花瓶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 花瓶の意味・解説 

か‐びん〔クワ‐〕【花瓶】

読み方:かびん

花を生ける、壺形や筒形をした容器陶磁器金属製ガラス製などのものがある


か‐へい〔クワ‐〕【花瓶】

読み方:かへい

「かびん(花瓶)」に同じ。


け‐びょう〔‐ビヤウ〕【瓶/華瓶】

読み方:けびょう

仏前花を供えるのに用い仏具銅製無紋のものが多い。かひん。


はな‐がめ【花瓶】

読み方:はながめ

「かびん(花瓶)」に同じ。


花瓶

作者永井荷風

収載図書荷風小説 4
出版社岩波書店
刊行年月1986.8

収載図書編年体大正文学全集 第5巻 大正五年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.11


花瓶

作者向田邦子

収載図書冬の運動会
出版社文芸春秋
刊行年月1998.1
シリーズ名文春文庫


花瓶

作者星竹

収載図書じゃがいも中国現代文学短編集
出版社小学館スクウェア
刊行年月2007.12


花瓶―あるいは硝子の屈折率について

作者井辻朱美

収載図書風街物語 増補完全版
出版社アトリエOCTA
刊行年月1994.7


花瓶(五月の情景)

作者藤島五郎

収載図書友情の森一年十二か月情景
出版社新風舎
刊行年月2002.11


花瓶

読み方:ハナイケ(hanaike)

作者 永井荷風

初出 大正5年

ジャンル 小説


花瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 02:37 UTC 版)

花瓶(かびん)は切花を挿す目的で用いられる容器(花器)である。一般には置物であるが、壁に掛けて用いるものは掛け花瓶という[1]。なお、花器の花篭には花瓶と一体になっているものと分離しており内部に花瓶を収めるものとがある[1]




「花瓶」の続きの解説一覧

花瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 05:43 UTC 版)

ベルリン王立磁器製陶所」の記事における「花瓶」の解説

すべての時代様式の中で重要な芸術家は、KPMのために花瓶をデザインしたそれらの多くクラシックなものでも時代感じさせない。新古典主義時代から多くの花瓶のデザインは、カール・フリードリヒ・シンケル由来する1818年生まれたトランペット型の花瓶や1820年生まれたFidibusフィディブス型花瓶がある。1931年芸術職業学校ブルク・ギービヒェンシュタインとの協力により生まれたバウハウス陶芸家マルグリート・フリードレンダーのハレ型花瓶は、完全な形具現化であった楕円円錐という基本形からフリードレンダーは、7つ均衡のとれた花瓶を作り上げた。その一つニューヨーク現代美術館常設展示されている。形と機能というバウハウスにより追及され共生テーマは、1930年から1968年までKPMデザイナーである、トゥルーデ・ペトリによる多くの花瓶デザイン見いだされる1967年生み出され角ばったCadreカドレ型の花瓶は、1930年のウルビノシリーズの茶入れ関連がある1844年 平皿 マクデブルク大聖堂所有 Vase, produced c. 1860. Located at バーミングハム美術館所有 KPM 巻き毛テリア遊んでいるところ 座っているところ プロイセン鉱山者のフィギュア

※この「花瓶」の解説は、「ベルリン王立磁器製陶所」の解説の一部です。
「花瓶」を含む「ベルリン王立磁器製陶所」の記事については、「ベルリン王立磁器製陶所」の概要を参照ください。


花瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/30 06:32 UTC 版)

三具足」の記事における「花瓶」の解説

かひんと発音花立の事。

※この「花瓶」の解説は、「三具足」の解説の一部です。
「花瓶」を含む「三具足」の記事については、「三具足」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「花瓶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

花瓶

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:26 UTC 版)

名詞

(かびん)

  1. 花を生かす活かす)ための、壺形や筒形や壺。製、陶磁製、ガラス製、金属製など様々な種類がある。
  2. 生花をさしいける容器
  3. 仏前花を供えるための仏具

「花瓶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



花瓶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

花瓶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



花瓶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花瓶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベルリン王立磁器製陶所 (改訂履歴)、三具足 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの花瓶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS