適性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > 能力 > 適性の意味・解説 

てき‐せい【適性】

読み方:てきせい

性格性質が、その物事に適していること。また、その性格性質。「―を見る」「―に欠ける」


適性検査

(適性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 14:23 UTC 版)

適性検査(てきせいけんさ)とは、職業学業などにおける特定の活動にどれほど適した素質をもっているかを判定するための検査。


  1. ^ a b c d e f g 本間正吾「公立中高一貫校のある景色 - 秋田県の公立中高一貫校を訪ねて -」『ねざす』第38号、神奈川県高等学校教育会館、2006年11月。
  2. ^ 公立中高一貫ネット-進研ゼミ小学講座


「適性検査」の続きの解説一覧

適性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:59 UTC 版)

インドの首相」の記事における「適性」の解説

議員資格原則規定する憲法第84条首相資格規定する憲法75条、そして首相役職を「Primus inter pares等し中で一番)」と表す主張によれば首相には以下の条件必要とされるインド国民であること。 ローク・サバーまたはラージヤ・サバー議員であること。もし、いずれの議員でもない者が首相に選ばれたならば6ヶ月以内いずれかの議員にならねばならない25歳以上のローク・サバー議員または30歳以上のラージヤ・サバー議員であること。 インド政府またはいずれかの州政府の下で、あるいは当該政府管理下にある地方またはその他の当局の下で、いかなる利益役職持たないこと。 もし候補者首相に選ばれたならば、全ての私企業政府企業役職辞任せねばならず、退任後に就くことになる。

※この「適性」の解説は、「インドの首相」の解説の一部です。
「適性」を含む「インドの首相」の記事については、「インドの首相」の概要を参照ください。


適性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 00:54 UTC 版)

オペラグローブ」の記事における「適性」の解説

長身細身で腕がほっそり長い女性良く似合うものであり、縦長効果によって腕がよりいっそう細く長く演出されるそのため、背が低く腕が太く短い場合不適であり、逆にの太さを強調してしまう。 また、キューティーハニー」「セーラームーン」「プリキュア」「アイカツ」といったような強く気高い女性テーマにしたアニメヒロイン着用され描かれることが多い。さらに、黒革オペラグローブ一本鞭ブーツなどと共に厳格な女性シンボルとなることもある。

※この「適性」の解説は、「オペラグローブ」の解説の一部です。
「適性」を含む「オペラグローブ」の記事については、「オペラグローブ」の概要を参照ください。


適性(職種)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 01:27 UTC 版)

ArcheAge (オンラインゲーム)」の記事における「適性(職種)」の解説

格闘鉄壁意志使命野性幻術、死、魔法ロマン、愛、憎悪暗影がある。(2020/11現在)

※この「適性(職種)」の解説は、「ArcheAge (オンラインゲーム)」の解説の一部です。
「適性(職種)」を含む「ArcheAge (オンラインゲーム)」の記事については、「ArcheAge (オンラインゲーム)」の概要を参照ください。


適性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 05:19 UTC 版)

アジャイルソフトウェア開発」の記事における「適性」の解説

アジャイルソフトウェア開発万能なソフトウェア開発ではない。アジャイルソフトウェア開発が適性を発揮する広く考えられている環境は以下が挙げられる。 1か所作業を行う小規模なチーム10人以下) 複雑な問題要件頻繁に変更される環境 適用の是非が議論される環境には以下が挙げられる20人以上の大規模なチームでの開発 開発者地理的に分散した状況での開発 ミッションクリティカル人命に関わるシステム: (非)適応のための「失敗」が許されない。(是)失敗を必ずfallbackする設計による対応 次の環境ではアジャイル価値観機能せず適用が難しい考えられている(アジャイルソフトウェア開発欠点)。 人材不足: アジャイルソフトウェア開発優れたチーム信頼して結果を出す思想であり、人材前提とする 命令型組織文化: アジャイルソフトウェア開発価値生む自己組織的チーム用い思想であり、権限委譲前提としている アジャイルソフトウェア開発に対して設計工程が不十分」との指摘があるが、アジャイルソフトウェア開発ソフトウェア開発方法論ではなくその前提となる価値観である。またアジャイルソフトウェア開発可能にするソフトウェア開発方法論には様々な批評がある。これらは具体的方法論への批評であり、アジャイル価値観に対する批評とは限らないエクストリーム・プログラミング (XP) の初期の風評、およびそのペアプログラミング継続的設計 (進化的設計) のような賛否両論のある実践原則は、特に批判対象となった一方でこうした批判多くは、アジャイルソフトウェア開発に対する理解不足に基づいていると、指摘されることがある (The Threat of the New) 。Matt Stephens は、エクストリーム・プログラミング再検討し批評して再構成した (Extreme Programming Refactored) 。アジャイル開発手法一つ Agile Modeling は、不十分な設計少な文書という批判に対して解決するべく取り組んでいる

※この「適性」の解説は、「アジャイルソフトウェア開発」の解説の一部です。
「適性」を含む「アジャイルソフトウェア開発」の記事については、「アジャイルソフトウェア開発」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「適性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

適性

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 13:43 UTC 版)

名詞

てきせい

  1. 物事している性格能力

発音(?)

て↗きせー

派生語


「適性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



適性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「適性」の関連用語

適性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



適性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの適性検査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインドの首相 (改訂履歴)、オペラグローブ (改訂履歴)、ArcheAge (オンラインゲーム) (改訂履歴)、アジャイルソフトウェア開発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの適性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS