へとは?

[感]

応答のとき、軽くへりくだった気持ち示し発する声。「へ、恐れ入ります

こばかにする気持ちを表すときに発する声。ふん。へん。「へ、つまらないことを言うね」


[格助]《現在では「え」と発音する》名詞に付く。

動作作用移動進行する目標地点方向を表す。…の方向に向かって。…の方へ。「西へ向かう」

今日(けふ)、車、京—とりにやる」〈土佐

動作作用行われる場所・帰着点を表す。…に。「庭へ物を捨てるな」「父も母も留守ところへ訪ねてきた」

十月十四日関東下着(げちゃく)」〈平家・八〉

動作作用の向けられる相手対象を表す。…に対して。…に。「父へ送った手紙」「お母さんへよろしくお伝えください

「われらが主の太政入道殿—、いかで参らであるべき」〈平家・二〉

[補説] 「あたり」の意を表す名詞「辺(へ)」から転じたもの。本来は「に」が場所や動作作用帰着点を静止的に指示するのに対し、「へ」は、動作作用の向かう目標移動的に指示す傾向が強い。しかし、平安時代末ごろから、23の用法が生まれ、「に」との境界がしだいにあいまいになる。


五十音図ハ行の第4音。咽頭無声摩擦子音[h]と母音[e]とから成る音節。[he]

平仮名「へ」、片仮名「ヘ」は、ともに「部」の旁(つくり)「阝」の草体から。

[補説] (1) 「へ」は、古く両唇無声摩擦子音[Φ]と母音[e]とから成る音節[Φe]であり、さらに奈良時代以前には[pe]であったかともいわれる室町時代末までは[Φe]であったが、江戸時代入り、[he]となった。(2) 「へ」は、平安時代半ば以後語中語尾では一般に[we][je]と混同し、室町時代末には[je]と発音されたが、のちさらに[e]と発音されるようになった。これらは歴史的仮名遣いでは「へ」と書くが、現代仮名遣いでは、助詞「へ」以外はすべて「え」と書く。


へ【×舳】

船の先端部。船首。へさき。みよし。

「艫(とも)に—にましじ貫き漕ぎつつ」〈・四二五四


へ【家】

《「いへ」の音変化》いえ。人家

春の野鳴くうぐひすなつけむと我が—の園に花咲く」〈万・八三七


へ【×屁】

肛門(こうもん)から放出されるガス飲み込んだ空気や、腸の内容物発酵で生じる。おなら。「屁をひる

値打ちのないもの、つまらぬもののたとえ。「屁にもならない


へ【戸】

民の家。また、それを数える語。

「秦人(はたひと)の—の数、惣(す)べて七千五十三—」〈欽明紀〉


へ【ヘ】

洋楽音名の一で、日本音名の第4音。


へ【×竈】

かまど。へっつい

「慎(ゆめ)、よもつ—ものを(な)食ひそ」〈霊異記・中〉


へ【上】

上。表面

「いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の—我がかむ」〈万・八一〇〉


へ【×瓮】

酒などを入れる容器。瓶(かめ)。

「—二十ばかり据ゑて」〈宇津保・吹上上〉


へ【辺/方】

【一】[名]

そのものにごく近い場所、また、それへの方向を示す。近く。ほとり。あたり。

大君の—にこそ死なめ」〈続紀聖武歌謡

多く「沖」と対句になって)海のほとり。うみべ。

「沖見ればとゐ波立ち—見れば白波さわく」〈・二二〇〉

【二】接尾名詞動詞連体形の下に付く。普通「え」と発音され、また濁音化して「べ」ともなる。

その辺り、その方向などの意を表す。「片(かた)—」「行(ゆ)く—」「海—(うみべ)」「—(みずべ)」

その頃の意を表す。「去(い)にし—」「春—(はるべ)」「夕—(ゆうべ)」


へ【へ・ヘ】

〔名〕 五十音図第六第四段(ハ行エ段)に置かれ、五十音順第二十九位のかな。いろは順では第六位で、「ほ」のあと「と」の前に位置する。現代標準語発音では、咽頭無声摩擦音 h (ほぼ母音 e の構え声帯振動を除いた際に呼気軟口蓋にあたって生ず摩擦音)と母音 e との結合した音節 he にあたり、これを清音の「へ」という。これに対して、「へ」に濁点をつけた「べ」は、両唇閉鎖による有声破裂音 b の結合した音節 be にあてられ、これを「へ」の濁音という。また、「へ」に半濁点をつけた「ぺ」は、両唇閉鎖による無声破裂音 p の結合した音節 pe にあてられ、それを「へ」の半濁音という。歴史的かなづかいでは、語中語末の「へ」を e と読むことが多い。現代かなづかいでは助詞の e を「へ」と書く。「へ」及び「ヘ」の字形は共に「部」の右部の阝の草体から出たもの。ローマ字では、清音に he、濁音be半濁音pe をあて、助詞の「へ」には e を用いる。


感動

相手こばかにするときに発することば。ふん。へん。

*虎寛本狂言八尾室町末‐近世初)「すれば汝は又五郎為に小舅か。さ様で御座る。へ、又五郎女房知れた

相手言行答えたり釈明したり注意をひいたりする時、軽くへりくだった気持発することば。

大寺学校(1927)〈久保田万太郎〉四「酌をする。〈略〉『へ、おそれ入ります』」


〔格助〕 (現在では「え」と発音する) 体言を受け、それが下の用言に対して連用修飾になることを示す。→語誌(1)

移動性動作目標を示す。古くは「遠くへ」の気持を含む。→語誌(2)

古事記(712)下・歌謡「沖へには 小舟連(つら)らく くろざやの まさづ子吾妹(わぎも) 国(ヘ)下らす」

土左(935頃)承平四年一二二七日「都思ふをものの悲しきはかへらぬ人のあればなりけり

動作作用帰着点を示す。→語誌(3)

源氏100114頃)横笛「対渡り給ぬれば、のどやか御物語などきこえておはする程に日暮れかかりぬ」

宇治拾遺(1221頃)九「ここにやどりたる人の、〈略〉いぬるが、あすここ帰りかんずれば

動作作用のおよぶ対象方向を示す。→語誌(3)

源氏100114頃)須磨二条院たてまつり給」

平家13C前)一二鎌倉殿より公家されたりければ」

④ 物を移動させるときの帰着点を示す。→語誌(4)

延慶平家(1309‐10三本をだにも喉入給はず」

徒然草1331頃)一〇六「聖の馬を堀落してげり」

(5) 動作結果を示す。

寛永刊本蒙求抄1529頃)一「皆手下なったぞ」

[語誌](1)語源は、「古事記下・歌謡」の「大和幣(ヘ)に行くは誰が夫隠津(こもりづ)の下よ延(は)へつつ行くは誰が夫」、「万葉三六四〇」の「都辺(へ)に行かむ舟もが刈り薦の乱れ思ふこと告げ遣らむ」のような「あたり」を意味する名詞「へ」にあり、上代には名詞助詞判別し難いものもあるが、次の例はまだ名詞考えられる。「書紀欽明二三七月歌謡」の「韓国のの上に立ちて大葉子領巾(ひれ)振らすも大和陛(ヘ)向きて」、「万葉‐七二」の「玉藻刈る沖敝(ヘ)は漕がじしきたへののあたり忘れかねつも」など。なお宣命訓点語には用いられず、中古以後和歌にも極めて少ないが、これも格助詞「へ」の成立新しく口頭語的であったためであろう
(2)①の用法は、上代および中古前期では、言語主体現在地点から遠く離れた場所に向かって移行する場合にだけ用いられ、「遠くへ」という気持担っている考えられるが、院政期以後その気持薄れ、「ここへ」「こなたへ」など、自分近くへの移動場合にも用いられるようになる。
(3)②③の用法盛んに用いられるのは中世以降である。但し、中古にもその早い例が僅かながら見られる
(4)④の用法中世に現われ近世以後は豊富に用いられる。
(5)助詞「へ」は時代とともに①から④へとその用法拡大し、勢力増し現代では同用法の「に」をしのぐに至っている。


へ【ヘ】

〔名〕 日本音名第四番目の音の呼称ドイツ、英、ラテン音名のF、フランスイタリア音名ファにあたる。ヘ音


へ【上】

〔名〕 (「え」と発音することもある) あるものや場所の表面、上、また、その近く、そのあたりなどの意を表わす

古事記(712)下・歌謡「つぎねふや 山城川を 川のぼり 我がのぼれば 川の倍(ヘ)に 生ひ立てる さしぶを さしぶの木

[補注](1)「…のへ」という形だけ見られ、「うへ(上)」の変化したもの考えられるが、逆に語頭母音音節のない「へ」の形の方が「うへ」の原型という説もある。
(2)「辺」の意の「へ」は、上代特殊仮名遣では甲類、「上」は乙類であるが、「かわべ(川辺)」の「へ」に甲乙両様見られるように、紛れることもなかったとは言い切れない。


へ【家】

〔名〕 (「いへ」の変化した語) いえ。人家。→わぎえ(我家)。

万葉(8C後)五・八三七春の野鳴くなつけむとわが弊(ヘ)の園に花咲く


へ【屁】

〔名〕

腸内消化発酵作用によって発生し、吸収されないで肛門から排出されるガス。おなら。

新撰字鏡(898‐901頃)「屁 出気也 戸」

価値のないもの、つまらないもののたとえ。「へにもならぬ」


へ【戸】

〔名〕 人戸民家また、戸籍

書紀720継体三年二月前田本訓)「任那日本の懸邑に在(は)む、百済百姓浮逃(に)げ貫(ヘ)、戸也絶(た)えて三四世(みつきよつきな)りたる者を括(ぬ)き出でて並に百済に遷して貫(ヘ)に附く

[補注]「いへ(家)」の「へ」は上代特殊仮名遣では甲類であるところからこの語とは関係がなく、同じ乙類の「へ(竈)」に基づく語といわれる


へ【瓮】

〔名〕 酒食を入れる容器。瓶(かめ)。もたい。複合して「いわいべ」「つるべ」などの語をつくる。

宇津保(970‐999頃)吹上上「十石いるばかりのへ、二十ばかり据ゑて、酒造りたり」

[補注]延喜式祝詞出雲国造神賀詞出雲板訓)」に「夜は如火瓮(ほヘな)す光(かかや)く神(かみ)在(あ)り」とある。


へ【竈】

〔名〕 (「べ」とも) かまど。→よもつへぐい黄泉竈食


へ【綜】

〔名〕 (動詞「へる(綜)」の連用形名詞化) 機(はた)の経(たていと)を引きのばしてかけておくもの。綜絖

新撰字鏡(898‐901頃)「榺 綜也 支奴於留戸」


へ【舳】

〔名〕 船の前部総称。へさき。

万葉(8C後)二〇・四三九八「夕潮に 舟を浮けすゑ 朝なぎに 倍(ヘ)向け漕がむと」

宇治拾遺(1221頃)一四「舟のへにたてりけるが」


へ【辺・方】

1 〔名〕 (時に濁音化して「べ」の形でも用いられる)

① あたり。ほとり。そば。

古事記(712)中・歌謡「をとめの 床の辨(ベ)に 我が置きし つるぎの太刀 その太刀はや」

海辺岸辺。海などの岸に近いあたりをさしていう。⇔沖。

書紀720神代下・歌謡「沖つ藻は 陛(ヘ)には寄れども さ寝床も 与はぬかもよ 浜つ千鳥よ」

2語素〕 (普通「え」と発音され、濁音化して「べ」ともなる) (名詞、または動詞連体形に付く)

① そのあたり、その方向などの意を表わす。「片(かた)え」「後(しり)え」「行(ゆ)くえ」「海辺」「沖べ」など。

その頃(ころ)の意を表わす。「春べ」「夕べ」「去(い)にしえ」など。

[補注](1)この「へ」は、上代特殊仮名遣では、甲類仮名が使われている。これと非常によく似た意味・用法をもつ、乙類の「へ(上)」があるが、一応、別語見るべきであろう。→「上(へ)」の補注。
(2)この「へ」は、格助詞「へ」の源にもなっている語。


経、綜

読み方:へ

ハ行下二段活用動詞「経」「綜」の連用形である「経」「綜」、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

綜へ

読み方:へ

ハ行下二段活用動詞綜る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
綜る」の口語形としては、ハ行下一段活用動詞綜る」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

方言 意味
背、精、日


方言 意味
塀、屁(へいもへも同じ)


(へ)

大阪弁 訳語 解説
(へ) へ、に
for
動作働きかけが向けられる方向や場所、相手などを表す。「経る」に由来。もちろん、「へ」と書いて「エ」と発音するが、「イ」とも。そこの辻で左へ曲がってや、学校へ行く、読み終わったらこっちゃへ置いといて、生き別れ息子手紙を書く、など。近畿山陽四国豊前肥前北陸東山東海関東などでの言い方だが、さらに省略されることが多い。東九州南関東などでは「に」、北関東奥羽では「さ」、八丈島で「しゃん」、九州で「さん」「さい」「さね」など、江戸では上方色の強い「へ」を使っていたが、東京では九州色の強い「に」を使うようになった琉球では「んかい」「かち」などと言う


へ?

大阪弁 訳語 解説
へ? えっ?
Pardon?
你説什幺
Что?
Prego?
Pardon?
¿Perdón?
Como?
Wie bitte?
疑問驚き相手言葉聞き取れなかった場合などに発する語。「は?」では、相手バカにする要素が含まれ、「ほぇ?」では、真剣さが疑われ、「え?」では、音がきつい。首里で「ひー」、アイヌ語で「ハ、ネプヘ」。


  1. 魚屋塩魚符牒にして六といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒

分類 符牒


  1. 魚屋大物鮮魚符牒にして九といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 九。〔魚商大物)〕

分類 符牒魚商

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 15:17 UTC 版)

ひらがな)、カタカナ)は、日本語音節の一つであり、仮名の一つである。1モーラを形成する。五十音図において第6行第4段(は行え段)に位置する。清音の他、濁音(べ、ベ)と半濁音(ぺ、ペ)を持つ。




「へ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 06:37 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. おなら
  2. つまらないもの。とるにたりないもの。簡単なもの。

語源

  • 「屁」の音読み「ヒ」が訛ったものか。

助詞

格助詞

  1. 動作作用の向けられる方向を示す。
  2. 動作作用の向けられる相手を示す。
  3. 動作作用帰着点を示す。
  4. 動作作用を受けたため、その事物が存在する場所を示す。
  5. 動作作用目指す目標やそれらが向かう事態を示す。
  6. 「…たところへ」などの形で、動作作用が行われる事態をしめす。

発音: 助詞

用法: 助詞

関連項目

「へ、ヘ」で始まる日本語

文字コード


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



へと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「へ」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰スロープとは

    FXやCFDの線形回帰スロープとは、線形回帰の傾きを1本の線で表したテクニカル指標のことです。線形回帰スロープは、Linear Regression Slopeともいいます。線形回帰スロープの描く線は...

  • 株式やFX、CFDの三角方式とは

    株式やFX、CFDの三角方式とは、相場のトレンドから目標価格を予測する手法のことです。三角方式では、上昇トレンドの終了が確認されて下降トレンド転換した時点での下値目標価格を予測します。あるいは、下降...

  • FXやCFDのTRIXシグナルとは

    FXやCFDのTRIXとは、指数平滑移動平均(EMA、Exponential Moving Average)を元に算出されるオシレーター系のテクニカル指標のことです。Triple Exponentia...

  • FXのポイントアンドフィギュアの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のポイントアンドフィギュア(Point and Figure、P&F)とは、為替レートの値動きに対して×と○のマークを付けて表示するテクニカル指標です。ポイントアンドフィギュ...

  • FXのパラボリック手法とは

    FX(外国為替証拠金取引)のパラボリック手法とは、パラボリックというテクニカル指標を用いた売買手法のことです。パラボリックは、パラボリックSAR(Parabolic SAR、Parabolic sto...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で遅行線を表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)で遅行線を表示する方法を紹介します。遅行線は、時間足の終値を指定した本数だけ左ずらしたものです。遅行スパンともいいま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「へ」の関連用語

へのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



へのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2022. All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのへ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS