1939とは? わかりやすく解説

1939

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 18:08 UTC 版)

タスカルーサ (重巡洋艦)」の記事における「1939」の解説

9月1日戦争勃発した時、タスカルーサノーフォーク停泊中だった。9月5日ルーズベルト大統領中立パトロール実施を宣言し、タスカルーサはその翌日哨戒出動した11日に一旦戻り3日後にグアンタナモ湾サンフアン向かい9月残りの期間と10月の間、同地砲撃訓練行った10月27日カリブ海去りハンプトン・ローズ経て11月5日ノーフォーク帰投した。その後11月13日から15日にかけてバージニア岬沖で砲撃訓練行った後、ハンプトン・ローズ12月中旬まで滞在した戦争勃発時、アメリカ勢力圏内には約85隻ほどのドイツの商船がいた。その中で最大の客船コロンブス (SS Columbus) は西インド諸島航行中だったが、戦争始まるとメキシコベラクルス入港し脱出タイミング図っていた。しかし、12月14日ベラクルス入港してきた駆逐艦ベンハム (USS Benham, DD-397) によって追い出され以後7日間コロンブスアメリカ艦艇追いかけられることとなったコロンブス船長は、コロンブスデラウェア州480キロ海上まで進めた後、東に向けて脱走する計画立てたタスカルーサコロンブス追跡の命を受け、コロンブスベラクルス追い出され2日後12月16日駆逐艦コール (USS Cole, DD-155) およびエリス (USS Ellis, DD-154) を伴いノーフォーク出港した12月19日14時50分、イギリス駆逐艦ハイペリオン (HMS Hyperion, H97) と合流し間もなくコロンブス発見ハイペリオンタスカルーサやり取り交わした後、コロンブス前方砲弾を2発撃ち込ん停船させた。 米英艦艇包囲されたコロンブス船長は、2人乗組員残して9人の女性搭乗員含んだ577人のドイツ人救命ボート移した後、船を自沈させた。ハイペリオン脱出した乗員乗客収容するスペースなかったのでその役割タスカルーサ割り当てられた。コロンブス船長救命ボート集めた上で捕虜として扱われるハイペリオンではなく一般遭難船員として扱われるタスカルーサに向かうことを決め救助された。一般乗員乗客水上機格納庫収容され女性搭乗員医務室収容されタスカルーサコロンブス乗員乗客降ろすためニューヨーク向かい12月20日エリス島上陸させた。乗員乗客大部分は太平洋経由ドイツ戻っていった。タスカルーサ12月21日ニューヨーク出港し翌日ノーフォーク戻った

※この「1939」の解説は、「タスカルーサ (重巡洋艦)」の解説の一部です。
「1939」を含む「タスカルーサ (重巡洋艦)」の記事については、「タスカルーサ (重巡洋艦)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1939」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1939」の関連用語

1939のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1939のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタスカルーサ (重巡洋艦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS