海域とは? わかりやすく解説

かい‐いき〔‐ヰキ〕【海域】

読み方:かいいき

ある限られた範囲の海。「日本の―」

「海域」に似た言葉

海域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/14 10:09 UTC 版)

海域(かいいき)とは、区分された海面の事を指す。




「海域」の続きの解説一覧

海域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 21:00 UTC 版)

ウナギ科」の記事における「海域」の解説

降河した成熟ウナギ観察ないし捕獲されることは、極めて稀であるアメリカウナギ成魚外海発見されたのは、1977年バハマ沖の水深2,000m地点撮影されたのが初めであった産卵実態もそのほとんどが謎に包まれたままで、ウナギ科魚類天然卵は2009年に西マリアナ海嶺採取されるまで見つかっていなかった。 他の多くの回遊魚と同様に、ウナギ類産卵生涯一度きりで、親生殖後間もなく死亡する考えられている。降河開始時から継続する飢餓状態と、産卵前後におけるステロイドホルモン著し上昇その原因とされ、代謝的解剖学的破綻を導く急激な老化現象一種理解されている。一方で、西マリアナ海嶺産卵場付近採取され親ウナギ生殖腺解析した結果複数回にわたり産卵している可能性指摘されている。 カライワシ上目仲間共通する特徴として、ウナギ科魚類仔魚レプトケファルス葉形仔魚)と呼ばれる独特の形態をとる。浮遊生活経て沿岸域にたどりついたレプトケファルス稚魚いわゆるシラスウナギGlass eel)へと変態し河川遡上する。シラスウナギ体表色素発達させた「クロコElver」を経て、「黄ウナギYellow eel」と呼ばれる成魚成長してゆく。 河川遡上せず海にとどまる個体、あるいは河口汽水域定着するものが存在しそれぞれを「海ウナギ」「河口ウナギ」と称する両者耳石中のストロンチウム濃度調べることで、川ウナギ見分けることが可能である産卵場へと向かニホンウナギ600個体調査した結果、川ウナギはわずか20%程度少なく、海ウナギ河口ウナギ繁殖大きく貢献している可能性示されている。

※この「海域」の解説は、「ウナギ科」の解説の一部です。
「海域」を含む「ウナギ科」の記事については、「ウナギ科」の概要を参照ください。


海域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 20:21 UTC 版)

アルゼンチンの地理」の記事における「海域」の解説

アルゼンチン大西洋面した4,665kmの海岸線有している。大陸の上陸可能地点は非常に広くアルゼンチン沿岸浅瀬アルゼンチン海呼ばれる海中には多くの住み炭化水素エネルギー資源保有していると予想されている。アルゼンチン沿岸砂丘と崖に挟まれている。沿岸影響及ぼしている二つの海流のうち、暖流ブラジル海流であり、寒流フォークランド海流スペイン語では大西洋海流もしくはマルビナス海流)である。沿岸大地では不規則な形状のため、二つの海流は気候に対して相互に影響し高緯度地方おいても気温下げさせない。ティエーラ・デル・フエゴの南端ドレーク海峡北岸構成している。

※この「海域」の解説は、「アルゼンチンの地理」の解説の一部です。
「海域」を含む「アルゼンチンの地理」の記事については、「アルゼンチンの地理」の概要を参照ください。


海域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 03:13 UTC 版)

地中海」の記事における「海域」の解説

国際水路機関は、地中海下位にあたる海域として以下の8つ定義している。 ジブラルタル海峡 アルボラン海 バレアレス海イベリア海) リグリア海 ティレニア海 イオニア海 アドリア海 エーゲ海多島海このほか次のような海域に分けられることがあるリオン湾 メッシナ海峡 ハイファシルテ湾 シチリア海峡 コルシカ海峡 ボニファシオ海峡

※この「海域」の解説は、「地中海」の解説の一部です。
「海域」を含む「地中海」の記事については、「地中海」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「海域」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

海域

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 03:32 UTC 版)

名詞

 かいいき

  1. 限られた範囲の海。

発音(?)

関連語


「海域」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海域」の関連用語

海域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



海域のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウナギ科 (改訂履歴)、アルゼンチンの地理 (改訂履歴)、地中海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの海域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS