看護師とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 看護師の意味・解説 

かんご‐し【看護師】

読み方:かんごし

傷病者看護および療養上の世話医師診療補助職業とする者。国家試験に合格し、厚生労働大臣免許を受けた者。

[補説] 平成14年20023月施行の保健婦助産婦看護婦法一部改正する法律」により、それまで使用されていた「看護婦女性)」「看護士男性)」から、男女区別のない現名称へ変更された。また同法では「准看護婦」から「准看護師」、「保健婦」から「保健師」、「助産婦」から「助産師」への変更規定されている。


看護師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/14 17:22 UTC 版)

看護師(かんごし、英語: nurse)は、傷病者看護および療養上の世話、医師の診療補助を職業とする、コメディカルスタッフ法律で定めた一定の資格を有する者[1][注釈 1]。患者達のヘルスケアに焦点を当て、彼らの健康および生活の質を維持または回復させうる職務に従事している。看護師は、患者ケアのアプローチやその実践範囲 (Scope of practice養成制度の観点から医師とは区別されうる医療従事者である。


注釈

  1. ^ 日本の場合、看護師は保健師助産師看護師法に基づく国家資格で厚生労働大臣免許を受けた者。詳細は日本の看護師を参照。
  2. ^ 具体的には、ベナンブルキナファソカメルーンチャドコンゴ共和国コンゴ民主共和国コートジボワールジブチギニアガボンマリモーリタニアニジェールルワンダセネガルトーゴなどの国々。
  3. ^ 米国では、国家資格を有さないUAP(en:Unlicensed assistive personnel)と呼ばれる人達がADL支援を担当する。日本では、民間資格のサービス介助士[54]がこれに相当する(混同されやすいが、日本の介護福祉士は国家資格)。
  4. ^ 特定の健康事業や健康目的のために、政治的な公約や支援、社会組織からの受容および制度的支援を勝ち取る活動をすること[62]
  5. ^ 患者の権利を擁護する「患者相談窓口」にあたる活動。一部の病院では患者アドボカシー室(患者相談室)を設置しており、そこで打ち明けられた患者の悩み事等を関係部署に伝えることで職場改善につなげている[63]
  6. ^ 定訳不明。千葉大学の紀要でも英名のまま表記されている[95]。他に"practice education facilitator"(教育実践ファシリテーター)とも呼ばれている。
  7. ^ イギリスでは看護師になるための国家試験が実施されておらず、規定の看護教育を修了すれば看護助産評議会(NMC)に看護師として登録する資格を取得できる[96]

出典

  1. ^ コトバンク「看護師」精選版 日本国語大辞典、デジタル大辞泉の解説より。
  2. ^ Maymoun N., Sohail M.S. Who Wants to Be a Nurse? Understanding Emirati Female Students' Knowledge and Attitudes about Nursing as a Career. Nurs. Educ. Persp.. 2020;41(3):E14-E19. doi:10.1097/01.NEP.0000000000000659
  3. ^ Fort, A. L., Deussom, R., Burlew, R., Gilroy, K., & Nelson, D. (2017). The Human Re-sources for Health Effort Index: A tool to assess and inform strategic healthworkforce investments.Human Resources for Health,15(1), 47
  4. ^ Haczyński, J., Ryć, K.,Skrzypczak, Z., & Suchecka, J. (2017). Nurses in Poland-Immediate action needed.Engineering Management in Production and Services,9(2), 97-104
  5. ^ 日本看護協会看護職の役割拡大の推進と人材育成」2021年10月10日閲覧。
  6. ^ Coulehan J. L., Block M. R. (2005): The Medical Interview: Mastering skills for clinical practice, 5th Ed. F. A. Davis. 0-8036-1246-X. OCLC 232304023.
  7. ^ Dunphy L. M., Winland-Brown J. E. (2011): Primary care: The art and science of advanced practice nursing. F.A. Davis. 9780803626478.
  8. ^ O'Lynn, CE (2007). “History of men in nursing: a review”. In O'Lynn, CE; Tranbarger, RE. Men in Nursing: History, Challenges, and Opportunities. New York: Springer Pub.. pp. 6-8. ISBN 9780826103499 
  9. ^ Levine, EB; Levine, ME (1965). “Hippocrates, father of nursing, too?”. The American Journal of Nursing 65 (12): 86-8. doi:10.1097/00000446-196512000-00022. PMID 5319739. 
  10. ^ Bloy, M. “Florence Nightingale (1820-1910)”. The Victorian Web. 2014年11月24日閲覧。
  11. ^ Ferngren, GB (2009). Medicine & health care in early Christianity. Baltimore: Johns Hopkins University Press. p. 121. ISBN 9780801895227 
  12. ^ Sachedina, Abdulaziz (2009). Islamic biomedical ethics: principles and application. Oxford: Oxford University Press. pp. 93-94. ISBN 9780195378504. https://archive.org/details/islamicbiomedica00sach_109 
  13. ^ de Bary, WT, ed (2011). The Buddhist tradition in India, China & Japan (Unabridged. ed.). New York: Vintage eBooks. pp. 35?36. ISBN 9780307778796 
  14. ^ Egenes, KJ (2009). “History of nursing”. In Halstead, J; Roux, G. Issues and Trends in Nursing: Essential Knowledge for Today and Tomorrow. Sudbury, MA: Jones and Bartlett. p. 2. ISBN 9780763752255. https://archive.org/details/issuestrendsinnu0000unse/page/2 
  15. ^ Striepe, JM (1992). “Reclaiming the church's healing role”. Journal of Christian Nursing 10 (1): 4-7. doi:10.1097/00005217-199310010-00002. PMID 8418284. 
  16. ^ Wand, T (January 2004). “The 'Sister' title: past the use by date?”. Collegian 11 (1): 35-39. doi:10.1016/S1322-7696(08)60442-4. 
  17. ^ Leonard, AE (2008). “Female religious orders”. In Hsia, RP. A Companion to the Reformation World (1st paperback ed.). Oxford: Blackwell Publishers. p. 244. ISBN 978-1405149624 
  18. ^ Lundy, KS (2014). “A history of health care and nursing”. In Masters, K. Role Development in Professional Nursing Practice (3rd ed.). Burlington, MA: Jones & Bartlett Learning. pp. 11?12. ISBN 9781449681982 
  19. ^ Professional Nursing Practice: Concepts and perspective, Koernig & Hayes, sixth edition, 2011, p.100, 978-0-13-508090-0
  20. ^ Russian Sisters of Mercy in the Crimea, 1854-1855
  21. ^ Winkel, W (2009). “Florence Nightingale”. Epidemiology 20 (2): 311. doi:10.1097/EDE.0b013e3181935ad6. PMID 19234417. 
  22. ^ Quinn, Shawna M. (2010). Agnes Warner and the Nursing Sisters of the Great War. Goose Lane editions and the New Brunswick Military Heritage Project. ISBN 978-0-86492-633-3. オリジナルの24 September 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924023052/http://www.gooselane.com/media/741.pdf 2014年11月29日閲覧。 
  23. ^ Bostridge, Mark (2017年10月26日). “Florence Nightingale: the Lady with the Lamp”. BBC. https://www.bbc.co.uk/history/british/victorians/nightingale_01.shtml 
  24. ^ 飯田武郎訳『メアリー・シーコール自伝』彩流社、2017年6月7日
  25. ^ Moira Ferguson, Nine Black Women (London: Routledge, 1998), p. 68.
  26. ^ Mother Marianne becomes an American saint. CNN. Retrieved 28 July 2013.
  27. ^ Dromi, Shai M. (2020). Above the fray : the Red Cross and the making of the humanitarian NGO sector. Chicago: University of Chicago Press. p. 93-101. ISBN 9780226680248. https://press.uchicago.edu/ucp/books/book/chicago/A/bo46479924.html 2021年6月27日閲覧。 
  28. ^ Naumann, CD (2008). In the footsteps of Phoebe: a Complete History of the Deaconess Movement in the Lutheran Church?Missouri Synod. St. Louis, MO: Concordia Pub. House. p. 4. ISBN 9780758608314 
  29. ^ Blackmore, H, ed (2007). The Beginning of Women's Ministry: the Revival of the Deaconess in the Nineteenth-century Church of England. Woodbridge: Boydell Press. ISBN 978-1-84383-308-6. https://books.google.com/books?id=8LQxO03zXygC&pg=PA131 
  30. ^ Our History”. British Army Website. 2011年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月31日閲覧。
  31. ^ History of the School of Nursing”. University of Maryland School of Nursing. 2016年1月19日閲覧。
  32. ^ Chin, PL; Kramer, MK (2008). Integrated Theory and Knowledge Development in Nursing (7th ed.). St. Louis: Mosby Elsevier. pp. 33-34. ISBN 9780323052702. https://archive.org/details/integratedtheory0000chin/page/33 
  33. ^ QA World War Two Nursing”. qaranc.co.uk. 2011年10月31日閲覧。
  34. ^ D'Ann Campbell, Women at War with America: Private Lives in a Patriotic Era (1984) ch 2
  35. ^ Philip A. Kalisch and Beatrice J. Kalisch, American Nursing: A History (4th ed. 2003)
  36. ^ Bronny Rebekah McFarland-Icky, Nurses in Nazi Germany (Princeton University Press, 1999)
  37. ^ Gordon Williamson, World War II German Women's Auxiliary Services (2003) pp 34-36
  38. ^ Alligood, MR (2013). “Introduction to nursing theory”. In Alligood, MR; Tomey, AM. Nursing Theorists and their Work (7th ed.). Maryland Heights, MO: Mosby/Elsevier. pp. 5-6. ISBN 9780323056410 
  39. ^ Total Number of Professionally Active Nurses, by Gender” (英語). kff.org. 2016年1月19日閲覧。
  40. ^ Distribution of Physicians by Gender” (英語). kff.org. 2016年1月19日閲覧。
  41. ^ International Council of Nurses Retrieved August 2007
  42. ^ a b c d 日本准看護士連絡協議会「これから准看護師を目指す人
  43. ^ 日本看護協会「看護職になるには」 2021年10月10日閲覧。
  44. ^ 5 Myths about Registered Nurses - Ameritech College of Healthcare”. Ameritech College of Healthcare. 2015年10月15日閲覧。
  45. ^ Registered Nurse (RN) Career and Job Information”. careerprofiles.info. 2015年10月15日閲覧。
  46. ^ State of the World's Nursing 2020”. World Health Organization. 2021年3月16日閲覧。
  47. ^ Patrick Sullivan (2001年6月12日). “Canada Medical Association Journal 12 June 2001; 164 (12)”. Cmaj.ca. 2013年9月4日閲覧。
  48. ^ 2000 National Sample Survey of Registered Nurses Archived 22 April 2011 at the Wayback Machine.
  49. ^ a b O'Lynn, Chad E.; Tranbarger, Russell E. (2006). Men in Nursing: History, Challenges, and Opportunities. Springer Publishing Company. p. 225. ISBN 978-0-8261-0349-9. https://books.google.com/books?id=-Ag7TqTyIC0C&pg=PA225 
  50. ^ Weintraub, Arlene (2002年6月3日). “Nursing: On the Critical List”. Business Week 
  51. ^ ナースぷらす「男性看護師の就業者数、10年間で倍増 厚生労働省の2018年衛生行政報告例マイナビ看護師、2019年9月27日
  52. ^ Men in Nursing Occupations”. Census.gov. American Community Survey (2013年2月). 2017年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月6日閲覧。
  53. ^ AACN Fact Sheet - Enhancing Diversity in the Nursing Workforce”. www.aacnnursing.org. 2021年9月24日閲覧。
  54. ^ 公益財団法人 日本ケアフィット共育機構「サービス介助士資格とは」2021年10月10日閲覧。
  55. ^ Taylor, C. R., Lillis, C., LeMone, P., Lynn, P. (2011) Fundamentals of nursing: The art and science of nursing care. Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins, page 735-736.
  56. ^ 厚生労働省「処方箋の交付等に関連する法令の規定」2021年10月30日閲覧。
  57. ^ 厚生労働省「看護師が行う診療の補助について」資料3、2009年8月、7頁
  58. ^ RCN factsheet on nurse prescribing in the UK”. rcn.org.uk. 2019年7月20日閲覧。
  59. ^ Taylor, C. R., Lillis, C., LeMone, P., Lynn, P. (2011) Fundamentals of nursing: The art and science of nursing care. Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins, page 468.
  60. ^ 一般社団法人 日本がん看護学会ホームページ、2021年10月10日閲覧。
  61. ^ 川崎市看護協会「看護職活躍の場所いろいろ
  62. ^ 江川賢一「ヘルスプロモーションのための人材育成:アドボカシー能力をいかに高めるか?」『日本健康教育学会誌』第25巻第1号、日本健康教育学会、2017年、 39-43頁、 doi:10.11260/kenkokyoiku.25.39ISSN 1340-2560NAID 130005398083 p=40より
  63. ^ 永澤成人「アドボカシー」看護roo! 用語辞典、2019年7月29日。
  64. ^ JOINT「介護施設への看護師の日雇い派遣を容認 首相「しっかり指導監督させる」」2021年3月9日
  65. ^ Schneider, John. "Healthcare advocacy experts aid workers." Miami Herald 31 August 2010
  66. ^ 藤岡陽子満天のゴール小学館、ISBN:9784093864800、2017年10月26日。
  67. ^ Buchanan, J. (2002). “Global nursing shortages”. BM 324 (7340): 751-2. doi:10.1136/bmj.324.7340.751. PMC 1122695. PMID 11923146. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1122695/. 
  68. ^ 看護roo!「アメリカの看護師の30%以上が「劣悪な労働環境」で働いている―看護師の過労の解決策は?」2015年1月31日
  69. ^ 厚生労働省「医療法に基づく人員配置標準について」2007年3月
  70. ^ a b c Alleviating Job Stress in Nurses”. NIOSH: Workplace Safety and Health. Medscape and NIOSH (2012年6月25日). 2021年10月10日閲覧。
  71. ^ Free On-line Violence Prevention Training for Nurses”. National Institute for Occupational Safety and Health (2013年8月12日). 2015年1月15日閲覧。
  72. ^ 看護roo!「患者・家族からのハラスメント対策を急げ」2019年5月2日
  73. ^ サイバーダイン意思を読み取り自立動作をサポート 福祉の現場で期待を集めるロボットスーツ HAL」2011年1月
  74. ^ ビジネス+IT「パワードスーツとは何か?6分類で理解する「人を強化する」ツールの基本」2019年1月4日
  75. ^ Interventions to prevent back pain and back injury in nurses: a systematic review
  76. ^ 東北医科薬科大学病院「用語集・リンク」に基づく訳語。
  77. ^ United States Department of Labor Bureau of Labor Statistics
  78. ^ The U.S. Nursing Workforce in 2018 and Beyond Journal of Nursing Regulation , Volume 8, Issue 4, S3 - S6
  79. ^ Bureau of Labor Statistics - Registered Nurses Archived 11 August 2012 at the Wayback Machine.
  80. ^ Haddad LM, Annamaraju P, Toney-Butler TJ (January 2020). Nursing Shortage. Stat Pearls. PMID 29630227. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK493175/ 2020年5月10日閲覧。. 
  81. ^ Rosseter, 2012.
  82. ^ FAQs: Contact Hours (CNE Credit)”. 2015年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月10日閲覧。
  83. ^ Continuing Education for Nurses and Medics”. NHI. 2017年12月10日閲覧。
  84. ^ American Nurses Association”. Nursingworld.org. 2011年8月21日閲覧。
  85. ^ National Healthcare Institute Continuing Education Requirements by Board of Nursing”. NHInstitute.com. 2012年2月14日閲覧。
  86. ^ American Nurses Credentialing Center. "ANCC Certification" Washington, D.C., American Nurses Association, 2006.
  87. ^ a b c d e f g Link text Archived 29 December 2011 at the Wayback Machine..
  88. ^ , Siantz, de Leon, M.L., Malv?rez, S., (31 May 2008) "Migration of Nurses: A Latin American Perspective" OJIN: The Online Journal of Issues in Nursing; Vol. 13 No. 2 Manuscript 2. 
  89. ^ Cassiani, Silvia Helena De Bortoli; Wilson, Lynda Law; Mikael, Sabrina de Souza Elias; Pe?a, Laura Mor?n; Grajales, Rosa Amarilis Zarate; McCreary, Linda L.; Theus, Lisa; Agudelo, Maria del Carmen Gutierrez et al. (2017), [Cassiani, S., Wilson, L. L., Mikael, S., Pe?a, L. M., Grajales, R., McCreary, L. L., Theus, L., Agudelo, M., Felix, A., Uriza, J. M., & Gutierrez, N. R. (2017). The situation of nursing education in Latin America and the Caribbean towards universal health. Revista latino-americana de enfermagem, 25, e2913. https://doi.org/10.1590/1518-8345.2232.2913 “The situation of nursing education in Latin America and the Caribbean towards universal health”], Revista Latino-Americana de Enfermagem 25: e2913, doi:10.1590/1518-8345.2232.2913, PMC 5466053, PMID 28513769, Cassiani, S., Wilson, L. L., Mikael, S., Pe?a, L. M., Grajales, R., McCreary, L. L., Theus, L., Agudelo, M., Felix, A., Uriza, J. M., & Gutierrez, N. R. (2017). The situation of nursing education in Latin America and the Caribbean towards universal health. Revista latino-americana de enfermagem, 25, e2913. https://doi.org/10.1590/1518-8345.2232.2913 
  90. ^ Pan American Health Organization. Strategy for universal access to health and universal health coverage. Washington, D.C.: OPS; 2014. http://www.paho.org/uhexchange/index.php/en/uhexchange-documents/technical-information/26-strategy-for-universal-access-to-health-and-universal-health-coverage/file
  91. ^ Regulated professions database - European Commission”. European Commission. 2017年12月10日閲覧。
  92. ^ United Kingdom Government Nurses, Midwives and Health Visitors Act, 1997. London: HMSO, 1997.
  93. ^ Jackson, Linda (2016年2月24日). “How revalidation will work for nurses and midwives”. The Guardian. https://www.theguardian.com/healthcare-network/2016/feb/24/revalidation-nurses-midwives-how-it-works 2016年10月8日閲覧。 
  94. ^ “NMC Revalidation to begin in April 2016” (英語). NursingNotes. (2015年10月16日). https://nursingnotes.co.uk/news/professional/nmc-revalidation-to-begin-in-april-2016/ 2017年6月1日閲覧。 
  95. ^ 黒田久美子, 清水安子, 田所良之「実践報告 英国におけるLecturer Practitionerの役割とシステムの現状」『千葉大学看護学部紀要』第28号、千葉大学看護学部、2006年3月、 45-49頁、 ISSN 03877272NAID 110004814424
  96. ^ 曽根志穂, 高井純子, 大木秀一「イギリスにおける看護師の教育制度の変遷と看護職の現状 (PDF) 」 『石川看護雑誌』第3巻第1号、石川県立看護大学、2005年、 95-102頁、 ISSN 13490664NAID 40007165132 p=97 より
  97. ^ Changes to pre-registration nursing programmes: FAQs | Nursing and Midwifery Council”. Nmc-uk.org (2010年4月20日). 2011年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月21日閲覧。
  98. ^ Post Registration Education and Practice (Prep) requirements for midwives | Nursing and Midwifery Council”. Nmc-uk.org. 2010年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月21日閲覧。
  99. ^ 四天王寺四箇院制度
  100. ^ 浄土宗大辞典「看病用心鈔」 2018年3月30日
  101. ^ 厚生労働統計協会「第3回 日本の医療制度の特徴は,その歴史から生まれた」2021年10月10日閲覧。
  102. ^ 石原 明「横浜軍陣病院のあと」『看護学雑誌』30巻3号、医学書院、1966年3月1日
  103. ^ 日本助産師会「あゆみ
  104. ^ 迫田千加子, 田村和恵, 佐々木秀美「戦前の広島県における看護婦養成の足跡 : 94歳の元看護婦が受けた教育を手がかりに」『看護学統合研究』第8巻第2号、呉大学看護学部、2007年3月、 1-11頁、 ISSN 13460692NAID 120005831595
  105. ^ 角田由佳「日本における看護婦政策の歴史的展開:経済学からの評価の試み」『医療と社会』第6巻第4号、医療科学研究所、1997年、 86-106頁、 doi:10.4091/iken1991.6.4_86ISSN 0916-9202NAID 130004700949 p=86 より
  106. ^ 野村陽子「保助看法の改正経緯」厚生労働省医政局、2009年、52-75頁。
  107. ^ コトバンク「看護師」日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より。
  108. ^ a b c d 日本看護協会看護職になるには」2021年10月10日閲覧。
  109. ^ a b c d 厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/18/dl/gaikyo.pdf 平成 30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況]」2019年9月4日、2頁
  110. ^ スタディサプリ「保健師リクルート、2021年10月30日閲覧。
  111. ^ ナース専科「助産師についてもっと知りたい!助産師の仕事を知るエス・エム・エス、2021年10月10日閲覧。
  112. ^ e-Gov法令検索保健師助産師看護師法」2018年6月27日改正。第三条「この法律において「助産師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じよく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子をいう」。
  113. ^ 日本赤十字社看護師養成の歴史」2021年10月10日閲覧。
  114. ^ a b 村田奈津江「戦後における看護大学創立の歴史的背景」『佛大社会学』第45号、佛教大学社会学研究会、2021年3月、 13-25頁、 ISSN 0385-9592NAID 120007019898
  115. ^ 一例として東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学研究科ウェブサイト「トップページ」、東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科ウェブサイト「トップページ」参照。
  116. ^ 神奈川県「看護教員になるには」2021年10月10日閲覧。
  117. ^ WorkinHR「働き方改革で変わる看護師の労働環境と課題に対する改善策」2020年5月29日
  118. ^ コメディカルドットコム「看護師って本当に高収入?給料にまつわるアレコレを徹底網羅!
  119. ^ Professional Nurse Salaries - International Comparison”. worldsalaries.org. 2018年2月25日閲覧。
  120. ^ a b c 内閣府「看護に関する世論調査」1993年1月5日
  121. ^ a b 日本看護協会「日本看護協会とは>事業案内
  122. ^ 日本医療労働組合連合会労連紹介>医労連とは?」2021年10月10日閲覧。
  123. ^ Internet Archive Wayback Machine” (2011年7月6日). 2010年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月31日閲覧。
  124. ^ Little Sisters of the Poor Oceania”. Littlesistersofthepoor.org.au. 2012年7月31日閲覧。
  125. ^ "But Westward Look" by author
  126. ^ Ralph, Nicholas; Birks, Melanie; Chapman, Ysanne (November 2013). “The accreditation of nursing education in Australia”. Collegian 22 (1): 3-7. doi:10.1016/j.colegn.2013.10.002. PMID 26285403. https://doi.org/10.1016/j.colegn.2013.10.002. 



看護師

出典:『Wiktionary』 (2021/06/27 13:31 UTC 版)

名詞

(かんごし)

  1. 患者療養上の世話をし、診療補助行う人。現在の日本では保健師助産師看護師法に基づいて前者は看護師が自律的に後者医師指示下に行う。

関連語

翻訳


「看護師」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

看護師のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



看護師のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(c)2022 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの看護師 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの看護師 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS