特別支援学校とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 日本標準産業分類 > 特別支援学校の意味・解説 

特別支援学校


特別支援学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 01:54 UTC 版)

特別支援学校(とくべつしえんがっこう)とは、障がい者等が「幼稚園小学校中学校高等学校に準じた教育を受けること」と「学習上または生活上の困難を克服し自立が図られること」を目的とした日本学校である。




  1. ^ 児童養護施設とは異なる。
  2. ^ 京都市は除く。
  3. ^ 公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律(昭和33年法律第106号)、公立高等学校の適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律(昭和36年法律第188号)など
  4. ^ 学校教育法第74条
  5. ^ 視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱・情緒障害
  6. ^ 文部科学省では学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、高機能自閉症等を総称して「発達障害」と定義している。文部科学省ホームページ - 「発達障害」の用語の使用について
  7. ^ しかし、地域のセンター的な機能を人員の配置が不十分なままに求めているとの指摘がある。
  8. ^ ただし、発達障害に起因する精神疾患をもよおしている場合は、身体虚弱を含めた病弱という扱いは可能。
  9. ^ 2014年8月9日23時NHKEテレ放送ETV特集「戦闘配置されず肢体不自由児の学童疎開」
  10. ^ 統合教育を参照。
  11. ^ 事前・事後指導のシラバス事例を参照
  12. ^ 学校教員統計調査(文部科学省)
  13. ^ 横浜市立盲特別支援学校、神戸市立盲学校を除く。
  14. ^ 2008年12月22日のNHKニュースウオッチ9で寄宿舎の現状が紹介された。
  15. ^ 文部科学統計要覧平成19年版 なお、2004年当時の「盲・聾・養護学校」は現行の「特別支援学校」に相当する。
  16. ^ 1学級当たりの定員が少なく、複数の教員が担任を務めることに加え、介助職員、送迎バスの運転手等普通学校にはない職務が多く存在する。また、在籍生徒数が同規模の普通学校に比べ、事務職員も多い。知的障害者の特別支援学校の場合、生徒と職員の比率は2〜1.5:1程度、聴覚障害者の特別支援学校の場合はほぼ1:1である。普通学校の場合、よほどの小規模校でない限りは10以上:1になる。
  17. ^ 関係法令が改正され、3階以上に教室を設置することが可能となったが、校舎が2階建て以下である学校は少なくない。
  18. ^ 文部科学統計要覧平成19年版
  19. ^ 「学校教育法等の一部を改正する法律を踏まえた盲・聾・養護学校の校名変更状況調査」文部科学省 [1]
  20. ^ 聾学校校名改称反対署名運動展開について
  21. ^ 現在は3年
  22. ^ 高等学校の授業についていけず、知的障害者を対象としている特別支援学校の高等部に転学を希望するケースも稀ながらあるが、これについても受け入れが困難な場合があり、結局は一般の高等学校、特に定時制通信制に通学することになる。この場合、特別支援教育を受けることはほとんどできない。
  23. ^ 肢体不自由児重症心身障害児の双方に対応。
  24. ^ 肢体不自由児に対応。
  25. ^ 知的障害児に対応。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特別支援学校」の関連用語

特別支援学校のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



特別支援学校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
総務省総務省
Copyright(c)2019 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特別支援学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS