外洋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 外洋 > 外洋の意味・解説 

がい‐よう〔グワイヤウ〕【外洋】

読み方:がいよう

広々とした外海そとうみ。⇔内洋

「外洋」に似た言葉

漂泳区分帯

(外洋 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/18 03:47 UTC 版)

漂泳区分帯(ひょうえいくぶんたい、英語: pelagic zone) は外洋において海面から海底を1つの水柱と考え、深さによりその区域が分割された概念または深い外洋そのものを表す。漂泳帯漂泳界漂泳区などとも呼ばれる。英語での"pelagic" は、古代ギリシア語で外洋を表すπέλαγοςに由来する。この区域は水深太陽光の到達度合いによって分割されており、また、塩分や溶存酸素、鉄、マグネシウム、カルシウムなどの微量栄養素などの量なども各区分で変化する。水柱の深いところほど高圧低温で、光がない状態となる。


  1. ^ Costello, Mark John; Cheung, Alan; De Hauwere, Nathalie (2010). “Surface Area and the Seabed Area, Volume, Depth, Slope, and Topographic Variation for the World's Seas, Oceans, and Countries”. Environmental Science & Technology 44 (23): 8821–8. Bibcode2010EnST...44.8821C. doi:10.1021/es1012752. PMID 21033734. 
  2. ^ Charette, Matthew; Smith, Walter (2010). “The Volume of Earth's Ocean”. Oceanography 23 (2): 112–4. doi:10.5670/oceanog.2010.51. 
  3. ^ Ocean's Depth and Volume Revealed Archived 23 August 2011 at the Wayback Machine. OurAmazingPlanet, 19 May 2010.
  4. ^ Mazuecos, E.; Arístegui, J.; Vázquez-Domínguez, E.; Ortega-Retuerta, E.; Gasol, JM.; Reche, I. (2012). “Temperature control of microbial respiration and growth efficiency in the mesopelagic zone of the South Atlantic and Indian Oceans.”. Deep Sea Research Part I: Oceanographic Research Papers 95: 131–138. doi:10.3354/ame01583. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0967063714001976. 
  5. ^ a b c d e The Open Ocean”. MarineBio.org. 2009年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月20日閲覧。
  6. ^ Apprill, A. (2017)"Marine animal microbiomes: toward understanding host–microbiome interactions in a changing ocean". Frontiers in Marine Science, 4: 222. doi:10.3389/fmars.2017.00222. Material was copied from this source, which is available under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
  7. ^ Walker P and Wood E (2005) The Open Ocean (volume in a series called Life in the sea), Infobase Publishing, ISBN 978-0-8160-5705-4.
  8. ^ Thorson, G (1957). “Bottom communities (sublittoral or shallow shelf)”. In Hedgpeth, J.W.. Treatise on Marine Ecology and Palaeoecology. Geological Society of America. pp. 461–534 
  9. ^ Mileikovsky, S. A. (1971). “Types of larval development in marine bottom invertebrates, their distribution and ecological significance: a re-evaluation”. Marine Biology 10 (3): 193–213. doi:10.1007/BF00352809. 
  10. ^ Lal, Brij V.; Fortune, Kate (January 2000). The Pacific Islands: An Encyclopedia. University of Hawaii Press. p. 8. ISBN 978-0-8248-2265-1. https://books.google.com/books?id=T5pPpJl8E5wC&pg=PA8 


「漂泳区分帯」の続きの解説一覧

外洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 05:33 UTC 版)

海のぬし釣り」の記事における「外洋」の解説

アホウドリ - 本ゲームでは頻繁に出て来る敵。逃げやすく先制攻撃もあまりしてこないクラゲ - 頻繁に登場するが、弱い。餌付けできないオットセイ - やや逃げにくく、攻撃高め盗もうとする。 ホオジロザメ - オオナミ次に強い敵と言っても過言ではない実力を持つ。逃げにくさ、攻撃力ともにかなり高め盗まれるマッコウクジラ - ザトウクジラ同様出現率が低く防御力経験値高め此方倒してヒゲ貰えない。

※この「外洋」の解説は、「海のぬし釣り」の解説の一部です。
「外洋」を含む「海のぬし釣り」の記事については、「海のぬし釣り」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「外洋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

外洋

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 11:34 UTC 版)

名詞

がいよう

  1. 陸地から遠く離れた広々とした

発音(?)

熟語

類義語

対義語

翻訳


「外洋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



外洋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外洋」の関連用語

外洋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外洋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの漂泳区分帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海のぬし釣り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの外洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS