コンピテンシーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > コンピテンシーの意味・解説 

コンピテンシー

英語:competency

コンピテンシーとは、優れた業績を残した個人行動特性のこと。英語のcompetence競争する)の名詞形で、主に企業において社員能力評価人材採用基準として用いられる。コンピテンシーの特徴は、個人評価するのに知識レベル資格学歴などではなく具体的な行動によって行うことである。また、チームワーク親密性情報収集力などの評価項目を用いることで、評価者主観左右されない客観的評価を可能にする。

コンピテンシーが注目された背景として、企業成果主義志向の高まりが挙げられる。従来評価基準では、主に協調性責任制など個人潜在的顕在的能力中心に行っていた。だが、その能力は必ずしも業務成果にはつながらない。コンピテンシーは能力ではなく成果を残した具体的な個人行動モデル化し、それを評価基準とすることで業績を残せる個人育成採用を可能にした。コンピテンシーは企業によって異な基準設けられ、その企業欲し人材過去成功例や理想型からモデル化する必要がある
また、コンピテンシーが利用される例として、就職活動中の学生自分強み弱み企業求め人物一致しているかなど、自分能力診断する際に用いられることがあるまた、看護場面教育場面においても、コンピテンシーによる評価能力育成が行われつつあり、企業とどまらない広い活用の場がある。

コンピテンシー

別表記:コンピテンシ、コンピタンシー
英語:competency

コンピテンシー(英: competency )とは、業績の優秀な人がその業務についておこなっている、好業績生む原因となっている行動特徴、またそのような特徴備えているかどうか指標のことである。「行動特性と言い換えることが多い。「コンピタンシー」ともいう。もっぱら人事中心とするビジネス教育分野で用いられる専門的な用語である。

用例:「グローバル人材に必要なコンピテンシー」「コンピテンシーの高い学生」「コンピテンシーを評価する」「コンピテンシーを育成する」

英語competencyは、適任であることを意味する形容詞competentに、性質を示す名詞をつくる接尾辞-encyがついた語である。

人事評価におけるコンピテンシーは、1973年米国務省依頼を受けたハーバード大学心理学者デイビッド・マクレランドが、知識を問うテスト学校成績など従来評価方法ではその人業績予測できず、またマイノリティー女性などには不利であることを明らかにし、職務上の成功予測しうるテスト開発したことに始まる。 その後1990年代アメリカ企業人事評価基準として普及し、1990年代後半からは日本でも導入する企業が増えた。

「コンピテンシー」とともに人事評価教育重視される能力に「リテラシー」がある。「リテラシー」は、知識情報活用する能力のことである。問題解決するにあたっては、リテラシーのみならず、その問題に対し適切な行動がとれるかというコンピテンシーの面も不可欠であると捉えられている。

「コンピテンシー面接」は、企業採用面接のうち、求職者のコンピテンシーを測るために行うもの。その人過去どのような行動をとったかを尋ねることを中心とする。「行動結果面接Behavioral Event Interview, BEI)」 「行動面接」ともいう。

「コンピテンシーディクショナリー」は、業績優秀者に特異見られる行動指標体系化し、活用できるようにしたもの1993年、ライル・スペンサーとシグネ・スペンサーが方法開発した。

「コアコンピテンシー」は、あらゆる職務に共通して必要となる中核的なコンピテンシー。また、コアコンピタンス(ある企業同業他社に対して優位性を持つ事業)のこと。

執筆稲川

コンピテンシー【competency】

⇒コンピタンシー


コンピテンシー

【英】:Competency

コンピテンシーとは、ハイ・パフォーマ(成果出している社員)の行動特性等を分析し、その結果活用することで社員行動を変え、業績向上を図るというシステムである。

コンピテンシー項目(職種ごとの様々な行動項目)ごとに、高い業績上げ社員レベル、また仕事に必要なレベルを示すコンピテンシーシートを作成し、これに基づいて人事考課人材育成を行う。

コンピテンシーシートは人材の必要要件分析的に明確にするものであり、最終的目指す人材像を示すものではない。

ハイパフォーマとは、「今業績が高い人」「今社員がまねる対象」であり、機能役割などを考え分析的設定する。必要な人材分析的検討するだけでなく、「社員にとっての憧れ対象」「簡単に真似できないものをコアとして持っている人」を定義する「一流人材」を考えることも、企業にとって有用である。

コンピテンシー

単純には「能力」の意味ですが、人事用語としては、優れた業績上げている人の「行動特性」を指します。個人能力業績でなく、業績上げプロセス注目し、どんな行動を取るべきかのコンピテンシー・モデルをつくって、能力開発適用します。

コンピテンシー


コンピテンシー

【英】:Competency

単なる知識技能だけでなく、様々な心理的社会的リソース活用して、特定の文脈の中で複雑な要求課題)に対応することができる力。

Competency is the ability to successfully deal with a complex issue (challenge) in a particular context by making use not only of knowledge or skills but also of various psychological or social resources.

コンピテンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 09:12 UTC 版)

コンピテンシー: competency)とは、企業などで人材の活用に用いられる手法で、高業績者の行動特性などと訳されている。




「コンピテンシー」の続きの解説一覧

コンピテンシー

出典:『Wiktionary』 (2012/04/26 04:59 UTC 版)

名詞

  1. 高い業績上げている者の行動特性
  2. 能力資格適性

関連語

  • 別表記:コンピタンシー

語源



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンピテンシー」の関連用語

コンピテンシーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コンピテンシーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
大学改革支援・学位授与機構大学改革支援・学位授与機構
Copyright National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンピテンシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンピテンシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS