で「:まぐわう(:まぐはふ)」といい、今でも稀に用いられる。


注釈

  1. ^ 古事記』にも見られる大和言葉「みとのまぐはひ」に当て字でない翻字としての漢字を当てれば「御陰の目合」。「みと」の「み」は敬語の「御」、「と」は男性・女性の象徴部・陰部、すなわち性器のこと。したがって「みと」は「御陰」で、性器に敬語を冠した語形である。「まぐはひ(目合)」すなわち「目と目を合わせて愛し合うこと」と同じように、「みとのまぐはひ」は、互いの「みと」を合わせて愛し合うことをいう。ここから転じて「御陰の目合」の意味が「目合」の第2義になり、やがて「御陰の目合」のほうは死語になった。
  2. ^ エッチの語源は「変態(へんたい)」もしくは「破廉恥(はれんち)」をローマ字表記した場合の頭文字 "H" の日本語慣習音の一つ「エッチ」であるとされている。また、「エッチする」という言葉を放送に乗せて初めて使ったのは明石家さんまもしくは島田紳助であったといわれている。

出典

  1. ^ 「性行為」『広辞苑岩波書店、第5版、p. 1465
  2. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ 三省堂大辞林』第3版. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  4. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  5. ^ 平凡社世界大百科事典』第2版. “性行為”. コトバンク. 2019年12月18日閲覧。
  6. ^ 平成29年7月13日から刑法が一部改正されました”. 北海道警察本部. 2017年10月18日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ a b 第193回国会(常会) 刑法の一部を改正する法律案”. 法務省. 2017年10月18日閲覧。
  8. ^ 三省堂例解新国語辞典「春」の項
  9. ^ 新共同訳聖書 創世記4章1節
  10. ^ 月刊みんぱく編集部 1996, pp. 263–264.
  11. ^ a b Sex matters”. Harvard Health Publishing (2015年6月). 2018年7月31日閲覧。
  12. ^ For women, sexuality changes with age but doesn’t disappear” (英語). Harvard Health (2014年2月13日). 2021年12月13日閲覧。
  13. ^ Publishing, Harvard Health. “Is sex exercise? And is it hard on the heart?”. Harvard Health. 2020年12月6日閲覧。
  14. ^ Publishing, Harvard Health. “Resuming sex within months of a heart attack linked to longer survival”. Harvard Health. 2020年12月3日閲覧。
  15. ^ Publishing, Harvard Health. “11 ways to help yourself to a better sex life”. Harvard Health. 2020年12月10日閲覧。
  16. ^ IASR 29-9 性感染症, 感染症発生動向調査, 梅毒, 性器クラミジア感染症, 性器ヘルペスウイルス感染症, 尖圭コンジローマ, 淋菌感染症
  17. ^ 三宅婦人科内科医院“思春期" 思春期の性動 - ウェイバックマシン(2016年2月18日アーカイブ分)
  18. ^ 三宅婦人科内科医院“思春期" 10代の妊娠 - ウェイバックマシン(2015年12月8日アーカイブ分)
  19. ^ 「女性は思春期の恋愛期間の性行為を控えるべき」と脳科学者2013年1月11日 NEWSポストセブン)
  20. ^ 性感染症の早期予防教育を”. 東奥日報社 (2005年3月11日). 2011年10月14日閲覧。
  21. ^ 思春期の性の危機 Archived 2007年1月29日, at the Wayback Machine.
  22. ^ 家庭・家族の意味を再考する[リンク切れ]
  23. ^ 山口県医師会報 第1737号 (PDF)”. 山口県医師会 (2005年5月). 2011年10月14日閲覧。 447ページ(ファイルの69ページ目)を参照のこと。[リンク切れ]
  24. ^ 第7回青少年の性行動調査 - 日本性教育協会
  25. ^ 「夫婦の性1000人に聞く」朝日新聞の2001年7月4日付
  26. ^ 日本性科学会公式サイト[リンク切れ]
  27. ^ livedoor News 武田アナが凍りついた田原総一朗のツッコミ NHKクロ現「高齢者セックス特集」2017年5月19日 18時19分 J-CASTニュース
  28. ^ クローズアップ現代+ 公式サイト
  29. ^ 上手な脱がせ方って?スムーズに彼女の服を脱がせる方法
  30. ^ 上手な下着の脱がせ方とは[リンク切れ]
  31. ^ 彼をドキっとさせる、セクシーな服の脱ぎ方
  32. ^ 森下 2008, pp. 12–13.



性行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:14 UTC 版)

包茎」の記事における「性行為」の解説

射精自体可能なものの包皮引っ張られることにより痛み生じることが多く挿入時の摩擦により陰茎包皮破り出て傷害を負う危険性もあるので通常の性行為は困難であるまた、包皮裂傷を負う場合もある。

※この「性行為」の解説は、「包茎」の解説の一部です。
「性行為」を含む「包茎」の記事については、「包茎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「性行為」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

性行為

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:56 UTC 版)

名詞

せいこうい

  1. 主に生殖目的として、雌雄各々の生殖器交合する行為。但し、人類においては、単に性欲解消する手段ないし互い愛情確認する手段まで、その目的拡散している。性交

翻訳


「性行為」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



性行為と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性行為」の関連用語

性行為のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性行為のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2023, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの包茎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの性行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS