生々流転とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生々流転の意味・解説 

しょうじょうるてん〔シヤウジヤウルテン〕【生々流転】

岡本かの子長編小説著者没後発見された遺稿で、昭和14年(1939)「文学界」誌に発表乞食だった父をもつ女性波乱満ち人生を描く。


せいせい‐るてん【生生流転】


しょうじょう‐るてん〔シヤウジヤウ‐〕【生生流転】

万物限りなく生まれ変わり死に変わって、いつまで変化しつづけること。せいせいるてん

[補説] 書名別項。→生々流転


生々流転

作者宇江佐真理

収載図書十日えびす花嵐浮世困話 時代小説
出版社祥伝社
刊行年月2007.3


生々流転

作者平瀬

収載図書オットー氏の部品
出版社さんこう
刊行年月2007.11


生々流転

読み方:ショウジョウルテン(shoujouruten)

作者 岡本かの子

初出 昭和14年

ジャンル 小説


生々流転

読み方:セイセイルテン(seiseiruten)

作者 下村千秋

初出 昭和11年

ジャンル 小説



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生々流転」の関連用語

生々流転のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生々流転のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS