所業とは? わかりやすく解説

しょ‐ぎょう〔‐ゲフ|‐ギヤウ〕【所業/所行】

読み方:しょぎょう

行い。しわざ。多く好ましくないことにいう。「許しがたい—」


所業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/22 05:04 UTC 版)

ラールダーイ」の記事における「所業」の解説

彼が犯した非法行為は非常に多く、これが元で釈迦仏多くの戒律制定されたと伝えられるしたがって、それらをすべて列挙できないので、その中からいくつかの例挙げてここに紹介する在家到り、吉の時に不吉な偈を読誦し、不吉な時に吉な偈を誦して、このことを仏に叱られ彼の本生譚として、昔、Aggidattaというバラモンにて言うべき所にその語を誤り子供のSomadattaに救われた、と明かされた。 人々舎利弗目連説法賞賛するのを聞き彼は「我の説法聞けば如何に賞賛するであろうか」といって、皆を高座上らせたが、一句聞かず、仏はこれを知り、糞に塗れた豚に比して彼を叱ったという。 Pasuuraという遊行者が、舎利弗論破せられて後、ウダーイ相好堂々たる見て大智慧を持つ人と誤解し彼について出家したが、後に彼の愚かさ知り、また慢心生じて仏に議論挑まんとした。 舎利弗が「涅槃楽しい」と言ったのを聞き、それを詰問した。また舎利弗が「三学具足し想受滅定を得ずとも、団食天を越えて意成天に生まれる」と言ったのを、何度も否定し仏より叱責された。 多く邪淫を持つ人で、盛んに手淫をなし他の比丘にも唆した。仏はその為第一僧残制定。また女性自室入れ、その身を触れ快楽得て第二僧残制定同じく女性自室入れ淫語語りその為第三僧残制定、淫を以って供養第一女に告げ第四僧残など、多くの邪淫戒について制定された。 好まず射殺し、その首を切って(くい)に刺し、仏は「畜生の命を故意に奪うのは波逸提なり」と戒を制定される夕暮れに托鉢し一人妊婦彼の姿を見て驚き流産した。仏は為に非時托鉢禁じた

※この「所業」の解説は、「ラールダーイ」の解説の一部です。
「所業」を含む「ラールダーイ」の記事については、「ラールダーイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「所業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「所業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

所業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



所業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラールダーイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS