女とは? わかりやすく解説

おうな〔をうな〕【女】

読み方:おうな

《「おみな(女)」の音変化》おんな。特に、若い女性

強からぬは—の歌なればなるべし」〈古今仮名序

「女」に似た言葉

おみな〔をみな〕【女】

読み方:おみな

女。女性

「妻とすべき好き—を覓(もと)めて」〈霊異記・上〉


おんな〔をんな〕【女】

読み方:おんな

《「をみな」の音変化

人間の性別で、子を産む機能のあるほう。女性女子。⇔男。

人以外の動植物雌性のもの。めす。「—馬」

成熟した女性子供を産むことができるまでに成長した女性一人前女性

やさしいとか弱いとか、一般に1備えていると考えられる性質をもっている人。「強いようでも、やっぱり—だ」

女性としての名誉。容貌(ようぼう)や器量女ぶり。「いい—」「—をあげる」

愛人情婦。妾。「—ができる」

女中下女(げじょ)。「宿の—」

売春婦商売女

接頭語的に名詞の上に付いて一対のもののうち、小さいほうのもの、容易なほうのものなどを表す。「—扇」「—坂」

妻。女房

西の京にて—を持ちけり」〈仮・仁勢物語・上〉


じょ【女】

読み方:じょ

[音]ジョ(ヂョ)(漢) ニョ(呉) ニョウ(慣) [訓]おんな め

学習漢字1年

[一]ジョ

おんな。「女医女王女子女性女流悪女才女侍女淑女男女老女

むすめ。「女婿皇女(おうじょ)・皇女(こうじょ)・次女息女養女

[二]ニョ〉おんな。「女性(にょしょう)/信女天女善男善女老若男女(ろうにゃくなんにょ)」

[三]ニョウ〉おんな。「女房

[四]〈おんな〉「女手雪女

[五]〈め〉「女神乙女(おとめ)」

名のり]こ・たか・よし

難読貴女(あなた)・海女(あま)・郎女(いらつめ)・采女(うねめ)・女将(おかみ)・女郎花(おみなえし)・女形(おやま)・瞽女(ごぜ)・女衒(ぜげん)・手弱女(たおやめ)・巫女(みこ)・皇女(みこ)・湯女(ゆな)


じょ〔ヂヨ〕【女】

読み方:じょ

【一】[名]

おんな。女性婦人また、むすめ。

二十八宿の一。北方第三宿。うるきぼし女宿今の水瓶(みずがめ)座中西部をさす。

【二】接尾女性の名や号に付けて用いる。「千代—」「秋色(しゅうしき)—」


にょ【女/如】

読み方:にょ

〈女〉⇒じょ

〈如〉⇒じょ


にょう【女】

読み方:にょう

⇒じょ


め【女/妻】

読み方:め

《「男(お)」に対する語》

女性。おんな。

「吾(あ)はもよ—にしあれば」〈記・上・歌謡〉

配偶者、または愛人としての女性。妻。

年頃あひ馴れたる—」〈伊勢一六

(「雌」「牝」とも書く)他の語の上または下に付いて複合語をつくる。

女性、または動植物のめすを表す。「—神」「—鹿」「—(しべ)」「手弱(たおや)—」

一対物のうち、小さいほう、または女性的と思われるほうの物を表す。「—滝」「—瓦」


人口学では普通、子供323-3)を含む全年齢それぞれの性別人口を指す場合、男 1と女 2という表現代りに、男性 1女性 2という用語が用いられる同じように少年 3少女 4代えて男の子供 3女の子供 4という用語が用いられる


女〈荻原守衛作/石膏原型〉

主名称: 女〈荻原守衛作/石膏原型
指定番号 3230
枝番 00
指定年月日 1967.06.15(昭和42.06.15)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 彫刻
ト書
員数 1箇
時代区分 近代
年代 1910
検索年代
解説文  ここにあげる諸作は、明治維新以後西洋文化洗礼を受け、伝統との相剋のりこえ多様な展開をとげた近代美術代表的遺産である。
 日本画欧化主義の新状況の下で混迷続けるが、やがて岡倉天心という指導者を得、春草【しゆんそう】、観山かんざん】、大観たいかん】らによって新日本創造努力進められ新たな進路決定される下村観山一八七三一九三〇)の「弱法師」(大正四年第二回院展)は古典探索より生み出され新技法による追及完成させた作品であり、横山大観一八六八一九二三)の「生々流転」(大正十二年第十院展)は彼の新水墨画様式形成努力雄大な構想のうちに結実した畢生【ひつせい】の大作である。
 一方欧風美術先頭に立つ西洋画は、明治初年高橋由一ゆういち】(一八二八一八九四)によってすぐれた成果あげられ、「」(明治八年から十二年間の作)の自然科学的観察迫真的描写には、近代出発点ともいうべき新たな造形眼の充実認められる。こうして西洋画は、社会的関心高まり明治九年工部美術学校開設をみるなど順調な出発をとげたかにみえたが、間もなく国粋主義反動があり、一時沈滞余儀なくされる
 これに抗してその発展軌道乗せたのがフォンタネージ薫育受けた浅井忠一八五六一九〇七)で、「収穫」(明治二十三年明治美術会第二回展)は光と空間表現進展をみせた彼中期傑作であり脂派【やには】呼ばれる黄褐色主調とした作風明治中期支配的画風となったその後西洋画黒田清輝【せいき】の外光派紹介によって新たな展開遂げるが、青木繁一八八二-一九一一)はその展開の中から登場し独自の浪漫的世界開拓した鬼才で、「海の幸」(明治三十七年白馬会第九回展)の大胆な構想力強表現技法には、彼のはげしい感情高鳴り感じられ当時浪漫的風潮これほど純粋かつ雄々しく表現した作品他に求めがたい。
 彫刻洋画に比べ近代化速度はやや遅いが、ロダン彫刻のよき後継者であった荻原守衛おぎわらもりえ】(一八九-一九一〇)によって近彫刻真髓示され新局面迎えた「女」彼の最後の作品で、肉体量感動勢確実な把握中に堂々とした彫塑性と豊かな浪漫的感情示されている。
 これらの作品わが国近代美術流れの中で、すでに指定されている芳崖【ほうがい】、雅邦【がほう】、春草の諸作とともにつとに古典的評価得ている作品である。

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1986.12
シリーズ名ちくま文庫

収載図書芥川龍之介全集 第6巻 南京の基督 杜子春
出版社岩波書店
刊行年月1996.4

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書大活字版 ザ・龍之介全小全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書芥川龍之介全集 第6巻 南京の基督杜子春
出版社岩波書店
刊行年月2007.6


作者久坂葉子

収載図書久坂葉子全集 第1巻 小説
出版社書房
刊行年月2003.12

収載図書幾度目かの最期久坂葉子作品集
出版社講談社
刊行年月2005.12
シリーズ名講談社文芸文庫


作者金子洋文

収載図書部落と金解禁
出版社ゆまに書房
刊行年月2004.6
シリーズ名新・プロレタリア文学精選


作者椰月美智子

収載図書未来の息子
出版社双葉社
刊行年月2005.4

収載図書未来の息子
出版社双葉社
刊行年月2008.2
シリーズ名双葉文庫


作者冨士本由紀

収載図書圏外同士
出版社集英社
刊行年月2006.4


作者宮沢賢治

収載図書ザ・賢治全小全一冊 グラスレス眼鏡無用 大活字版
出版社第三書館
刊行年月2007.1


作者西村望

収載図書奈落
出版社天山出版
刊行年月1988.2
シリーズ名天山文庫


作者ハインリヒ・ハイネ

収載図書ちくま文学 別巻 もうひとつの話
出版社筑摩書房
刊行年月1989.4


作者レイ・ブラッドベリ

収載図書キリマンジャロ・マシーン
出版社早川書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ハヤカワ文庫NV

収載図書幻想と怪奇ポオ蒐集家 新装版
出版社早川書房
刊行年月2005.2
シリーズ名ハヤカワ文庫NV


作者八木義徳

収載図書八木義徳全集 4
出版社福武書店
刊行年月1990.6


作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集 第10巻 爛・あらくれ
出版社八木書店
刊行年月1998.9

収載図書編年体大正文学全集 第4巻 大正四年
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.1


作者古山高麗雄

収載図書プレオー8の夜明け古山高麗雄作品
出版社講談社
刊行年月2001.7
シリーズ名講談社文芸文庫


作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書尾崎紅葉小栗風葉
出版社大空社
刊行年月2002.6
シリーズ名明治翻訳文学全集


作者島崎藤村

収載図書島崎藤村北村透谷
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名明治文学

収載図書島崎藤村短編集 第3巻 食後
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


読み方:たれ

  1. をんな、陰門義太夫語隠語。「-義太」。
  2. 女陰異名
  3. 女の陰部のことをいふ。又は女のことを「たれ」ともいふ。〔役者語〕
  4. 〔的・楽〕女のこと。「ゲン」「ナオ」「ナオン」「ナゴ」「ズベ」等にやや同じ。情婦を「ナゴ」、婦人妻君を「シヤリマ」、淫奔女を「ラリコ」と云ふが、女の総称が「タレ」である。「シヤダレ」は芸妓のこと、「バアダレ」は老婆のこと。
  5. 女の陰部のことをいふ。又は女のことを「たれ」ともいふ。
  6. 〔隠〕女の陰部のこと。又は女のことをもいふ。
  7. 女子、又は女子陰部を云ふ。
  8. 女子生殖器又は女。前橋
  9. 女の陰部のこと、又女のことをもいう。蒲焼などに味をつける「たれ」から出たもので、人生味をつけるものの意。
  10. 女の陰部のこと、又は女のこと。〔芸能俳優)〕
  11. 女陰の陰語。情事関係で女のことに云われ「シャダレ」(芸者)「マダレ」(年増女)「バアダレ」(老婆)「タレギダ」(女義太夫)「タレカク」(強淫)など用いられる。〔風流
  12. 女。女に関すること一さい。タレをかくといえば、女を姦すること。誰某かいていタレといえば色女ということ従って、タレ義太女義太夫。〔芸能寄席落語)〕
  13. 隠語〕女、女に関すること一さい。たれをかくと云えば、女を姦する事、誰それかいてる女だと云えば色女という事
  14. 女・女の陰門
  15. 女。

分類 俳優寄席寄席落語役者役者語、東京義太夫演劇、的/楽、芸能


読み方:なご

  1. 婦人。〔第二類 人物風俗
  2. 婦人、女。
  3. 女のことをいふ。をなご(女子)の「なご」を取つたものである。〔犯罪語〕
  4. 〔的〕女のこと。「ナオ」に同じ。又情婦のことにも云ふ。乞食仲間では「チンマ」といふ。「レコ」「イロ」の条参照
  5. 女。
  6. 婦女子を云ふ。
  7. 婦女子。「おなご」の略。「なを」ともいふ。
  8. 女子(おなご)を云ふ。
  9. 婦人女。徳島名古屋行橋 犯罪者仲間
  10. 女。名古屋行橋
  11. 女のこと。〔一般犯罪
  12. 女〔死〕。〔掏摸
  13. 女のこと〔死〕。今ではすけという。〔香具師不良
  14. 婦人。おなご(女子)の略。〔盗〕
  15. 女。「おなご」の略。「なお」ともいう。

分類 ルンペン大阪掏摸犯罪犯罪者仲間犯罪者露天商人犯罪語、的、盗/犯罪香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:オミナ(omina)

作者 人見東明

初出 明治40年

ジャンル


女性

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/09 03:57 UTC 版)

女性または婦人(じょせい、ふじん、: γυναίκα: woman・lady)は、男性と対比されるヒト人間)の性別


注釈

  1. ^ 思春期前の間に「思春期前乳房隆起」が発症する場合がある(ほとんどが2歳以下で発症)[1]
  2. ^ 東京都の都民人口は1395万人(令和2年統計)、その予算は一般会計に特別会計と公営企業会計を合わせた都全体の予算規模は(単純合計で)14兆9594億円となりスウェーデンなどの国家予算を超える予算規模である[14]

出典

  1. ^ 妹尾小児科・早発乳房
  2. ^ お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)(もっと詳しく…)-神奈川県ホームページ
  3. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  4. ^ バストと初経のヒミツの関係
  5. ^ 『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について (PDF)
  6. ^ パンツサイズ(ショーツサイズ)のはかり方|小学生・中学生女の子下着の悩み解決|ガールズばでなび
  7. ^ 思春期の発現・大山建司 (PDF)
  8. ^ 女性の「若い頃のニオイ」を解明!「若い頃の甘いニオイ」の正体は「ラクトンC10/ラクトンC11」 2018年2月14日 ロート製薬
  9. ^ https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/03.html 「平均寿命の国際比較」日本国厚生労働省 2021年1月17日閲覧
  10. ^ https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=415AC1000000111 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」e-Gov法令検索 2021年1月17日閲覧
  11. ^ a b c 「ジェンダーとは?」UN Women 日本事務所 2018年9月21日 2020年1月17日閲覧
  12. ^ 「文化人類学キーワード」p62-63 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  13. ^ http://archive.ipu.org/wmn-e/classif.htm 「Women in parliament」列国議会同盟 2019年2月 2021年1月17日閲覧
  14. ^ 東京都の財政 (PDF)
  15. ^ 「文化人類学キーワード」p142-143 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  16. ^ 「国際教育協力を志す人のために 平和・共生の構築へ」p39 千葉杲弘監修 寺尾明人・永田佳之編 学文社 2004年10月10日第1版第1刷
  17. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p206 1990年8月21日初版第1刷
  18. ^ Ⅲ 男女雇用機会均等法成立 30 年を迎えて (PDF) - 厚生労働省 p69 2020年1月17日閲覧
  19. ^ 「フェミニストたちの政治史 参政権、リブ、平等法」p204 大嶽秀夫 東京大学出版会 2017年2月28日初版
  20. ^ Fadu, Jose A., ed (2014). Encyclopedia of Theory & Practice in Psychotherapy & Counseling. LuLu Press. p. 337. ISBN 978-1312078369 
  21. ^ Stearn, William T. (May 1962). “The Origin of the Male and Female Symbols of Biology” (PDF). Taxon 11 (4): 109–113. doi:10.2307/1217734. ISSN 0040-0262. JSTOR 1217734. https://iapt-taxon.org/historic/Congress/IBC_1964/male_fem.pdf 2019年7月19日閲覧。. 
  22. ^ a b Schott, GD (December 2005). “Sex symbols ancient and modern: their origins and iconography on the pedigree” (PDF). The BMJ 331 (7531): 1509–10. doi:10.1136/bmj.331.7531.1509. ISSN 0959-8138. PMC 1322246. PMID 16373733. https://www.bmj.com/content/bmj/331/7531/1509.full.pdf 2019年7月19日閲覧。. 


「女性」の続きの解説一覧

=女=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 09:41 UTC 版)

=女=』(おんな)は、1962年8月6日~1962年11月26日にNET(現:テレビ朝日)系列の『黒龍劇場』(化粧品メーカー・黒龍堂の一社提供)で放送された単発ドラマ[1]。放送回数14回。放送時間は月曜22:00 - 22:30[1]




「=女=」の続きの解説一覧

女(モデルは夢野まりあ)(岬直也「魔夢」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/14 03:25 UTC 版)

夏のグランドホテル」の記事における「女(モデル夢野まりあ)(岬直也魔夢」)」の解説

何故か自分殺される悪夢』を続けて見てしまい、ノイローゼとなってしまった女性カウンセラー勧められ転地療養としてグランドホテル訪れた

※この「女(モデルは夢野まりあ)(岬直也「魔夢」)」の解説は、「夏のグランドホテル」の解説の一部です。
「女(モデルは夢野まりあ)(岬直也「魔夢」)」を含む「夏のグランドホテル」の記事については、「夏のグランドホテル」の概要を参照ください。


女(白姫)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 01:25 UTC 版)

白姫抄」の記事における「女(白姫)」の解説

い着物を3枚重ね、それを、細い布紐で両端前に来るようにして締め、白い衣を被いている。目元と唇に紅を差し足元裸足身長同じくらい長さ黒髪結うことなく流している。

※この「女(白姫)」の解説は、「白姫抄」の解説の一部です。
「女(白姫)」を含む「白姫抄」の記事については、「白姫抄」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「女」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「女」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



女と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女性 (改訂履歴)、=女= (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの夏のグランドホテル (改訂履歴)、白姫抄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS