ツナとは? わかりやすく解説

ツナ【tuna】

読み方:つな

マグロ類のこと。一般にビンナガ油漬けをいう。「—サラダ


つな【綱】

読み方:つな

植物の繊維針金などをより合わせ長くつくったもの。ロープ

心身不安・危険な状態にあるとき、すがって頼みとするもの。「命の—」「頼みの—」

相撲で横綱のこと。

[用法] つな・なわ・ひも——太さでは、一般的に綱、縄、紐(ひも)の順に細くなる材料形状については、綱は繊維針金より合わせたもの。縄は主に稲のわらをより合わせたものだが、他の材料用い場合に、「麻縄」「しゅろ縄」などのように言うこともある。◇「紐」は繊維より合わせたもののほか、紙・布ゴムなどのより合わせていないものにも言う。◇用途面では、「綱」は主に、何かを支えたり引っ張ったりする。「命綱をつけて海に飛び込む」「引き綱」。「縄」は「罪人を縄で縛る」「を縄で縛って担ぐ」など縛るのに用いる。「紐」は結び付けることに用途中心がある。「靴紐を結ぶ」◇外来語ロープ」(英語)は「綱」「縄」の範囲で「紐」は含まない。「ザイル」(ドイツ語)は、もっぱら登山用の綱。


朝那Zhu ne

ツナ

県令

県人皇甫規 / 皇甫嵩 / 皇甫謐


ツナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 10:12 UTC 版)

ツナ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : サバ亜目 Scombroidei
: サバ科 Scombridae
亜科 : サバ亜科 Scombrinae
: マグロ族 Thunnini
学名
Thunnini
starks, 1910
和名
マグロ
ツナ
英名
Tuna

5属14 - 15種(本文参照)

ツナ英語: Tuna)は、スズキ目サバ科マグロ族に分類される魚の総称[1]。514 - 15が含まれる。「マグロ」と訳されることが多いが、後述のように学術的にはカツオ等を含む広い範囲を指す。これらの魚肉を加工した食材もツナと呼ばれる[2](「#ツナ缶」参照)。

プレジャーボートの中で、特にトローリング用のスポーツフィッシャーマン・タイプの船には、デッキハウス(上部船室)の上に、遠くまで見渡せる操船席をもつ多段式のやぐらを備えるものが多い。このやぐらは魚影を探すための監視台という意味で、俗に「ツナタワー」と呼ばれている。

学術上の分類

マグロ族Thunnini

マグロ属クロマグロ T. orientalis は、タイセイヨウクロマグロ T. thynnus に含められることがある。その場合、T. thynnus の和名はクロマグロ、英名は Northern bluefin tuna となる。

ツナ缶

スーパーマーケットに並べられたツナ缶

ツナは、本来は生魚・魚肉の区別なく使う語だが、日本ではもっぱらマグロの漬け缶詰を意味する言葉として用いられる。日本で販売されているツナ缶の原材料は、主にビンナガマグロ、キハダマグロ、カツオである。なお、米軍統治の歴史の長かった沖縄県では「トゥーナ」と発音されることが一般的である。

一般には血合肉などを含まないホワイトミートと呼ばれる色の淡い身が使われる。

日本では従来植物油に漬けたものが主流であったが、低脂肪・低カロリーの需要が高まったことなどから、近年では水煮スープ漬けなど、油分をカットしたタイプも販売されている。ツナの身はフレーク状やブロック状などがある。

なお日本で一般名詞に近い形で使われるシーチキン」ははごろもフーズの商品名(登録商標)である。主なメーカーは、はごろもフーズの他にいなば食品マルハニチロキョクヨーホテイフーズなどがある。

料理法は、マヨネーズと和えてツナマヨネーズとして使われることが多い。他にはサラダパスタの具など様々な使い方がある。

ノンオイル・塩分無添加タイプのツナ缶は「良質なタンパク質が摂取出来る」「安価で大量に購入出来る」との理由で多くのボディビルダーに愛用されている。

魚肉を含む肉類を食べない完全菜食主義者向けなどに、ネスレ豆類などを原料に食感・味を似せた人工ツナを代替肉として開発した[2]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 2.1 Tuna and tuna-like species HIGHLY MIGRATORY SPECIES(回遊魚)についての国際連合食糧農業機関(FAO)の英文資料/2020年10月25日閲覧
  2. ^ a b ネスレ、肉の次は「人工ツナ」植物由来の競争、「魚」で先手『日経MJ』2020年10月9日(アジア・グローバル面)

ツナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 04:19 UTC 版)

怪物づかいツナ!」の記事における「ツナ」の解説

主人公ダメな少年だったが、リボじいにより、怪物づかいに選ばれる。モンモンキャンディーを食べると、ハイパー化する。脳みそ取れる。

※この「ツナ」の解説は、「怪物づかいツナ!」の解説の一部です。
「ツナ」を含む「怪物づかいツナ!」の記事については、「怪物づかいツナ!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ツナ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ツナ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ツナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ツナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2022 mujin. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの怪物づかいツナ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS