水深とは? わかりやすく解説

すい‐しん【水深】

読み方:すいしん

水面から水中目的物までの距離。特に、水面から水底までの深さ海図では基本水準面から測ったものを示す


水 深

水深
水深とは、湖沼測量によって測られた湖沼深さあらわし、一番深いところ湖底小さな丘など湖底のようすをわかりやすくするために表示してます。
1:25,000地形図田沢湖
田沢湖付近の地形図


水深

読み方:ミズブカ(mizubuka)

所在 埼玉県加須市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

水深

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 01:50 UTC 版)

水深(すいしん)とは、海面、湖面、河面、プール等の水面からその底面までの垂直距離である。




「水深」の続きの解説一覧

水深

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:00 UTC 版)

大西洋」の記事における「水深」の解説

他の大洋比較した場合大西洋特徴は、水深の浅い部分面積が多いことである。とは言っても大西洋に水深4000mから5000m部分面積が最も多いということは他の大洋変わらない。しかし、全海洋平均では31.7%がこの区分属するが、大西洋の場合は30.4%である。そして、水深0mから200mいわゆる大陸棚面積大西洋では8.7%を占める(太平洋5.6%)、0mから2000mの区分では19.8%(同12.9%)となる。このため大西洋平均深度三大大洋太平洋大西洋インド洋)のうち最も浅い3736mである。なお、大西洋で最深地点プエルトリコ海溝位置し、8605mである。

※この「水深」の解説は、「大西洋」の解説の一部です。
「水深」を含む「大西洋」の記事については、「大西洋」の概要を参照ください。


水深

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 22:45 UTC 版)

太平洋」の記事における「水深」の解説

最深部はかつてマリアナ海溝のビチアス(ヴィチャージ)海淵 (11,034m) であるとされていたが、その後測定結果、この測定値には疑問もたれており、現在では同じマリアナ海溝チャレンジャー海淵10,920±10mが確実なとされる。これは米国スクリップス海洋研究所所属のトーマス・ワシントン号および海上保安庁海洋情報部所属拓洋によって測量された水深値を元に1992年4月英国開催され第8回GEBCOオフィサー会議報告了承された値である。平均深度は4280メートル、総水量7.1立方キロメートルである。

※この「水深」の解説は、「太平洋」の解説の一部です。
「水深」を含む「太平洋」の記事については、「太平洋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「水深」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「水深」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

水深のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水深のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水深 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大西洋 (改訂履歴)、太平洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS