木製とは? わかりやすく解説

もく‐せい【木製】

読み方:もくせい

木で作ってあることまた、そのもの


木器

(木製 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/18 02:33 UTC 版)

木器(もっき)とは、を加工して作った道具・器具の類を指す。木製品(もくせいひん)とも呼ぶが、狭義として木製品のうち農具・武具・容器の類に限定して木器と呼ぶ場合もある。学術的には、石器土器骨角器との対比を目的として用いられることが多い。


  1. ^ 冶金術の存在する以前の時代のことを指し、器具の材料として主として石器を用いた時代ではない(『社会科学大事典』「木器文化」)。
  2. ^ 古尾谷知浩「古代の木器生産」『日本史研究』656号(2017年)、古尾谷『日本古代の手工業生産と建築生産』(塙書房、2020年)第一部第三章に所収(P75-104.)


「木器」の続きの解説一覧

木製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 16:07 UTC 版)

サラダボウル」の記事における「木製」の解説

1940年代から1960年代にかけてアメリカ合衆国多くの料理本では木製のサラダボウル薦められていた。この流行レストラン経営者で料理作家のジョージ・レクター(英語版)が1936年9月5日に『サタデー・イブニング・ポスト』に寄稿したサラダお悩み」という題名コラムきっかけとなった。このコラムにおいてレクターは、ニスかかっていない木製のサラダボウル推奨したこのようなサラダボウルフランス伝統であると言い伝えられているレクターは、ニンニクの旨味を引き出すために、サラダボウルすり下ろしニンニク塗り、さらにそれに油を塗り、そしてサラダボウル決し洗わないことを薦めた。 .mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}(前略年齢にはボウルと共にすべき全てのことがある。(中略ご存じの通り木材吸収性持ち、あなたが何年かの間自分のサラダボウルニンニクすり下ろし塗り続け、さらにその上から油を重ね塗りすることを続ければ、それはコリント青銅英語版)のパティナ、そして、100年もののブランデーのように、個性として認められるだろう。(中略30年間の本当の幸せは、建立2000年中国ビャクダン製の寺院同じくらいのものと認められるうになるまで、ひたすら油を塗り磨き、そして味わい続けることによって得られる。 —ジョージ・レクター、「サラダ日々1936年クリスマス季節までには、木製のサラダボウル流行贈り物になっていた。1949年までには文化評論家のラッセル・ライネス(英語版)が、教養人決して「自分のサラダボウルを洗うことを夢見ることはない」と述べるまでになったその後すぐに、木製のサラダボウルについては批判発生したが、その後批判はされなくなったおしまいに廉価で作りの悪いサラダボウルはすぐに壊れてしまううえ、油がボウル割れ目しみこむことによってやがてボウル悪臭を持ってしまうし、ニンニク頻繁にその表面をこすられた場合理想的なかすかで淡い下地はすぐに悪臭帯びてしまい、ボウルは臭いとしか表現しようのない事態になる。 —ルイ・P・ド・グイ(1945年)、『緑の混合大きな木製のサラダボウルは、私たち何度も厳然と言っている通り日常的に使うことによって、たとえ全く洗わなかったとしても乾燥するうになる。しかし、ボウル遅かれ早かれ目に見えないほど小さな割れ目ができて成長してゆき、油や食べ物小さなかけらが必ずその中入り込み、そして腐ったような臭いを発するようになってしまうであろうことを指摘しておかなくてはならない。 —マイケル・フィールド(英語版) (1965年)、『マイケル・フィールドの料理学校

※この「木製」の解説は、「サラダボウル」の解説の一部です。
「木製」を含む「サラダボウル」の記事については、「サラダボウル」の概要を参照ください。


木製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 03:56 UTC 版)

まな板」の記事における「木製」の解説

木に適度な硬さ弾力性あるため包丁刃を傷めることがない加えて、高い弾力性ゆえの大きな修復力があって、高品質ものになると、少々の傷なら短時間で自然に塞がる。さらに、古くから俎板用いられてきた木は、天然抗菌作用優れている削り直して再生するともできるまた、水分多く含む食材調理するに当たっては浸透しないプラスチック製などとは違って親和性があるため、食材俎板間に入り込んだ水分薄い層作ることなく俎板中に滲み込むため、刃物入れた際に食材が滑るなどといった不都合起こらないプラスチック製水分薄い層作るのでどうしてもわずかに滑る。ガラス製などに到っては滑りすぎて危険である)。これらの好条件と、入手しやすい素材であることから、古くから俎板用材となってきた。日本の俎板については、奈良時代最古の記録があり、用材は木であった用材となる木の種類は、江戸時代以来日本において、ホオノキバッコヤナギ学名Salix bakko、別名:ヤマネコヤナギ)が最上とされている現代日本においてはホオノキヤナギヒノキイチョウヒバキリアスナロケヤキ普及品としてスプルースなどを、主要なものとして挙げることができる。日本料理で長方形の一枚板用いることが多いものの、集成材用いることもある。中華料理では円筒形大きな切り株用いる。

※この「木製」の解説は、「まな板」の解説の一部です。
「木製」を含む「まな板」の記事については、「まな板」の概要を参照ください。


木製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:16 UTC 版)

「ヘリコプター」記事における「木製」の解説

前部には重い木材後部にはバルサ材のような軽い木材用いられており、これらを積層接着した合板製としている。外表面は防湿砂塵などによる損傷を防ぐため、ガラス繊維布が貼られており、前縁にはステンレス鋼などの保護金属板を取り付けている。比較的に製作が容易であり、空力的に洗練された表面翼型正確に製作できるが、重量重くなり、湿気影響を受け易く互換性のあるブレード製作するのが困難である短所がある。 ベル47などの初期のヘリコプター採用されていたが、1960年代には金属製普及して使われなくなった。 木製ブレード製造していた会社多く撤退したが、カマン・エアロスペース子会社に持つカマン・コーポレーションの社長は、素材変更仕事の無くなった木工関係の技術者新たな仕事として、自身演奏するギター製造するカマン・ミュージックを設立した

※この「木製」の解説は、「ヘリコプター」の解説の一部です。
「木製」を含む「ヘリコプター」の記事については、「ヘリコプター」の概要を参照ください。


木製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 06:32 UTC 版)

ストップ (オルガン)」の記事における「木製」の解説

主にフルー管角筒形の木管用いられる

※この「木製」の解説は、「ストップ (オルガン)」の解説の一部です。
「木製」を含む「ストップ (オルガン)」の記事については、「ストップ (オルガン)」の概要を参照ください。


木製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 05:12 UTC 版)

打楽器」の記事における「木製」の解説

ラナート・エク ラナート・トゥム 木琴 シロフォン マリンバ シロリンバ パッタラー(竹製ミャンマーの民族楽器バラフォンヒョウタン製。ブルキナファソ民族楽器

※この「木製」の解説は、「打楽器」の解説の一部です。
「木製」を含む「打楽器」の記事については、「打楽器」の概要を参照ください。


木製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 14:00 UTC 版)

楽器分類別一覧」の記事における「木製」の解説

ラナート・エク ラナート・トゥム 木琴 シロフォン マリンバ シロリンバ パッタラー(竹製ミャンマーの民族楽器バラフォンヒョウタン製。ブルキナファソ民族楽器

※この「木製」の解説は、「楽器分類別一覧」の解説の一部です。
「木製」を含む「楽器分類別一覧」の記事については、「楽器分類別一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「木製」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

木製

出典:『Wiktionary』 (2019/05/03 04:52 UTC 版)

名詞

もくせい

  1. 作ってあること

関連語


「木製」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

木製のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



木製のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサラダボウル (改訂履歴)、まな板 (改訂履歴)、ヘリコプター (改訂履歴)、ストップ (オルガン) (改訂履歴)、打楽器 (改訂履歴)、楽器分類別一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの木製 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS