屍姦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 屍姦の意味・解説 

屍姦

読み方:シカン(shikan)

死体姦淫すること


屍姦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 03:58 UTC 版)

屍姦(しかん)は、死体を姦する(性的に犯す)ことを言う。広義には死体に欲情する性的嗜好をも指し、死体性愛屍体性愛、したいせいあい)、死体愛好屍体愛好、したいあいこう)、ネクロフィリア(necrophilia)[1]とも呼ばれる。性的倒錯の一つでもある。「屍(しかばね)を姦する」に語源を持つため「屍姦」の表記が本来的であるが、「死姦」の誤記も散見される。


  1. ^ フォン・クラフト=エビングの造語で、『性的精神病理』が初出か。
  2. ^ Erich Seligmann Fromm 1973 The anatomy of human destructiveness.
  3. ^ 「刑法第一九〇条に規定する死体損壊罪は、死体を物理的に損傷・毀壊する場合を云うのであつて、これを姦するが如き行為を包含しないと解すべきものである」 昭和23年(れ)584号 昭和23年11月16日最高裁判例(集刑第12号1535頁)
  4. ^ ただし、共犯者による証言のみで、遺体は加害者に解体・処分された事から物的証拠はない。
  5. ^ Grisly discovery: 29 mummies found in historian's apartment


「屍姦」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「屍姦」の関連用語

屍姦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



屍姦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの屍姦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS