女子高とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 女子高の意味・解説 

じょし‐こう〔ヂヨシカウ〕【女子高】

読み方:じょしこう

《「女子高等学校」の略》生徒女子限定する高等学校


男女別学

(女子高 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/22 00:37 UTC 版)

男女別学(だんじょべつがく、: Single-sex education)は、学校教育などにおいて、男子女子が別々の場所(学校校舎教室)で学ぶこと[1]対義語は「男女共学[1]。一方の性別の生徒のみを教育する学校(男女別学校)のうち、男子のみが通う学校を『男子校』と、女子のみが通う学校を『女子校』と呼ぶ[2]


注釈

  1. ^ 対となる「男女共学」は、同一の学校・学級において「同一の教育課程で」学ぶことを意味する[3][4][5][6]
  2. ^ 「女子が大学に入学できない」[1]、「性別役割分業観による教育が制度化されている」[7]、「女子の修業年限が男子よりも短い」[8]、など。
  3. ^ 特に小学校は数が少ない。
    日本の男女別学校一覧」も参照
  4. ^ 学生数は5万であり、学生寮は1万2千人が収容でき、学内にはモノレールが走っている[13]。なお、日本人の留学生もいた[14]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 百科事典マイペディア男女別学』 - コトバンク
  2. ^ a b デジタル大辞泉別学』 - コトバンク
  3. ^ a b c d e ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『男女共学』 - コトバンク
  4. ^ a b c 百科事典マイペディア『男女共学』 - コトバンク
  5. ^ a b c d 世界大百科事典 第2版『男女共学』 - コトバンク
  6. ^ a b c d e f g h i j 日本大百科全書(ニッポニカ)『男女共学』 - コトバンク
  7. ^ a b c d e f 日本大百科全書(ニッポニカ)『良妻賢母主義』 - コトバンク
  8. ^ a b c d e 第5条 (男女共学)”. 昭和22年教育基本法制定時の規定の概要. 文部科学省. 2021年4月17日閲覧。
  9. ^ a b c 三 明治初期の女子教育”. 学制百年史. 文部科学省. 2021年4月17日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 概説”. 学制百年史. 文部科学省. 2021年4月17日閲覧。
  11. ^ a b c d 三 新制高等学校の発足”. 学制百年史. 文部科学省. 2021年4月17日閲覧。
  12. ^ “世界最大規模の女子大開校 サウジアラビアに、学生5万人”. 日本経済新聞. (2011年5月17日). オリジナルの2021年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/2021.04.25-211238/https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1700D_X10C11A5CR0000 2021年3月16日閲覧。 
  13. ^ 謎の大国サウジアラビア…急接近するニッポン”. 日経スペシャル 未来世紀ジパング : 沸騰現場の経済学. テレビ紹介情報. 価格.com (2012年8月13日). 2021年3月16日閲覧。
  14. ^ サイード (2012年10月4日). “プリンセス・ヌーラ女子大学に初の日本人女子留学生”. サイードのモーリタニア・サウジアラビア日記. Seesaaブログ. 2021年3月16日閲覧。
  15. ^ 女子高の運動会は「違法」 サウジ教育省が調査”. 産経新聞共同通信社配信記事) (2010年12月26日). 2011年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月17日閲覧。


「男女別学」の続きの解説一覧

「女子高」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

女子高のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女子高のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男女別学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS