200とは? わかりやすく解説

200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 04:49 UTC 版)

200二百二〇〇、にひゃく、ふたひゃく、ふたもも)は、自然数または整数において、199の次で201の前の数である。




「200」の続きの解説一覧

200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:20 UTC 版)

阪急電鉄の貨車」の記事における「200」の解説

1947年京阪線から移籍した有蓋電動貨車で、100型1381930年有蓋電動貨車化したもの。京阪時代車番2001であった1950年宝塚線火災事故遭い車体半焼1952年廃車された。

※この「200」の解説は、「阪急電鉄の貨車」の解説の一部です。
「200」を含む「阪急電鉄の貨車」の記事については、「阪急電鉄の貨車」の概要を参照ください。


200(確率4/20)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/08 06:26 UTC 版)

マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」の記事における「200(確率4/20)」の解説

メダル200払い出し

※この「200(確率4/20)」の解説は、「マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」の解説の一部です。
「200(確率4/20)」を含む「マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」の記事については、「マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」の概要を参照ください。


-200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 00:50 UTC 版)

デ・ハビランド・カナダ DHC-6」の記事における「-200」の解説

機首および後部の手荷物区画拡張115生産

※この「-200」の解説は、「デ・ハビランド・カナダ DHC-6」の解説の一部です。
「-200」を含む「デ・ハビランド・カナダ DHC-6」の記事については、「デ・ハビランド・カナダ DHC-6」の概要を参照ください。


2.00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 22:21 UTC 版)

MS 明朝」の記事における「2.00」の解説

Windows 95標準搭載されているバージョン1995年)。「MS P明朝」が追加された。 基本的にJIS90の字体であるが、「叉」や「釜」などの筆押さえは無い字形採用しており、「燿」が人名用漢字の字体とは異なJIS78字形旧字体になっているU+663B(昻、本来は日の下に卭)は、Microsoftコードページ932で0xFAD0に対応しているため、U+6602(昂、日の下に.mw-parser-output .jis2004font{font-family:"源ノ角ゴシック JP Normal","源ノ角ゴシック JP","Source Han Sans Normal","Source Han Sans","NotoSansJP-DemiLight","Noto Sans CJK JP DemiLight","ヒラギノ角ゴ ProN W3","ヒラギノ角ゴ ProN","Hiragino Kaku Gothic ProN","メイリオ",Meiryo,"新ゴ Pr6N R","A-OTF 新ゴ Pr6N R","小塚ゴシック Pr6N M","IPAexゴシック","Takaoゴシック","XANO明朝U32","XANO明朝","和田中丸ゴシック2004絵文字","和田中丸ゴシック2004ARIB","和田中丸ゴシック2004P4","和田研細丸ゴシック2004絵文字","和田研細丸ゴシック2004ARIB","和田研細丸ゴシック2004P4","和田研細丸ゴシックProN",YOzFont04,"IPA Pゴシック","Yu Gothic UI","Meiryo UI","MS Pゴシック";font-feature-settings:"jp04"1}卬)と同じ字形になっているMicrosoftコードページ932対応するため、Unicode符号Unicode Consortium配布されている変換表異なものがある。たとえばJIS1区33点の波ダッシュU+301CでなくU+FF5E、1区29点のEMダッシュU+2014でなくU+2015となっている。 U+005Cは本来バックスラッシュであるが、このコードポイントJIS X 0201の0x5Cに対応する円記号になっている

※この「2.00」の解説は、「MS 明朝」の解説の一部です。
「2.00」を含む「MS 明朝」の記事については、「MS 明朝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「200」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「200」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「200」に関係したコラム

  • 日本国内のFX業者の法人向けレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者の法人向けレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は個人の場合、「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍までに規制されています。

  • FXのスワップポイントによる損益のシミュレーション

    FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントは、通貨ペアの金利差による利息のことで、半年から1年、2年と長期間保有すればスワップポイントのみで大きな利益を得ることができます。為替レートが値下がりして損...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で表示できる通貨ペア以外のレートは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、外国為替市場で取引される通貨ペア以外のチャートも表示できます。以下はそのリストです。なお、MT4のダウンロード先...

  • CFDの株価指数と為替との関係

    CFDの株価指数には、日経平均株価(日経225)指数やS&P500種株価指数、イギリス100種株価指数などがあります。これらの株価指数の値動きと為替レートの値動きは連動している場合が多いようです。CF...

  • 海外のFX業者一覧

    海外のFX業者とは、日本に現地法人を設立していないFX業者のことです。海外のFX業者と日本国内のFX業者との大きな違いは、日本国内の法律が適用されるかどうかです。日本国内のFX業者の場合は「金融商品取...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

200のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



200のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの200 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの阪急電鉄の貨車 (改訂履歴)、マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー (改訂履歴)、デ・ハビランド・カナダ DHC-6 (改訂履歴)、MS 明朝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS