その役割とは? わかりやすく解説

その役割

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 00:56 UTC 版)

ダニ室」の記事における「その役割」の解説

上記のようにダニ室ダニとの共生のための構造とする説主たるとなっているが、これ自身が必ずしも認められているわけではないダニ室とされる構造でもダニ見られない例も多いとのことで、ダニとの関わり以外の意味を見出そうとする説は多く提出されてきた。それは例えばかつて気孔乾燥から守るために発達したもので、今はその機能失ったものであるとするものや、バクテリアとの共生によるとの説、ガス水の交換に関わっているとの説などがあげられ、それらはほぼ否定されている。 ダニとの関連おいても、実はやはり虫瘤なのではないかとの説があり、これはダニ排除した上で植物ダニ室作ること示されたことで否定された。ただしダニ室構造虫瘤に似ているのは間違いなく、その区別不明確な例もあるという。またに害を与えダニをここに閉じこめることで被害を1箇所纏める効果があるではないか、との説もある。これは植食性ダニ見られる例があることに依るが、むしろ植食性ダニ少ないとのことで、否定されている。ただし後述クスノキの例では現在もこれを考える説もある。

※この「その役割」の解説は、「ダニ室」の解説の一部です。
「その役割」を含む「ダニ室」の記事については、「ダニ室」の概要を参照ください。


その役割

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:20 UTC 版)

対鰭」の記事における「その役割」の解説

対鰭対になっているので、左右バランスや、平のバランスを取る働きなどに係わっている。前進尾びれ全身の力が主に使われるが、胸びれ細かく使う泳ぎ方をする見られる一般に外洋素早く泳ぐは、胸びれをあまり使わず、磯や底質近くでゆっくり泳ぐ胸びれをよく使う。 特殊な例としては、トビウオ胸びれ広げて水中から飛び出して滑空することで有名であるが、胸びれとともに腹びれ発達している同様に滑空するために発達した胸びれは、バタフライフィッシュなどにも見られるが、腹びれ発達していない。 また、底生魚では、胸びれ腹鰭が底を漁ったり這ったりするために特殊な発達したものもある。ハゼ類やダンゴウオ類では、腹びれ左右融合して吸盤になっているものもある。ホウボウオコゼ類には、胸びれ腹びれ一部バラバラになって自由に動かせ触手のように使えるものがあるサメエイでは、腹びれ雄の交接器にもなっている。一般魚類一部にも卵胎生のものなど体内受精ものがあるが、そのようなものでは交接器働き尻びれが行うものが多い。

※この「その役割」の解説は、「対鰭」の解説の一部です。
「その役割」を含む「対鰭」の記事については、「対鰭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「その役割」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「その役割」の関連用語

その役割のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



その役割のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダニ室 (改訂履歴)、対鰭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS