フィートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > フィートの意味・解説 

feet

別表記:フィート

「feet」の意味

「feet」は、英語で「足」を意味する名詞foot」の複数形である。通常人間動物の足の部分を指すが、長さの単位としても使用されるまた、基盤」や「土台」といった意味で使われることもある。

「feet」の発音・読み方

「feet」の発音は、IPA表記では /fiːt/ であり、IPAカタカナ読みでは「フィート」となる。日本人発音するカタカナ英語では「フィート」と読む。

「feet」の定義を英語で解説

Feet is the plural form of the noun "foot," which refers to the lower extremity of the leg in humans and animals. It can also be used as a unit of length, and sometimes to describe a foundation or base.

「feet」の類語

「feet」の類語として、「paws」(動物の足)、「legs」(脚)、「extremities」(手足)などが挙げられる。ただし、これらの単語それぞれ微妙に意味が異なるため、文脈に応じて適切なものを選ぶ必要がある

「feet」に関連する用語・表現

「feet」に関連する用語表現には、「footprint」(足跡)、「footstep」(足音)、「footwear」(履物)、「footloose」(自由奔放な)、「foot the bill」(支払い負担する)などがある。

「feet」の例文

1. She has small feet.(彼女は足が小さい)
2. The building is 300 feet tall.(その建物300フィートの高さがある)
3. The cat's feet are covered in mud.(の足は泥で覆われている)
4. The table stands on four feet.(そのテーブルは4本の足で立っている)
5. The mountain is 10,000 feet above sea level.(その山は海抜10,000フィートである)
6. The foundation of the house is built on solid feet.(その家の基盤しっかりとした足で建てられている)
7. The athlete has quick feet.(その選手足が速い
8. The baby took her first steps on wobbly feet.(その赤ちゃんふらつく足で初め歩いた
9. The dog has injured one of its feet.(そのは足のうちの1つ負傷している)
10. The bridge spans 100 feet across the river.(そのは川に100フィートの幅でかっている)

feat

別表記:フィート

「feat」とは、偉業功績手柄妙技芸当離れわざのことを意味する英語表現である。

「feat」とは・「feat」の意味

「feat」とは、偉業功績手柄妙技芸当離れわざ、といったことを意味する英語表現である。具体的には、「成し遂げるためには勇気優れた技術能力を必要とする行為」や「勇気優れた技術能力を示す行為業績」を意味する複数形は「s」を付けて「feats」。「巧妙なこぎれいな整った」という形容詞の意味使われることもある。語尾に-lyをつけて副詞にすると、適切に・ぴったりと・巧みに手際よく・きちんと・こぎれいに、といった意味になる。発音記号は「fíːt」でフィートと読む。末尾の「t」は子音なので、読み方は「to=ト」ではなく母音入れずに「t=トゥッ」と短く発音する同じく「フィート」と発音する単語に「feet」があるが、これは「foot(足)」の複数形である。fとtの間の2文字が「eaではなくeeになっているので注意が必要。「フィート(feet)」は長さの単位でもある。

注意すべきは、「feat」の末尾に「.(ピリオド)」が付いている場合で、別の単語featuring」の略になる。「featuring」は「feature」の現在分詞で「特定の人物事柄などを特色として際立たせること」を意味する。「フィート」とは読まず、必ず「フィーチャリング」と読む。音楽番組などでfeat.~とあれば、~の部分アーティスト名がきて「客演ゲストの意味になる。映画で「featuring ~」とあれば、「~主演」を表す。省略形「ft.」「F/」も「featuring」のことである。

「feat」の語源・由来

「feat」の語源は「factus(した・行い)」である。古期フランス語fet行い)」、ラテン語の「factum(行い)」「factus(した)」「facio(行う)」に由来するmake作る)、do(する)の意味を持つことから「なされたこと」「立派な行為」を表す。「facio(行う)」を語源に持つほかの単語には、affect作用する)、defect欠陥)、effect効果)、facilitate容易にする)、facility施設)、faculty能力)、feasible実現可能な)などがある。

「feat」の類語

「feat」の類語には、accomplishment「業績実績偉業」、achievement「(特別な努力勇気才能により)達成したもの・業績」、act行為所業・しわざ」、attainment「(達成し得た偉業功績・(獲得し得た技能」、deed行為功績偉業」・exploit複数形~s)「英雄的行為偉業手柄」、performance遂行実行履行功績成果・(作品の)出来栄え」、enterprise「(重要または困難な事業仕事企画・(目的持った活動」、undertaking「(引き受けた仕事企て事業」などがある。

「feat」の使い方・例文

「feat」を使う表現には、feats of arms武功武勲)、acrobatic feats(軽わざ)、feat of agility(軽わざ)などがある。動詞とともに使う場合は、perform a feat(離れわざを演じる)、accomplish a feat (偉業達成する)、achieve a feat (偉業達成する手柄をたてる)などがある。featの意味強め形容詞とともに使われる表現としてamazing feat(驚くべき偉業)、considerable feat(かなりの功績)、difficult feat(難し芸当)、notable feat(特筆すべき功績)、remarkable feat(素晴らし業績)、extraordinary feat(並外れた偉業)などがある。このほかに、marvellous素晴らしい)、exhaustive徹底した)、outstanding並外れた)、magnificent素晴らしい)、heroic勇敢な)、impressive印象的な)などの強調的な形容詞とともに使われることが多い。

慣用句be no mean feat」の意味は、「至難の技である・見事である」などで、例えば、「Getting the job finished in under a week was no mean feat.(その仕事をわずか1週間仕上げるとは大したものだ)」のように使う。この場合meanは「取るに足らないささいな」を意味する。no great featを使った有名な言葉、「Being brilliant is no great feat if you respect nothing.」の意味は「あなたが何も尊重しないならば、優秀であることは立派なことではありません」となる。no small featは例えば、「It is no small feat to raise a child.(子どもを育てるのは並大抵のことではありません)」のように使う。

フィート【feet】【呎】


フィート

名前 Vieth

フィート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/29 18:01 UTC 版)

フィートフート計量法上の表記)またはフット(複: feet, 単: foot)は、ヤード・ポンド法における長さ単位である。様々な定義が存在したが、現在では「国際フィート」が最もよく用いられており、正確に 0.3048 mである[2]。1フィートは12インチであり、3フィートが1ヤードである。


注釈

  1. ^ この値は、英国のヤードの基準器である、`United Kingdom primary standard of the yard' (yard No 1) を1963年5月に測り直したときの値0.9143969 m の1/3の数値である。この基準器は1940年からの23年間で10-6だけ縮んでいる[8]。したがって1940年時点でのヤードは 0.9143978 m、フィートは 0.3047993 m と見積もられる。
  2. ^ 英語の文法では「5歳女児」を "five-year-old girl" と、前後をハイフンで結ぶ場合には "year" のような単位を単数形で書くルールがあり、同様に「身長6フィートの男性」は "six-foot-tall man" と表記するので、フィートの単数形に慣れていない日本人には分かりにくい。

出典

  1. ^ 計量単位令 別表第七e-Gov法令検索) 長さ、フート又はフィートの欄
  2. ^ 計量単位令 別表第七 項番1、長さの項(e-Gov法令検索) 長さ、フート又はフィートの欄およびヤードの欄 メートルの〇・九一四四倍
  3. ^ 例外(取引又は証明の使用が認められる場合)の節  1.ヤードポンド法による計量単位について 経済産業省産業技術環境局計量行政室
  4. ^ 計量単位令 別表第七e-Gov法令検索)項番1、長さ、フート又はフィート
  5. ^ JIS Z 8000-3:2014 量及び単位−第3部:空間及び時間、附属書B(参考)フート,ポンド及び秒を基本とする単位並びにその他の関連単位、p.17、kikakurui.com
  6. ^ 計量単位規則 別表第6e-Gov法令検索) 長さ、フート又はフィートの欄
  7. ^ 計量単位令 別表第2e-Gov法令検索) 「角度、分」の欄
  8. ^ The United Kingdom standards of the yard in terms of the metre P H Bigg and Pamela Anderton, British Journal of Applied Physics, Volume 15, Number 3, 1964
  9. ^ a b A. Thompson and B. N. Taylor, "The NIST Guide to the SI" B.6 U.S. survey foot and mile
  10. ^ Louis E. Barbrow and Lewis V. Judson, "Weights and Measures Standards of the United States A brief history" (PDF) , 1976, Appendix 5. The United States Yard and Pound, Refinement of Values for the Yard and the Pound, pp30-31.
  11. ^ 計量法 附則第5条:「(ヤードポンド法による計量単位) 第五条  ヤードポンド法による計量単位及びその定義は、政令で定める。 2 前項の政令で定めるヤードポンド法による計量単位は、次に掲げる取引又は証明に用いる場合にあっては、当分の間、法定計量単位とみなす。 一  航空機の運航に関する取引又は証明その他の航空に関する取引又は証明であって政令で定めるもの 二  その物象の状態の量が前項の政令で定めるヤードポンド法による計量単位により表記されて輸入された商品であって政令で定めるものに係る取引又は証明」 - e-Gov法令検索
  12. ^ 計量単位令 別表第7e-Gov法令検索) 項番1 長さ(ヤード、インチ、フート又はフィート、チェーン、マイル)
  13. ^ Two Right Feet? U.S. Survey Feet vs. International Survey Feet National Geodeitic Survey
  14. ^ The U.S. Metric Law of 1866 (PDF) 第2ページ、「MEASURES OF LENGTH.」の表、Meterの欄
  15. ^ NGS and NIST to Retire U.S. Survey Foot after 2022”. National Geodetic Survey (2019年10月31日). 2020年7月8日閲覧。
  16. ^ U.S. Survey Foot: Revised Unit Conversion Factors”. NIST (2019年10月16日). 2020年7月8日閲覧。
  17. ^ PUTTING THE BEST “FOOT” FORWARD: ENDING THE ERA OF THE U.S. SURVEY FOOT (1959 TO 2022) U.S. SURVEY FOOT, NIST
  18. ^ Deprecation of the United States (U.S.) Survey Foot” (英語). 連邦官報 (85 FR 62698) (2020年10月5日). 2021年2月24日閲覧。
  19. ^ Delayed Release of the Modernized NSRS National Geodetic Survey
  20. ^ NGS Announces Plans for the Modernized NSRS, National Geodetic Survey, 2022-08-07
  21. ^ NSRS Modernization News, Issue 29 July 2022 Decisions and Timelines, National Geodeitic Survey
  22. ^ The Standards of Weight and Measures Act, 1976 The Schedule (最後の2ページ), For Survey of India only, 1 foot = 0.3047996 metre, 1976-04-08
  23. ^ 計量法 附則 5条2項1号
  24. ^ 計量単位令9条
  25. ^ 質問と回答
  26. ^ 2020 Official Basketball Rules Basketball Equipment, Valid as of 1 October 2020, FIBA
  27. ^ official rules2021-22 NBA, p.8


「フィート」の続きの解説一覧

フィート(foot, feet)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 06:13 UTC 版)

イギリス単位」の記事における「フィート(foot, feet)」の解説

アングロ・サクソン侵攻前は、11.65インチ (296 mm)のローマフィートが使われていた。アングロ・サクソン侵攻後は、13.2インチ (335 mm)の北ドイツのフィートが使われた。これは4パーム12サム相当する建設業では引き続きローマフィートを使用した13世紀末に、アングロ・サクソンのフィートの1011等しい、304.8 mm現在のフィートが導入された。

※この「フィート(foot, feet)」の解説は、「イギリス単位」の解説の一部です。
「フィート(foot, feet)」を含む「イギリス単位」の記事については、「イギリス単位」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フィート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フィート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィート」の関連用語

フィートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フィートのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイギリス単位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS