霊異記とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 霊異記の意味・解説 

りょういき〔リヤウイキ〕【霊異記】

日本霊異記」の略。


れいいき【霊異記】


霊異記

読み方:レイイキ(reiiki)

分野 説話集

年代 平安前期

作者 景戒〔編〕


霊異記

読み方:リョウイキ(ryouiki)

作者 花田清輝

初出 昭和41年

ジャンル 小説


霊異記

読み方:リョウイキ(ryouiki)

作者 前登志夫

初出 昭和47年

ジャンル 歌集


日本国現報善悪霊異記

(霊異記 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/02 04:17 UTC 版)

日本国現報善悪霊異記』(にほんこくげんほうぜんあくりょういき)は、平安時代初期に書かれ、伝承された最古の説話集で『日本霊異記』と略して呼ぶことが多い。著者は景戒。上・中・下の三巻。変則的な漢文で表記されている。


  1. ^ この巻は景戒の生存期と近接または重複し、紀井国関係の説話が収録されている。(加藤謙吉「聞く所に口伝を撰び……」 -古代交通路と景戒の足跡-(小峰和明他編 2004年 82ページ))
  2. ^ 上巻2話(5・34)、中巻3話(1・11・32)、下巻13話(1・2・10・16・17・25・28・29・30・32・33・34・38)の18話、そのうち名草郡に関する説話は7話(上5、中32、下16・28・30・34・38)を占めている。(加藤謙吉「聞く所に口伝を撰び……」 -古代交通路と景戒の足跡-(小峰和明他編 2004年 82ページ))
  3. ^ 加藤謙吉「聞く所に口伝を撰び……」 -古代交通路と景戒の足跡-(小峰和明他編 2004年 82ページ))
  4. ^ 行基に関する説話が7話(上巻5、中巻2・7・8・12・29・30)も収録されている。(加藤謙吉「聞く所に口伝を撰び……」 -古代交通路と景戒の足跡-(小峰和明他編 2004年 82ページ))
  5. ^ 講談社学術文庫本、中田祝夫の訳による


「日本国現報善悪霊異記」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霊異記」の関連用語

霊異記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霊異記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本国現報善悪霊異記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS