馬とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > の意味・解説 

うま [2] 【馬】

〔「馬」の字音「マ」に基づいてできた語〕
奇蹄目ウマ科哺乳類。肩高1.2~1.7メートル長い顔とたてがみをもつ。走ることが速く、力も強い。毛色はさまざま。草食モウコウマ起源にもつとされ、軍用役用として古くから家畜化された。日本では農耕運搬乗用などに使ったが、今日では主に競走用・乗馬用に飼育される。皮・骨・尾の毛なども利用する。むま。こま。
四方脚部があり、上に乗れるようになった道具脚立きやたつ)・踏み台など。
競馬
将棋で、桂馬および角行成り駒竜馬の称。
木製の脚つき台にしんを張り、布で覆ったアイロン台。ジャケットの袖や肩の仕上げに用いる。仕上げ馬。
双六すごろく)の駒。 「 -おりぬ双六枕草子 139
遊興費飲食費の不足額を取り立てに客の家までついていく者。つけうま。 「 -を引いて朝帰り
動植物の名などの上に付けて同類の中での大きなものの意を表す。 「 -あぶ)」 「 -すげ」 〔中古以降、「むま」と表記された例が多い〕 → 駒(こま

【ば】[漢字]

【馬】 [音] バ ・メ
うま。 「《バ》馬脚馬具馬車・馬術・馬食馬丁馬匹馬力馬齢愛馬騎馬牛馬軍馬競馬乗馬駄馬竹馬調馬駑馬どば)・輓馬ばんば)・奔馬名馬木馬落馬驢馬ろば)」 「《メ》馬寮駿馬しゆんめ)((しゆんば))
【婆】 [音]
年老いた女。 「産婆老婆
梵語音訳字。 「娑婆しやば)・婆羅門卒塔婆そとば)」
【罵】 [音]
ののしる悪口をいう。 「罵声罵倒罵詈ばり)・悪罵嘲罵ちようば)・痛罵面罵

【馬】

うま。 「竜の-を我(あれ)は求めあをによし奈良の都に来む人のたに/万葉集 808

むま 【馬

うま(馬)」に同じ。 「 -の爪筑紫の崎に留()まり居て/万葉集 4372


うま 馬

架台」のこと。歩み板角材を乗せて足場にする台。

読み方:ウマuma

用途そもそも軍事輸送中心で、馬耕普及するのは近世に入ってから。


うま 【馬】

日本の神社には、馬を神霊乗る聖獣として奉納する風があったが(のちに絵馬となる)、西欧インド神話でも太陽神の車を馬が引く。反面、馬は死者の車を引くでもあり、馬の像や馬具副葬品されたりする。欧州旧石器時代洞窟壁画に、牛が雌性として刻されているのに対し、馬は雄性の代表として刻されており、馬の肉体的魅力現れと解される。白馬神聖視されるのは世界共通のようだ。民間信仰で馬娘婚姻話などもある(おしら様)。→ 絵馬 白馬節会 馬の神 厩舎祭 おしら様

せんば(馬)

去勢された馬のことである。競走能力はあるのだが非常に気が悪く、反抗的成績の上がらない牡馬は、去勢すると性質従順になって成績上がることがある


作者徳永直

収載図書日本プロレタリア文学24 徳永直集 1
出版社新日本出版社
刊行年月1987.1


作者中正

収載図書中正文学選集
出版社和泉書院
刊行年月2001.3
シリーズ名近代作家文学選集


作者おおたちみの

収載図書牛の宝石
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


作者ピート・タウンゼンド

収載図書四重人格
出版社晶文社
刊行年月1987.3


作者小島信夫

収載図書昭和文学全集 21
出版社小学館
刊行年月1987.7

収載図書戦後短篇小説再発見 10 表現冒険
出版社講談社
刊行年月2002.3
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書アメリカン・スクール 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.1
シリーズ名新潮文庫


作者西村望

収載図書消えない焔 下
出版社徳間書店
刊行年月1988.12
シリーズ名徳間文庫


作者長谷川如是閑

収載図書如是閑文芸選集 1 小説 1
出版社岩波書店
刊行年月1990.11


作者不二牧駿

収載図書死の影の谷を歩めど、なお
出版社近代文芸社
刊行年月1992.4


作者バリー・ユアグロー

収載図書セックスの哀しみ
出版社白水社
刊行年月2000.2

収載図書ケータイ・ストーリーズ
出版社新潮社
刊行年月2005.4

収載図書セックスの哀しみ
出版社白水社
刊行年月2008.10
シリーズ名白水uブックス


作者筒井康隆

収載図書魚籃観音記
出版社新潮社
刊行年月2000.9

収載図書魚籃観音記
出版社新潮社
刊行年月2003.6
シリーズ名新潮文庫


作者土師清二

収載図書捕物時代小説集 7 艶美白孔雀 他8編
出版社春陽堂書店
刊行年月2000.11
シリーズ名春陽文庫



読み方:うま

  1. 1 娶の事、肥後地方方言。2 遊廓などにて遊興費支払不足なる客に従ひ、その不足額を受け取る人をいふ。かかる人を従ふるを馬を引くといふ也。
  2. 馬(一)遊女異名。「売春婦異名集」に「女郎異名をうまといふ心は人を乗せて過ぐるといふ意なりしとぞ」とあり。(二)長大なる陰茎。「うまなみ」の略称。馬の一物に擬していふ。「土器の豆では馬の間に合はず」「土手ぬれたで馬はすべりこみ」。(三)月経隠語月経帯を締めるを馬に乗るに擬していふ。「雪隠手綱さばきをする女」「お局は馬から牛へ乗りかへる」。「陣中で巴は馬に二つ乗り」「雪隠女房お馬かけつける」「浅草をくつてゐるのは下女が馬」「馬に乗つてるひまもなき苦界の身」「奥様お馬も羊程くらひ」「宿下り馬だと見へて外へ出ず」「お馬だよしなと下女はねつける」「殿様下女お馬鳥居ぎり」「この馬は娘勝手をよく覚え」「りんといふ下女施しに馬をとき」。
  3. 女のことをいふ。又月経帯のことを「馬」又は「お馬」ともいふ。〔情事語〕
  4. 〔楽・花・情〕役者仲間の「馬の脚」と云へば舞台に出る馬となつて妙な足踏みをする役で、下等役とされてゐるところから「大根役者」などいふのと同じく「へぼ役者」又は「役者の数に入らざる者」をいふ。それより何処誰か判らぬ者を指して「何処馬の脚知れぬ者」などいふ。又「馬の骨」とも云ふ。花柳界にて「附馬」と云へば、遊興費不払の節、妓夫又は女中などが調達先まで附いて来ること、「馬を伴れて来た」などともいふ。昔遊廓に遊ぶときは馬にて行きたるを以て若し遊興費不足等の場合には其馬夫引受けて再び馬に乗せて帰るところより此語出づといふ。情事語にて「馬」と云へば「経帯」又は「巨陽」のことを指す。「馬肉」のことを単に「ウマ」といひ、馬肉を喰つて別れることを「塩原の別」と洒落る蓋し塩原多助」の物語より出でたるものか。教習中の巡査看守犯罪者隠語にては「馬」といふ。
  5. 〔隠〕①経帯のこと。お馬ともいふ。②遊女屋の附男のこと。即ち遊客勘定が不足した時、客につけて寄来す男をいふ、又つけ馬ともいふ。
  6. 月経帯のこと、尻がいを当てているの意。⑵遊廓の附男のこと、即ち遊客勘定が不足した時、その客につけて勘定取りに来る男、つけ馬ともいう。

分類 情事語、楽/花/情、肥後地方花柳界


読み方:うま

  1. 附加監視ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作部・長野県〕

分類 長野県


読み方:うま

  1. 教習中ノ巡査看守。〔第二類 人物風俗
  2. 教習中の巡査看守。「お馬稽古」より出づ
  3. 教習中の巡査

読み方:うま

  1. 遊女屋の附男のこと。即ち遊客勘定が不足した時、客につけて寄来す男を馬又はつけ馬といふのである川柳に「向ふ見ず飛ばせた駕篭が馬になり」といふのがある。今ならば「向ふ見ず飛ばせた自動車馬に化け」とでもいふべきところだ。〔花柳語〕
  2. 遊女屋の附男のこと。客が金不足の場合、客につけて寄来す男を男或は附馬つけうま)といふ。〔花柳界
  3. 遊女屋などで遊興料の不足又は金額支払を受ける為遊興者に随従して行く人。
  4. 遊女屋の附男のこと。即ち遊客勘定が不足した時、客につけて寄来す男を馬又はつけ馬といふのである川柳に「向ふ見ず飛ばせた駕篭が馬になり」といふのがある。今ならば「向ふ見ず飛ばせた自動車馬に化け」とでもいふべきところだ。
  5. 遊廓などで勘定足りない時、不足額を受取るために客と一緒に附いて行く人のことをいふ。
  6. 遊客勘定が不足し時に客に附けてよこす附男の事を云ふ。
  7. 遊女屋等の附馬を云ふ。
  8. 遊女屋附馬のこと。遊客勘定が不足した時、客につけてよこす男を馬、又はつけ馬という。川柳に「向う見ず飛ばせた駕篭が馬になり」というのがある。〔花柳界
  9. 客商売勘定足りない受取るため付いて行く人。「つけ馬」を省略。〔花〕
  10. 遊女屋附馬のこと。遊客勘定が不足したとき、客につけてよこす男を馬、又は「つけ馬」という。川柳に「向うみず飛ばせた駕篭が馬になり」というのがある。

分類 花柳界花柳語、花/風俗


読み方:うま

  1. 巨陽。
  2. まかへいともいう。巨陽のこと。「おもざしは馬ににているきりぎりす」「お妾の青いは永井右馬之守」。〔風流

読み方:うま

  1. 月経帯の事を云ふ。又、「おうま」とも云ふ。「おうま」参照
  2. 経帯のこと。お馬ともいふ。
  3. 月経帯。前橋

読み方:うま

  1. 飛台(※「とびだい」)の条を見よ。将棋の駒桂馬の飛方に似て居るから云つたもの。〔相場語〕

分類 相場


読み方:うま

  1. 日本最古骨牌ウンスンカルタ」の騎馬に乗れる人の模様あるを云ふ。又、「めくりかるた」の青札の拾壱を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ウマ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/05 12:53 UTC 版)

ウマ(馬、学名: Equus ferus caballus)は、ウマ目(奇蹄目)のウマ科[注 1]ノウマ英語版の亜種である。


注釈

  1. ^ Equidae
  2. ^ 前者はインド・ヨーロッパ祖語にまで遡ることの出来る古い語彙。後者は、イタリア語の「イタリア語: cavallo」、スペイン語の「スペイン語: caballo」、フランス語の「フランス語: cheval」などに連なる。
  3. ^ : riding horse
  4. ^ : draft horse
  5. ^ : park horse
  6. ^ : walking horsewalker
  7. ^ : trotter
  8. ^ : galloperrunner
  9. ^ : hot-blood horse
  10. ^ : cold-blood horse
  11. ^ : light horse
  12. ^ : heavy horse
  13. ^ モウコノウマ、学名はEquus ferus przewalskii
  14. ^ 2013年3月1日~2014年4月30日。
  15. ^ 6000年前頃、野生種のモウコウマ黒海からカスピ海の地域で家畜化したものと考えられている。ウマが家畜化されたと考えられる最古の遺跡は黒海の北岸に位置するデレイフカ遺跡から出土した馬である[14]
  16. ^ 脚の先から肩までの高さ。
  17. ^ この時代の馬の体高は四尺(≒120センチ)を基準に、何寸あるというように記される。たとえば源義経の愛馬として名が残る青海波は「七寸」で四尺七寸≒約141センチとなる。
  18. ^ このサイズはスピード競争を目的として近代に品種改良が重ねられたサラブレッドの平均的な体高である160〜170センチと比べるとかなり小型であるが、小型種シェトランドポニーの平均的な体高である100センチに比べると遥に大型である。モンゴル帝国の征服事業で使われた蒙古馬のような中央ユーラシアの遊牧民の優秀な軍馬も日本在来馬と同じ程度のサイズである。馬は一概に大きければ優秀というものではない。
  19. ^ 小型化が意図的な改良の結果かどうかは不明。江戸期になってウマが軍用としてよりも荷駄用として重用されるようになり、小型のほうが便利だと考えられるようになった、と考える者もいる。一方で、江戸期の文書に現れるウマへの評価は、以前と同様に、大きいものが良い、というものであり、小型化は意図的なものではなく、当時の繁殖の方法論による帰結とも考えられる。
  20. ^ このうち、吉宗が長崎出島の貿易でオランダ商人ケーズルより購入した種馬についてはカンス、トロン、ミキルという名も残っている。ウマの品種については不明。当時の日本のウマの分類は産地によるものであり、品種ではないため、オランダ産馬とか唐馬とかペルシャウマと記録されているが、現代でいうアラブ馬に相当するかは不確かである。品種を意味すると思われるものには安永年間に汗血馬を輸入したという記録もある。
  21. ^ 下総御料牧場の記録によればサラブレッド。
  22. ^ 明治時代になってフランス公使よりこの件についての抗議を受け、捜索により子孫が発見された。この子孫からは昭和に至るまで活躍競走馬が出た。
  23. ^ これについては、ナポレオン3世の贈呈馬は26頭で、日本に到着した年を1867年(慶応3年)とする異説もあり、日本外務省も同様の立場である。『日本馬政史』の原文と考えられる『大日本馬種略』では馬の散逸は明治政府に責任があるような記述になっている。詳しくはナポレオン三世の馬参照。
  24. ^ 欧米では、戦史上最後の騎馬突撃成功例として、第二次世界大戦の独ソ戦におけるイタリア軍騎兵の戦例(1942年)などが挙げられることが多い。

出典

  1. ^ Nielsen BD, Turner KK, Ventura BA, Woodward AD, O'Connor CI (2006年). “アラブ種及びサラブレッド、クォーターホースの競走速度”. 馬獣医学雑誌 38 (S36): 128-32. 
  2. ^ World Records (PDF)”. The American Quarter Horse Association. 2019年1月3日閲覧。
  3. ^ a b Nielsen BD, Turner KK, Ventura BA, Woodward AD, O'Connor CI (2006年). “アラブ種及びサラブレッド、クォーターホースの競走速度”. 馬獣医学雑誌 38 (S36): 128-32. 
  4. ^ 最速ラップ9秒6は時速75キロ/競走馬総合研究所|極ウマ・プレミアム”. 日刊スポーツ新聞社. 2019年1月3日閲覧。
  5. ^ Always B Miki”. Diamond Creek Farm. 2019年1月3日閲覧。
  6. ^ “馬は人の気持ちに敏感 表情と声を関連付けて感情読み取る 北大など研究(北海道新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010004-doshin-hok 2018年6月21日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ a b 山梨県立博物館 2014, p. 109.
  8. ^ 山梨県立博物館 2014, pp. 10,113-114.
  9. ^ 日本中央競馬会競走馬総合研究所 1986, pp. 48-51.
  10. ^ 日本中央競馬会競走馬総合研究所 1986, p. 51.
  11. ^ a b 日本中央競馬会競走馬総合研究所 2012, p. 13-14.
  12. ^ a b 日本中央競馬会競走馬総合研究所 2012, p. 14.
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n 日本中央競馬会競走馬総合研究所 2012, p. 19.
  14. ^ 松井章 「狩猟と家畜」『暮らしと生業』 上原真人・白石太一郎・吉川真司・吉村武彦、岩波書店〈列島の古代史 : ひと・もの・こと ; 2〉、2005年10月、181頁。
  15. ^ a b マーヴィン・ハリス『食と文化の謎:Good to eatの人類学』 岩波書店 1988年、ISBN 4000026550 pp.110-111.
  16. ^ 馬文化ひだか:馬を知る:馬と人間の歴史:馬の伝来から鎌倉時代まで”. 日高振興局地域創生部地域政策課. 2019年1月5日閲覧。
  17. ^ 山梨県立博物館 2014, p. 23.
  18. ^ 小島 1998, pp. 330-331,336-337.
  19. ^ 山崎 2013, pp. 348-349.
  20. ^ 山崎 2013, p. 357.
  21. ^ 小島 1998, pp. 362-363.
  22. ^ 山崎 2013, p. 358,360.
  23. ^ 日本競馬史[要文献特定詳細情報]
  24. ^ 佐藤和彦・谷口榮『吾妻鏡事典』(東京堂出版) ISBN 978-4-490-10723-4 267頁
  25. ^ 『日本競馬史』1、日本競馬史編纂委員会、日本中央競馬会、1966年[要ページ番号]
  26. ^ 日本馬政史,帝国競馬協会,昭和3[要文献特定詳細情報]
  27. ^ 日本馬政史[要文献特定詳細情報]
  28. ^ 岩波書店編集部『近代日本総合年表』1968年11月、46頁
  29. ^ 杉本竜 (2003年12月). “日本陸軍と馬匹問題 (PDF)”. 立命館大学人文科学研究所紀要NO.82. 立命館大学人文科学研究所. pp. 83-115. 2010年7月19日閲覧。
  30. ^ a b c d e 山梨県立博物館 2014, p. 130.
  31. ^ ブライアン・フェイガン『人類と家畜の世界史』東郷えりか訳 河出書房新社 2016年、ISBN 9784309253398 p.253.



出典:『Wiktionary』 (2012/02/12 10:28 UTC 版)

発音

名詞

  1. (うま) ウマ目奇蹄目ウマ科属す動物総称、特にウマ属属すウマ古くから家畜として飼われ、主に乗用運搬農耕などの使役用に用いられるほか、食用もされる。日本語では馬肉桜肉とも称する
  2. 木製または鋼鉄製の4本足の作業台。自動車整備時に車体を仮支えする時、大工仕事で切る木材支えるなど、用途により多種存在する。

翻訳

ウマ目ウマ科属す動物

(その他、詳細は『うま』を参照

作業

造語成分・略称

  1. 馬来西亜の第1字)マレーシアを意味する語を作る
  2. 馬来の第1字 主に戦前に用いられた歴史的用法マレーマライを意味する語を作る

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬」の関連用語

1
96% |||||


3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
JRAJRA
Copyright 2019 Japan Racing Association.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS