ハトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > ハトの意味・解説 

波止

読み方:ハト(hato)

海中細長く土石突き出し構築物


イラ

学名Choerodon azurio 英名:Scarbreast tuskfish
地方名アマアマダイイソアマダイオキノアマダイテスコベテスモブシカンダイ、ハト、バンドモクズナベワリ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ベラ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
多く浅海域にすんでいるが、やや深海域にすむものもいる。底生生物を食べ、夜は岩陰岩穴で休む。体の側部にある、2色の斜めの帯が特徴だが、幼魚にはない。年を取った雄は、前頭部が張り出してくる。産卵期は夏。食用とされることもあるが、身はやわらかく味はよくない。 つかまえて押さえつけると噛み付くことから「イライラするということでイラと呼ばれるから上げと体粘液に覆われている。

分布:本州中部以南朝鮮半島台湾南シナ海 大きさ:45m
漁法:釣り 食べ方:ちりなべ煮物

ハト

ハト
この群のグループ
特徴
 首の部分金属調の緑色紫色をしており、通常3050羽くらいの群で行動します。のかからないテラス状の場所に巣を作り通常は年に1回の繁殖を行う。そのため落とした糞による汚染衛生面が問題となります。
防除
 撃退として光るもの、回るもの、大きな目玉が付いているものなど様々な種類市販されています。これらはハトが警戒して寄り付かなくさせるものですが、必ず慣れが生じます。そのため、ハトがとまりそうな場所に忌避剤や、物理的侵入を防ぐ防鳥ネット使用すると効果的です。
 また、捕獲をする際は鳥獣保護法により環境省または各都道府県許可が必要になります


読み方:ハト(hato)

ハト科属す鳥の総称


鴿

読み方:ハト(hato)

ハト科属す鳥の総称


ハト

読み方:はと

  1. 人ノ口ヲ吸フコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・北海道庁

分類 北海道庁

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ハト(hato)

作者 永井荷風

初出 昭和21年

ジャンル


(ハト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/06 03:53 UTC 版)

(はと)は、ハト目ハト科に属する鳥類の総称である。体に比べて頭が小さく、胸骨、胸筋が発達してずんぐりとした体型が特徴である。ハト目には世界では約42属290種あり、そのうち日本の在来種は、カラスバト属(カラスバト、アカガシラカラスバト、ヨナクニカラスバト、リュウキュウカラスバト、オガサワラカラスバト)、キジバト属(キジバト、リュウキュウキジバト、シラコバト)、ベニバト属(ベニバト)、キンバト属(リュウキュウキンバト)、アオバト属(アオバト、リュウキュウズアカアオバト、チュウダイズアカアオバト)の5属13種があげられる[1]。 このうち、リュウキュウカラスバトとオガサワラカラスバトの2種は、絶滅したと考えられていたが、近年、DNA調査により亜種がいくつかの諸島部で生存していることが確認された。


  1. ^ 9種とする説もある。
  2. ^ 広義にカワラバトの飼養品種がドバト、狭義に飼養品種が再野生化した個体をドバトとする説があるが、ドバトの名称はすでに江戸時代から見られることより、フン問題などが社会問題化した1970年代以降の新説と言える。一般的にはカワラバトとドバトの間には明確な線引きはない。これは、すでに数千年にわたり家禽化され続けているカワラバトに対して純粋な野生種としてのカワラバトを見極めきれないためである。従って、学術名としてはカワラバト、呼称としてはドバトという事になろう。
  3. ^ 観賞用に飼われたりマジックの小道具として使用される小型のハト
  4. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店  2004年9月10日 第2版第1刷 pp.645-646
  5. ^ 『家畜の歴史』p. 528 F.E.ゾイナー著 国分直一・木村伸義訳 1983年6月30日初版第1刷 法政大学出版局
  6. ^ 2010伝書鳩による実験
  7. ^ 佐々木清光「鳩」(歴史のなかの動物107)、『週刊朝日百科日本の歴史』107、朝日新聞社、1988年。金子裕昌・小西正泰・佐々木清光・千葉徳爾編『日本史のなかの動物事典』、東京堂出版、1992年に収録。
  8. ^ 金沢駅の美しさを守る「鷹パトロール」がスゴ過ぎる! | おたくま経済新聞
  9. ^ 『アフリカを食べる』p. 204 松本仁一 朝日新聞社 1998年8月1日第1刷発行
  10. ^ 『沙漠に緑を』pp. 85-88 遠山柾雄著 岩波新書 1993年6月21日第1刷
  11. ^ ゲルマン祖語: *dubon
  12. ^ スー・ドナルドソン/ウィル・キムリッカ. 人と動物の政治共同体. 尚学社. p. 343. 


「鳩」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハト」の関連用語

ハトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2018 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS