種牡馬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 種牡馬の意味・解説 

しゅ‐ぼば【種×牡馬】

読み方:しゅぼば

種馬として用いられる雄の馬。特に、優秀な競走馬の血統伝えるための雄馬をいう。多くレース優れた成績収めた馬がなる。サイアースタリオン


しゅぼば(種牡馬)

父馬のことで、より速く、強い馬を作り出すために競走成績すぐれた馬、血統のよい馬が選定される
繁殖牝馬


種牡馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/01 15:04 UTC 版)

種牡馬(しゅぼば)とは、繁殖用の牡馬のこと。種馬(たねうま)や 種雄馬(しゅゆうば)ともいう。


注釈

  1. ^ サラブレッドは自然交配のみ。

出典

  1. ^ 【種牡馬展示会(Stallion Parade)】の「2017年度日程」について(社台スタリオンステーションなど9開催)(【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com 2017年1月13日 2017年2月23日閲覧)・【こちら日高支局です・古谷剛彦】種牡馬展示会にエイシンヒカリやゴールドシップ登場(2017年2月14日 スポーツ報知・古谷剛彦 (スポーツライター) 2017年2月23日閲覧)
  2. ^ モーリスら3頭が出検疫施設に入厩 今年もシャトル種牡馬として供用へnetkeiba.com、2023年7月1日配信・閲覧
  3. ^ 後藤正俊 (2006年12月1日). “「パート国」としての今後”. 日本競走馬協会. 2017年8月29日閲覧。
  4. ^ 2008年度競馬番組および払戻金の上乗せについて - ウェイバックマシン(2007年11月11日アーカイブ分)
  5. ^ 瀬戸慎一郎. “ミホノブルボン 無敵の“人造サラブレッド” 第1話 作られた名馬”. Yahoo!スポーツ 競馬. 最強ヒストリー. 2007年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月16日閲覧。生産者本人が「経済的な理由で両馬を選択した」という旨のコメントをしている。
  6. ^ ゴールドアリュール号が死亡 日本中央競馬会、2017年2月18日閲覧
  7. ^ champion sire smart strike euthanized - bloodhorse.com 2015年3月27日閲覧



種牡馬

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:35 UTC 版)

名詞

しゅぼば

  1. 種付けのために用いられる、おすの馬。

発音(?)

しゅ↗ぼ↘ば

類義語

種馬(しゅば、たねうま

対義語

種牝馬

翻訳


「種牡馬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「種牡馬」の関連用語

種牡馬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



種牡馬のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2024 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの種牡馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの種牡馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS