コンピテンシーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > コンピテンシーの意味・解説 

コンピテンシー

英語:competency

コンピテンシーとは、優れた業績残した個人行動特性のこと。英語のcompetence競争する)の名詞形で、主に企業において社員能力評価人材採用基準として用いられる。コンピテンシーの特徴は、個人を評価するのに知識レベル資格学歴などではなく具体的な行動によって行うことである。また、チームワーク親密性情報収集力などの評価項目用いることで、評価者主観左右されない客観的な評価可能にする

コンピテンシーが注目され背景として企業成果主義志向高まり挙げられる従来評価基準では、主に協調性責任制など個人潜在的顕在的能力中心に行っていた。だが、その能力は必ずしも業務成果にはつながらない。コンピテンシーは能力ではなく成果残した具体的な個人行動モデル化し、それを評価基準とすることで業績残せる個人育成採用可能にした。コンピテンシーは企業によって異なる基準設けられ、その企業が欲しい人材過去成功例理想型からモデル化する必要がある
また、コンピテンシーが利用される例として、就職活動中の学生自分の強み弱み企業求め人物一致しているかなど、自分の能力診断する際に用いられることがあるまた、看護の場面や教育の場面においても、コンピテンシーによる評価能力育成が行われつつあり、企業とどまらない広い活用の場がある。

コンピテンシー


コンピテンシー

別表記:コンピテンシコンピタンシー
英語:competency

コンピテンシー(英: competency )とは、業績優秀な人がその業務についておこなっている、好業績生む原因となっている行動特徴、またそのような特徴備えているかどうか指標のことである。「行動特性と言い換えることが多い。「コンピタンシー」ともいう。もっぱら人事中心とするビジネス教育分野用いられる専門的な用語である。

用例:「グローバル人材必要なコンピテンシー」「コンピテンシーの高い学生」「コンピテンシーを評価する」「コンピテンシーを育成する

英語competencyは、適任であることを意味する形容詞competentに、性質を示す名詞をつくる接尾辞-encyがついた語である。

人事評価におけるコンピテンシーは、1973年米国務省依頼を受けたハーバード大学心理学者デイビッド・マクレランドが、知識を問うテスト学校の成績など従来評価方法ではその人業績予測できず、またマイノリティー女性などには不利であることを明らかにし、職務上成功予測しうるテスト開発したことに始まる。 その後1990年代アメリカ企業人事評価基準として普及し1990年代後半からは日本でも導入する企業増えた

「コンピテンシー」とともに人事評価教育重視される能力に「リテラシー」がある。「リテラシー」は、知識情報活用する能力のことである。問題を解決するにあたっては、リテラシーのみならず、その問題に対し適切な行動がとれるかというコンピテンシーの面も不可欠である捉えられている。

「コンピテンシー面接」は、企業採用面接のうち、求職者のコンピテンシーを測るために行うもの。その人過去にどのような行動をとったかを尋ねることを中心とする。「行動結果面接Behavioral Event Interview, BEI)」 「行動面接」ともいう。

「コンピテンシーディクショナリー」は、業績優秀者特異見られる行動指標体系化し、活用できるようにしたもの1993年、ライル・スペンサーとシグネ・スペンサーが方法開発した

コアコンピテンシー」は、あらゆる職務共通して必要となる中核的なコンピテンシー。また、コアコンピタンス(ある企業同業他社に対して優位性を持つ事業)のこと。

執筆稲川智樹

コンピテンシー

英語:competency

 

「コンピテンシー」とは・「コンピテンシー」の意味

「コンピテンシー」は「技能」や「能力」、「力量」「適性」などの意味を持つ英単語の「competency」のカタカナ語で、ビジネスにおけるハイパフォーマー行動特性という意味用いられている。英語の「competency」における「技能」や「力量」など可視化できる能力ではなく、「性格」や「動機」、「価値観」など可視化しにくい要素が「コンピテンシー」を判断する基準とされている

看護においては医療の質向上させるために「コンピテンシー」が重要視されている。特に海外では看護に「コンピテンシー」の基準取り入れており、明確に定められている。日本では看護免許一度取得する生涯使用することができるが、海外では「コンピテンシー」維持のために毎年もしくは数年毎に更新しなければならないことが多い。教育においては、優秀な人材を育成するための「コンピテンシー」の基準定められ、「キー・コンピテンシー」と呼ばれている。3つのカテゴリー9つ能力から構成されており、定期的な調査が行われ人材育成羅針盤として用いられている。

「コンピテンシー」の熟語・言い回し

コンピテンシー評価とは


コンピテンシー評価は、優秀な成果を残す従業員行動特性基準定め人事評価採用試験などの評価用いることである。コンピテンシー評価では、成果に至るまでプロセスなど可視化しにくい部分評価対象となるため、公平に評価できるというメリットがある。しかし、評価基準定めるのに時間を要し社内変化大き場合には適正に評価しにくいというデメリットもある。

コンピテンシー面接とは


コンピテンシー面接は、採用試験などで適性判断するために行われる面接のことである。掘り下げた質問を行うことで、求職者どのような行動行ったのか知り行動特性判断する役職によって質問内容異なりリーダーシップはあるのか、管理能力はあるのかなどが判断される

コンピテンシーが高いとは


コンピテンシーが高いということは成果結果を出すためにアイデア創出して実行することを指す。成果結びつく行動がとれる人は、コンピテンシーが高い人と呼ばれる具体的には、コミュニケーション能力協調性リーダーシップなどの要素を持ち合わせていると、コンピテンシーが高いことになる。

コアコンピテンシーとは


コアコンピテンシーは、顧客利益をもたらす技術他社真似できない技術幅広い市場分野活用できる技術という3つの基準とする比較新し概念である。コアコンピテンシー明確にすることで、対外的競争力の高い企業になることができる。

「コンピテンシー」の使い方・例文

この会社採用試験においてコンピテンシー面接行っている
・コンピテンシー評価実施するようになってから、従業員人事評価に対する満足度高くなった。
我が社コアコンピテンシーは、世界類を見ないエンジン技術である。
・コンピテンシーは、米国文化情報局職員採用選考を機に生まれた採用基準である。
企業においては、高いIQを持つ人材よりも高いコンピテンシーを持つ人材の方価値がある
・コンピテンシーを有効活用するためには、分野ごとに的確な基準を定める必要がある
・コンピテンシーは能力キャリア開発するために活用することも可能である
従業員のコンピテンシーを高めるために、コンピテンシー研修行っている企業もある。
看護業においては医療向上させるためにコンピテンシー基準明確にすることが求められている。
教育におけるキー・コンピテンシーは、「コンピテンシーの定義と選択」として明確に定められている。
・コンピテンシーは、1950年代心理学用語として用いられるようになった

コンピテンシー【competency】

読み方:こんぴてんしー

コンピタンシー


コンピテンシー

【英】:Competency

コンピテンシーとは、ハイ・パフォーマ(成果出している社員)の行動特性等を分析しその結果活用することで社員行動変え業績向上を図るというシステムである。

コンピテンシー項目(職種ごとの様な行動項目)ごとに、高い業績を上げる社員レベル、また仕事必要なレベルを示すコンピテンシーシートを作成し、これに基づいて人事考課人材育成を行う。

コンピテンシーシートは人材必要要件分析的に明確にするものであり、最終的に目指す人材を示すものではない。

ハイパフォーマとは、「今業績が高い人」「今社員がまねる対象」であり、機能役割などを考えて分析的に設定する必要な人材分析的に検討するだけでなく、「社員にとっての憧れ対象」「簡単に真似できないものをコアとして持っている人」を定義する一流人材」を考えることも、企業にとって有用である

コンピテンシー

「コンピテンシー(competency)」とは、高い業績挙げている人材見られる行動思考判断基準などの特性指します。コンピテンシーは採用人材育成人事評価などで効果期待できますまた、成果を出すために従業員の取るべき行動明確化することで、業績向上にもつながります

コンピテンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 16:54 UTC 版)

コンピテンシー: competency)とは、企業などで人材の活用に用いられる手法で、高業績者の行動特性などと訳されている。




「コンピテンシー」の続きの解説一覧

コンピテンシー(人員の能力証明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 14:36 UTC 版)

IEC 61508」の記事における「コンピテンシー(人員能力証明)」の解説

機能安全マネジメント関わる人員は、その役割に応じて機能安全精通していることを証明しなければならない一般には、認証機関や団体で行われるトレーニングコース受講して証明する日本では一般財団法人 日本規格協会やTÜV Rheinland社、TÜV SÜD社で、トレーニングが行われている。

※この「コンピテンシー(人員の能力証明)」の解説は、「IEC 61508」の解説の一部です。
「コンピテンシー(人員の能力証明)」を含む「IEC 61508」の記事については、「IEC 61508」の概要を参照ください。


コンピテンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 07:23 UTC 版)

職務記述書」の記事における「コンピテンシー」の解説

アメリカではジョブ・ディスクリプションというOSの上に機能しているアプリケーション文書一つとして存在するもとより効率重視アメリカでは人の努力責任感という属人的要素働き成果として表れる扱われるため、働き可視化である、ジョブ・ディスクリプションという文書対象にした評価という行為評価視点効率置かれていた。 しかし、ITが通常のどのような職務にも登場してきたことから、どの職務にも顕在的要素というものが可視化されやすいことでもなくなり、そこから評価結果への不明瞭性が課題となってきた。そこで、評価視点潜在力日本的属人要素とほぼ同意)という、不明瞭性な要素を評価視点加えることでその課題対応しようという工夫目標管理文書チャレンジ管理文書異なり、こちらはジョブ・ディスクリプション記述内容時代変化との調整のために生じた評価行為工夫とし生まれてきた文書

※この「コンピテンシー」の解説は、「職務記述書」の解説の一部です。
「コンピテンシー」を含む「職務記述書」の記事については、「職務記述書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンピテンシー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンピテンシー

出典:『Wiktionary』 (2021/07/11 13:07 UTC 版)

名詞

  1. 高い業績上げている者の行動特性
  2. 能力資格適性

関連語

語源


「コンピテンシー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンピテンシー」の関連用語

コンピテンシーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンピテンシーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2023 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2023 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンピテンシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのIEC 61508 (改訂履歴)、職務記述書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンピテンシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS