性的興奮とは? わかりやすく解説

性的興奮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/16 18:35 UTC 版)

性的興奮(せいてきこうふん、: Sexual arousal)とは、生殖活動に伴う興奮状態であり、動物の多くが発情中の異性の臭気や特異な行動によって引き起こされる生理学的ないしは心理学的な現象である。人間を含む霊長類に至っては、様々なシンボルによっても興奮することが確認されている。


  1. ^ 第4回青少年の性行動調査 - 日本性教育協会
  2. ^ こんなに違う、男女の性的欲望スイッチ ‐ 性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか オギ・オーガス、サイ・ガダム、坂東智子 2012
  3. ^ 「モテ=フェロモン」説に終止符 人間フェロモンを感知する器官なし ‐ 太田出版ケトルニュース
  4. ^ 「男は低い声の方がモテる」心理学者の検証結果は… ‐ NEWSポストセブンによる報道、2016年11月29日


「性的興奮」の続きの解説一覧

性的興奮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 22:28 UTC 版)

テストステロン」の記事における「性的興奮」の解説

ホルモンと性的興奮(英語版)」も参照 テストステロン濃度は、性行為有無かかわらず毎日早い時間ピーク迎えるという、概日リズム有するテストステロン値と男性オーガズム体験認識には相関がないが、一方でテストステロン値と女性ポジティブオーガズム体験には正の相関有りリラックスした状態での体験重要視されている。また、テストステロン値が高いことと性的自己主張が強いこととの間には、男女ともに相関はない。 男性自慰行為後には、さまざまなステロイド血漿レベル有意上昇しテストステロン濃度はそのレベル相関している。他方で、女性の性興奮自慰行為によるテストステロン濃度の上昇はわずかである。

※この「性的興奮」の解説は、「テストステロン」の解説の一部です。
「性的興奮」を含む「テストステロン」の記事については、「テストステロン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「性的興奮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「性的興奮」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性的興奮」の関連用語

性的興奮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性的興奮のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性的興奮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテストステロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS