ハトとは? わかりやすく解説

はと【波戸/波止】


はと【×鳩/×鴿】

読み方:はと

ハト目ハト科鳥の総称スズメ大から大のものまで大きささまざまで色彩もさまざま。比較頭が小さく、翼が発達してよく飛ぶ。くちばしにつけたまま飲むことができ、主に果実種子食べる。ひなは、親鳥吐き出すピジョンミルクとよばれる嗉嚢(そのう)の分泌物食べて育つ。日本にはキジバト・アオバトなどがすむが、ドバトをいうことが多い。オリーブの枝とともに平和の象徴とされる

鳩/鴿の画像
鳩を模した紋所一つ向い鳩」

波止


イラ

学名Choerodon azurio 英名:Scarbreast tuskfish
地方名アマアマダイイソアマダイオキノアマダイテスコベテスモブシカンダイ、ハト、バンドモクズナベワリ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ベラ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
多く浅海域にすんでいるが、やや深海域にすむものもいる。底生生物食べ、夜は岩陰岩穴で休む。体の側部にある、2色の斜めの帯が特徴だが、幼魚にはない。年を取った雄は、前頭部張り出してくる。産卵期は夏。食用とされることもあるが、身はやわらかく味はよくない。 つかまえて押さえつける噛み付くことからイライラするということでイラと呼ばれるから上げると体粘液覆われている

分布:本州中部以南朝鮮半島台湾南シナ海 大きさ:45m
漁法:釣り 食べ方:ちりなべ煮物

読み方:ハト(hato

ハト科属す鳥の総称


鴿

読み方:ハト(hato

ハト科属す鳥の総称


ハト

読み方:はと

  1. 人ノ口ヲ吸フコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・北海道庁

分類 北海道庁

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ハト(hato

作者 永井荷風

初出 昭和21年

ジャンル


(ハト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 01:16 UTC 版)

(はと)は、ハト目ハト科に属する鳥類の総称である。体に比べて頭が小さく、胸骨、胸筋が発達してずんぐりとした体型が特徴である。


注釈

  1. ^ 広義にカワラバトの飼養品種がドバト、狭義に飼養品種が再野生化した個体をドバトとする説があるが、ドバトの名称は既に江戸時代から見られることより、フン問題などが社会問題化した1970年代以降の新説と言える。一般的にはカワラバトとドバトの間には明確な線引きはない。これは、既に数千年にわたり家禽化され続けているカワラバトに対して純粋な野生種としてのカワラバトを見極めきれないためである。従って、学術名としてはカワラバト、呼称としてはドバトという事になろう。

出典

  1. ^ 三輪睿太郎監訳『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』(朝倉書店、2004年9月10日、第2版第1刷)645-646頁
  2. ^ F.E.ゾイナー『家畜の歴史』(国分直一・木村伸義訳、1983年、法政大学出版局)p.528
  3. ^ 2010伝書鳩による実験
  4. ^ 佐々木清光「鳩」(歴史のなかの動物107)『週刊朝日百科日本の歴史』107(朝日新聞社 1988年)、金子裕昌・小西正泰・佐々木清光・千葉徳爾編『日本史のなかの動物事典』(東京堂出版 1992年)に収録。
  5. ^ 動物の愛護及び管理に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索”. elaws.e-gov.go.jp. 2022年4月17日閲覧。
  6. ^ 「ハトに餌 条例で禁止/大田区 景観乱す鳥害悩み/従わなければ罰則も」『読売新聞』朝刊2022年7月27日(都民面)
  7. ^ 金沢駅の美しさを守る「鷹パトロール」がスゴ過ぎる! おたくま経済新聞(2018年4月23日)
  8. ^ 鸽哨,消失的北京声音 每日头条(2017年5月28日更新)2022年3月17日閲覧
  9. ^ 松本仁一『アフリカを食べる』(朝日新聞社、1998年8月1日第1刷発行)p.204
  10. ^ 遠山柾雄『沙漠に緑を』(岩波新書、1993年6月21日第1刷)pp.85-88.
  11. ^ [1][リンク切れ]
  12. ^ スー・ドナルドソン、ウィル・キムリッカ 『人と動物の政治共同体』尚学社、2016年、343頁。 


「鳩」の続きの解説一覧

ハト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 17:44 UTC 版)

びーんず石油」の記事における「ハト」の解説

豊のスタンドにいつもやってくるハト。ドバトではなく全身が白い。2羽いる。鳴き声は「くるっくー」。

※この「ハト」の解説は、「びーんず石油」の解説の一部です。
「ハト」を含む「びーんず石油」の記事については、「びーんず石油」の概要を参照ください。


ハト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:58 UTC 版)

JUDGE EYES:死神の遺言」の記事における「ハト」の解説

八神海藤操作するドローンコードネーム。この名称は八神役である木村拓哉提案した

※この「ハト」の解説は、「JUDGE EYES:死神の遺言」の解説の一部です。
「ハト」を含む「JUDGE EYES:死神の遺言」の記事については、「JUDGE EYES:死神の遺言」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ハト

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 03:13 UTC 版)

名詞

ハト鴿

  1. ハト目ハト科属す鳥の総称であるはと学術表記

「ハト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ハトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2022 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのびーんず石油 (改訂履歴)、JUDGE EYES:死神の遺言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのハト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS