跳び箱とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 跳び箱の意味・解説 

とび‐ばこ【飛(び)箱/跳(び)箱】

読み方:とびばこ

木製長方形の重ね最上部布や皮で覆った台をのせた箱形体操用器具。走ってきて飛びこえたり、その上で回転したりする。


跳び箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 01:01 UTC 版)

跳び箱(とびばこ、飛び箱、vaulting box)は、長方形の枠を山形に積み重ね、最上部になどを張った箱形の体操器具。簡易なものもあり遊具の一種でもある[1]。重ねる木枠の数を変えることで高さを段階的に加減することができる。手前に踏み切り板を置き、走ってきて手をつき跳びこす。初級者向けの跳び箱には、ウレタン製の跳び箱や、閉脚跳び用に中央部が手を付く部分より低くなっているものもある。


  1. ^ a b c d 高田典衛『子どものための体育施設・用具』大修館書店、1969年、p.146
  2. ^ 「跳び箱」は組体操より危険 事故件数「最多」でも安全対策進まず 2016年11月27日 J-CASTニュース
  3. ^ 「跳び箱練習で死ぬ 小学生、頭から墜落」『朝日新聞』昭和42年9月25日夕刊、3版、11面
  4. ^ 跳び箱、頭から落ち車いす生活 手引と違った技の順番 朝日新聞 2019年5月10日
  5. ^ 1999年・2002年・2006年の3回成功(複数回成功は池谷が唯一)。
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ 水鳥寿思はMONSTER BOXの番組公認世界記録23段(高さ3m06cm)を成功者5人中ただ1人、両足での着地で成功している。


「跳び箱」の続きの解説一覧

跳び箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 13:50 UTC 版)

池谷直樹」の記事における「跳び箱」の解説

長年跳び箱の第一人者として『筋肉番付をはじめ数々のメディア舞台で跳躍披露し上述の通りケインにも跳び箱を指導してきた身であるが、元々は跳び箱が大嫌いきっかけ中学時代体操試合跳馬で、助走から勢いをつけてロイター板踏んで手をつくはずが、思いっきり真正面激突しそれ以来トラウマであると語っていた。

※この「跳び箱」の解説は、「池谷直樹」の解説の一部です。
「跳び箱」を含む「池谷直樹」の記事については、「池谷直樹」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「跳び箱」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「跳び箱」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

跳び箱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



跳び箱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの跳び箱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの池谷直樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS