種子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 種子 > 種子の意味・解説 

しゅう‐じ【種子】

読み方:しゅうじ

《(梵)bījaの訳》仏語法相宗で、人の心主体である阿頼耶識(あらやしき)にそなわっていて、一切の現象生じ可能性のこと。→しゅじ(種子)

「種子」に似た言葉

しゅ‐し【種子】

読み方:しゅし

種子植物で、受精した胚珠(はいしゅ)が成熟して休眠状態になったもの。発芽して次の植物体になる胚と、胚の養分貯蔵している胚乳、およびそれらを包む種皮からなる。たね。

種子の画像

しゅ‐じ【種子】

読み方:しゅじ

密教で、仏・菩薩(ぼさつ)の象徴として書き表す梵字(ぼんじ)。種字。種子字。→しゅうじ(種子)


種子

読み方:シュジshuji

仏・菩薩の各尊。

別名 梵字


種子

たね。(seed
ラン科植物の種子には次のような特徴がある
ダスト・シードdust seed=埃のような種子)と言われるほど、ランの種子は極めて小さく、その長さ0.10.5mmである。
②ラン一子房中には数十から百万の種子が入っている
③ランの種子内部に未分化の胚しかなく、胚乳胚の発育のために必要な養分貯えた器官)を有しないしたがって、ランの種子が発芽するにはラン菌助け必要になる
着生ラン地生ランでの種子の違い
着生ランの種子 地生ランの種子
種子発芽 容易 困難
大きさ 比較小さ 比較大き
との相性 親水性 疎水性
沈む 浮く

種子

読み方:つおんつ

  1. 白米。〔支那人隠語
  2. 白米を云ふ。

分類 支那人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

種子

読み方
種子たね

種子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 02:50 UTC 版)

種子 (しゅし、〈たね〉) とは、種子植物有性生殖によって形成される散布体である。一般には、単にたね)と呼ばれることが多い。


  1. ^ 長い間地層(日本考古学では「土層」)中に保存されていた数千年前のハスが発芽し、いわゆる古代ハスと呼ばれているものは、ハスの種子そのものを年代測定した例はない。これらは同じ層位や上下の層位の他の物質(土壌有機物や木片など)を測定したものから推定したものである。発芽した種子は現生種子の混入の可能性を排除できず、根拠としての確実さは乏しい。種子を直接測定した例では、今のところ500年程度の寿命があることが分かっている。
  2. ^ a b 適切な環境で保存すると、種子の寿命はどのくらい?- 30年間の保存と発芽試験の結果から、長持ちする種子が判明 -農研機構プレスリリース(2020年11月18日)2021年1月14日閲覧


「種子」の続きの解説一覧

種子(種字)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 08:43 UTC 版)

真言」の記事における「種子(種字)」の解説

仏尊象徴する一音節呪文であり、真言一種種子真言ともいわれるサンスクリット語の「bīja(種子、神髄)」+「akara文字)」から成るbījākṣaraマントラ頭文字)」の訳。草木の種子が根茎を含蔵するように一字無量の法を含み、種子から草木が生じるように功徳出生することから種子という。種子は梵字神秘的に解釈し仏尊の名称や真言から取った一音節梵字に表すもので「種字」とも書かれる胎蔵種字真言最初の音節を、金剛界種字真言最後の音節を取ることが多いが、仏尊名の一音節取ったものや仏尊本誓象徴する一字取ったものもある。真言には様々な形式があるが「帰命句+種字」で構成されるものも多い。 詳細は「種子 (密教)を参照

※この「種子(種字)」の解説は、「真言」の解説の一部です。
「種子(種字)」を含む「真言」の記事については、「真言」の概要を参照ください。


種子(仁)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 08:35 UTC 版)

カシューナッツ」の記事における「種子(仁)」の解説

仁(「にん」、種子の中身)であるカシューナッツは、その歯ごたえ濃厚な食感好まれる上、その約50 - 70%を占め脂肪分に加え炭水化物タンパク質ビタミンB1をはじめとするビタミン類、カリウム・リン・亜鉛などのミネラルと、5大栄養素を豊富に含むことから人気のある食材となっている。 塩で味付けされ製品が、そのまま菓子酒肴などとして良く食されるほか、調理具材として、シチューカレーのような煮物料理や、広東料理腰果鶏丁鶏肉カシューナッツ炒め)などの炒め物などに好んで利用されるまた、いわゆる2級品(味に差し障りはないが色目が斑あるいは褐色度の強いもの)の実は、すりつぶして加工しピーナッツバター似た「カシューバター」の製造利用されることが多い。

※この「種子(仁)」の解説は、「カシューナッツ」の解説の一部です。
「種子(仁)」を含む「カシューナッツ」の記事については、「カシューナッツ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「種子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

種子

出典:『Wiktionary』 (2021/12/10 14:22 UTC 版)

名詞

 しゅし

  1. 種子植物胚珠成熟したもの

関連語


「種子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



種子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

種子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



種子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの種子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの真言 (改訂履歴)、カシューナッツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの種子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS