教科とは? わかりやすく解説

きょう‐か〔ケウクワ〕【教科】


教科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 17:13 UTC 版)

教科(きょうか)とは、知識技術、または、技能経験リテラシーなどが組織的に編成されたもののことである。


  1. ^ a b c d 安彦忠彦「学校教育における「教科」の本質と役割」『学校教育研究』第24巻、日本学校教育学会、2009年、 20-31頁。
  2. ^ a b 二宮晧『世界の学校〜教育制度から日常の学校風景まで』2006年、35頁
  3. ^ a b 二宮晧『世界の学校〜教育制度から日常の学校風景まで』2006年、45-46頁


「教科」の続きの解説一覧

教科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/19 02:52 UTC 版)

上海アメリカンスクール」の記事における「教科」の解説

Middle School中等部Grade 6 - 8の場合 - 日本の小学6年生 - 中学2年生に相当Mathmatics(算数数学Science理科Humanities社会Music音楽Physical Exercise体育Health保健Art芸術図画工作Foreign Language外国語 - 英語以外で、中国語スペイン語フランス語ドイツ語、等から選択日本語はない)

※この「教科」の解説は、「上海アメリカンスクール」の解説の一部です。
「教科」を含む「上海アメリカンスクール」の記事については、「上海アメリカンスクール」の概要を参照ください。


教科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:11 UTC 版)

国民学校」の記事における「教科」の解説

上記の資質内容に基づいて国民科理数科体錬科・芸能科(以上4教科は初等科高等科共通)・実業科高等科のみ)の5教科に分類された。

※この「教科」の解説は、「国民学校」の解説の一部です。
「教科」を含む「国民学校」の記事については、「国民学校」の概要を参照ください。


教科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 07:21 UTC 版)

私塾」の記事における「教科」の解説

私塾教え書物啓蒙書からはじめて、段階的に高度な書へと進む。中国における一般的な順序は、以下の通り。 『三字経』 『百家姓』 『雑字(中国語版)』 『千字文四書(『論語』、『孟子』、『大学』、『中庸』) 五経一部(『詩経』、『書経』、『礼記』、『春秋左氏伝』場合によっては以降のような書を読むこともあった。 『神童詩』- 科挙試験合格重要性説いた五言韻文朱子家訓』- 儒教道徳説いた対句弟子規』- 儒教道徳説いた三言韻文女児経』- 女性道徳説いた韻文孝経』 『増広賢文』- ことわざ集 『幼学中国語版)』- 出典のある語を分野別対句形で並べたもの 『龍文鞭影』- 平水韻平声各韻ごとに出典のある語を四言の対句並べたもの 『笠翁対韻』『声律啓蒙』『訓蒙駢句』- 平水韻平声各韻ごとに語句並べたもの 『千家詩』- 唐宋絶句律詩集 『古文観止』- 時代別歴代古文また、世事応酬、すなわち実用的な契約冠婚葬祭文章を学ぶものもあった。

※この「教科」の解説は、「私塾」の解説の一部です。
「教科」を含む「私塾」の記事については、「私塾」の概要を参照ください。


教科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/01 14:02 UTC 版)

全国統一学力判定試験」の記事における「教科」の解説

社会地理歴史・公民60分(100点) 「社会総合問題(「現代社会」と「世界史B」)以外に日本史B]または「地理B」から選択問題出題される国語 60分100点) 「国語総合」に「国語表現I」を加えた出題範囲とする。 英語(外国語60分(100点) 「英語I」を加えた出題範囲とする。なお、リスニングテスト課さない。 数学 60分100点数学I数学A総合した出題範囲とする。 理科 60分100点) 「理科」の総合問題(「理科総合A」及び「理科総合B」を基本しながら中学まで学習内容中心とする以外に物理I」または「化学I」または「生物I」または「地学I」から選択問題出題される

※この「教科」の解説は、「全国統一学力判定試験」の解説の一部です。
「教科」を含む「全国統一学力判定試験」の記事については、「全国統一学力判定試験」の概要を参照ください。


教科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 05:49 UTC 版)

アボンデールカレッジ」の記事における「教科」の解説

「英語と数学の2教科が必修で、それらを除く3教科を自由に選択できる」という場合が多い。以下、Avondale College内で配布されパンフレットACADEMIC PROGRAMME」の2021年版に記載されたYear12で選択できる教科を示す。(アルファベット順。AS、Core、IGCSEの選択肢あるものそれぞれ「ASも」「Coreも」「IGCSEも」の形で示した。) Accounting (ASも) Automotive Engineering Biology (ASも) Business Studies (ASも) Carpentry Chemistry (ASも) Classical Studies Dance Design and Visual Communication Drama Early Childhood Education Economics Employment Skills English (ASも) ESOL (English for Speakers of Other Languagesの略) Food Technology French (ASも) Geography (AS、Coreも) History (ASも) Horticultural Science Hospitality and Catering Innovation Programme (ASも) Japanese (IGCSEも) Law (ASのみ) Maori Mathematics (ASも) Mathematics & Statistics (Coreも) Mathematics (Financial) Mathematical Engineering Media Studies Music (ASも) Music Technology Outdoor Education Physical Education (Sports Advantage) Physical Education Physics (ASも) Product Development Psychology (ASも) Samoan Sports Leadership Science Spanish (ASも) Travel and Tourism Visual Art Painting Visual Art Design Visual Art Photography

※この「教科」の解説は、「アボンデールカレッジ」の解説の一部です。
「教科」を含む「アボンデールカレッジ」の記事については、「アボンデールカレッジ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「教科」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

教科

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:59 UTC 版)

名詞

 きょうか

  1. 学校教育で、教育課程に基づいて学問内容的に共通する分野ごとに学習内容区分けしたもの。

発音(?)

きょ↘ーか

類義語

翻訳

下位語

関連語


「教科」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

教科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教科のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの上海アメリカンスクール (改訂履歴)、国民学校 (改訂履歴)、私塾 (改訂履歴)、全国統一学力判定試験 (改訂履歴)、アボンデールカレッジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの教科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS