深さとは? わかりやすく解説

ふか‐さ【深さ】


深さ

読み方:ふかさ

【文語】ク活用形容詞深し」が、接尾語「さ」により体言化した形。


深さ

読み方:ふかさ

形容詞「深い」が、接尾語「さ」により体言化した形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

深さ

読み方:ふかさ

ク活用形容詞深し」が、接尾語「さ」により体言化した形。
深し」の口語形としては、形容詞「深い」が対応する

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

深さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 15:34 UTC 版)

船体」の記事における「深さ」の解説

喫水きっすいDraft水面から船底最下端までの垂直距離であり、水の密度や船の重量によって変化する。「吃水」とも書き船脚ふなあし)とも呼ばれる型深さ(Molded depth垂線間長LPP)の中央部舷側において基線、つまりキール竜骨の上から上甲板下面までの垂直距離船体中央部舷側満載喫水線マーク満載喫水線標、フリーボードマーク、乾舷標)を付け船首などに喫水表示付ける。

※この「深さ」の解説は、「船体」の解説の一部です。
「深さ」を含む「船体」の記事については、「船体」の概要を参照ください。


深さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/21 04:43 UTC 版)

大日本帝国海軍艦艇要目解説」の記事における「深さ」の解説

英語でdepth記号D。船体の高さ。つまり船底から上甲板までの高さのこと。日本海軍では「最大横載面(船体横切りにしたときに計画吃水線下の面積最大になる面、軍艦では船体中央か、やや後方が多い)におけるキールライン(日本海軍では龍骨(キール)下面ライン)から上甲板側線までの高さ」。

※この「深さ」の解説は、「大日本帝国海軍艦艇要目解説」の解説の一部です。
「深さ」を含む「大日本帝国海軍艦艇要目解説」の記事については、「大日本帝国海軍艦艇要目解説」の概要を参照ください。


深さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 09:24 UTC 版)

次元論 (代数学)」の記事における「深さ」の解説

R を環とし M をその上加群とする。R の元のx 1 , … , x n {\displaystyle x_{1},\dots ,x_{n}} は次のとき正則列呼ばれるx 1 {\displaystyle x_{1}} は M {\displaystyle M} の零因子でなく、 x i {\displaystyle x_{i}} は各 i = 2 , … , n {\displaystyle i=2,\dots ,n} について M / ( x 1 , … , x i − 1 ) M {\displaystyle M/(x_{1},\dots ,x_{i-1})M} の零因子でない。 R を局所環とし、その極イデアルを m とする。すると、M の深さは m における任意の極大正則列 x i {\displaystyle x_{i}} の長さの上限である。 depth ⁡ M ≤ dim ⁡ R {\displaystyle \operatorname {depth} M\leq \operatorname {dim} R} であることを(例え帰納法によって)示すのは容易である。R の深さが次元に等しいとき、R はコーエン・マコーレー環呼ばれる命題depth ⁡ M = sup { n | Ext R i ⁡ ( k , M ) = 0 , i < n . } {\displaystyle \operatorname {depth} M=\sup\{n|\operatorname {Ext} _{R}^{i}(k,M)=0,i<n.\}} AuslanderBuchsbaum formula深さと射影次元関係づける定理 ― M をネーター局所環 R 上有限加群であるとする。 pd R ⁡ M < ∞ {\displaystyle \operatorname {pd} _{R}M<\infty } であればpd RM + depth ⁡ M = depthR . {\displaystyle \operatorname {pd} _{R}M+\operatorname {depth} M=\operatorname {depth} R.}

※この「深さ」の解説は、「次元論 (代数学)」の解説の一部です。
「深さ」を含む「次元論 (代数学)」の記事については、「次元論 (代数学)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「深さ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

深さ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 05:08 UTC 版)

和語の漢字表記

(ふかさ)

  1. ふかさ 参照

「深さ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「深さ」の関連用語

深さのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



深さのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの船体 (改訂履歴)、大日本帝国海軍艦艇要目解説 (改訂履歴)、次元論 (代数学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの深さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS