奥行きとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 奥行きの意味・解説 

奥行き

物体正面手前から奥にかけての寸法奥行。幅や高さと共に扱われる。

おく‐ゆき【奥行(き)】

家屋地所などの、表から奥までの距離。「奥行きのある庭」⇔間口(まぐち)。

知識思慮人柄などの奥深さ。深み。「奥行きがある作風


おく‐ゆき【奥行】

〔名〕

家屋地所などの、表から奥までの距離。⇔間口(まぐち)。

御府内備考(1829)一八誓願寺前門〈略〉髪結床番間口八尺七寸奥行間八寸」

知識思慮、人がら、作品の趣などの深さ

浮世草子好色貝合(1687)下「この返答にて、すはや、おくゆき見えすいたり」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奥行き」の関連用語

奥行きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奥行きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS