採用試験とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 試験 > 採用試験の意味・解説 

採用試験

読み方:さいようしけん

企業や組織応募者構成員として適当かどうかを、採用するか否か判断するために測定を行うこと。ならびに、その測定のために課されるテスト面接などの行為

採用試験

作者勝目梓

収載図書柔肌は殺しの匂い
出版社光文社
刊行年月1988.11
シリーズ名光文社文庫

収載図書柔肌は殺しの匂い
出版社講談社
刊行年月2003.6
シリーズ名講談社文庫


採用試験

作者武井彩

収載図書世にも奇妙な物語小説の特別編
出版社角川書店
刊行年月2003.3
シリーズ名角川ホラー文庫


就職試験

(採用試験 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 09:27 UTC 版)

就職試験(しゅうしょくしけん)とは、就職のために行われる試験のことである。採用試験(さいようしけん)とも。




「就職試験」の続きの解説一覧

採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 15:52 UTC 版)

栄光ゼミナール」の記事における「採用試験」の解説

職種によって異なる学科試験作文適性検査面接構成される。。

※この「採用試験」の解説は、「栄光ゼミナール」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「栄光ゼミナール」の記事については、「栄光ゼミナール」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 04:35 UTC 版)

陸上自衛隊少年工科学校」の記事における「採用試験」の解説

採用倍率はかつて20を超え難関であったが、昭和末期時点までには約10前後落ち着いてきた。昭和期(特に生徒制度創設期)には、給与支払われ衣食住保障されるなどの自衛官としての待遇にひかれて入校し、親に仕送りをする生徒もみられた(折口雅博はその典型である)。しかし、平成期に入ると志理由大半は自衛隊活躍PKO災害派遣など)に影響されて職業として自衛官志願したとなった毎月、約10万円の俸給支給される

※この「採用試験」の解説は、「陸上自衛隊少年工科学校」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「陸上自衛隊少年工科学校」の記事については、「陸上自衛隊少年工科学校」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 15:50 UTC 版)

国家公務員」の記事における「採用試験」の解説

詳細は「公務員試験#国家公務員試験を参照 国家公務員試験には@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}14種類15回)[要出典]の試験毎年行われており、主なものとして国家総合職大卒程度試験)・国家総合職院卒試験)(大学卒業段階又は大学院修士課程修了段階知識技術及びその応用能力必要とする程度平成23年度まではI種試験それ以前国家上級甲職。)、国家一般職大卒程度試験)(大学卒業程度平成23年度まではII試験それ以前国家上級乙職、国家中級職)、国家一般職高卒試験)(高校卒業程度平成23年度まではIII試験それ以前国家初級職)がある。()内の程度とは試験問題レベルを示すもので、I種、II種及びIII試験の場合、学歴による受験制限はなく、受験資格年齢定められている。また、I種及びII試験について飛び級等により通常より若く大学卒業できる場合などや、II試験については(短大卒程度試験であったかつての中級試験廃止した代償として)短大卒見込みの者等が受験できるなど、一定の条件満たせ受験資格満たない年齢でも受験認められる。 この試験は、人事院一括して実施しているが、採用各省庁が行っており、合格後一部試験区分除き希望する官庁への官庁訪問行ったり採用面接を受ける必要があるこのほか防衛省防衛省専門職員自衛官等の特別職国家公務員人事院別に採用試験を実施する。 なお、国会職員及び裁判所職員の採用試験は、権力分立原則による制約から内所轄下にある人事院が関与することは憲法上許されず、衆議院・参議院の各事務局及び法制局並びに最高裁判所それぞれ独自に行う。しかし、国会職員においては人事院実施する国家総合職試験最終合格した者からも採用行っている

※この「採用試験」の解説は、「国家公務員」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「国家公務員」の記事については、「国家公務員」の概要を参照ください。


採用試験(国家公務員試験)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 15:54 UTC 版)

大学受験」の記事における「採用試験(国家公務員試験)」の解説

下の4施設4課程在籍するための試験国家公務員試験あるため、「○○大学校学生採用試験」と呼ばれるしたがっ在籍者身分国家公務員であり、授業料かからず支給手当がつく。そのため、身分卒業後の進路の点で大学とは異なる。 防衛大学校本科 - 自衛隊員防衛省職員防衛医科大学校医学科 - 自衛隊員防衛省職員海上保安大学校本科 - 海上保安庁職員 気象大学校大学部 - 気象庁職員

※この「採用試験(国家公務員試験)」の解説は、「大学受験」の解説の一部です。
「採用試験(国家公務員試験)」を含む「大学受験」の記事については、「大学受験」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 12:27 UTC 版)

刑務官」の記事における「採用試験」の解説

刑務官採用試験は高校卒業程度難易度とされるが、採用試験の際に体力測定を行うと共に四肢異常のあるものは不可とされている

※この「採用試験」の解説は、「刑務官」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「刑務官」の記事については、「刑務官」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 14:23 UTC 版)

実習助手」の記事における「採用試験」の解説

教諭採用候補者を選考する教員採用試験同様、実習助手にも採用試験が実施されている。試験呼称自治体ごとに異なる。なお、自治体によっては毎年実施されるとは限らず実施される場合でも毎回同じ学科であるとは限らず、年度ごと特定の学科のみ募集する形態が多い。また、自治体によっては長く募集しておらず採用試験も当分行ていないところもある。募集学科(普通・工業・農業など)単位行われ試験教員採用試験同じく筆記試験」「面接試験が行われる。但し、教員採用試験おおむね期間をあけ複数日に分けて行われるに対し実習助手採用試験は1日全て行われるところが少なくない試験合格者扱いは、教諭採用と同様であり、採用されれば正規の職員とされる正規の採用を受けてない場合でも、本人希望講師登録に同じ)と学校要請により、臨時的任用従事することができる。実習助手の場合、正規臨時関係なく職名等しく実習助手」だが、臨時的任用を受けている場合においては待遇明確にすべく、便宜上臨時実習助手」と呼ばれる場合もある。 受験条件として、募集学科ごとに年齢・学歴制限があるが、教員免許状必要としないことから免許有無によらず様々な受験者挑戦する。但し、既に教員免許を受けている人の受験も多い。

※この「採用試験」の解説は、「実習助手」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「実習助手」の記事については、「実習助手」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 06:12 UTC 版)

自衛官」の記事における「採用試験」の解説

人事院試験機関となる一般職国家公務員の採用試験とは別に防衛省試験機関となり試験を行う。 採用区分応じた能力をみるために、作文選択式一般教養記述式筆記試験面接試験身体検査があり、採用試験前後本人希望職種選択能力をみるために適性検査身体検査及び経歴評定既往歴」「手術歴」等』がある。採用試験の会場駐屯地基地会議室などを利用し各都道府県に最低1ヶ所が確保されている。 なお、警察官消防士海上保安官等高学校卒業程度の採用試験では体力試験はあるが、自衛官高等学校卒業程度の採用試験は筆記試験面接試験に加え適性検査身体検査及び経歴評定既往歴」「手術歴」等』のみであり体力試験は無く身体検査合格基準も「適用する採用種目自衛隊幹部候補生(飛行要員を除く)、医官歯科医官海上自衛隊技術海上幹部及び航空自衛隊技術航空幹部海上自衛隊技術海曹及び航空自衛隊技術空曹航空交通管制技能証明保有者及び航空交通管制基礎試験合格者以外のもの)、一般曹候補生自衛官候補生防衛大学校学生防衛医科大学校医学科学生防衛医科大学校看護学科学生自衛官コース)、陸上自衛隊高等工科学校生徒自衛隊貸費学生予備自衛官補」(男子150cm以上のもの、女子140cm以上のもの、生徒150cm以上のもの)となっており、警察官おおむね男子160cm以上であることおおむね女子154cm以上であること)、消防士男子160cm以上、女子155cm以上)、海上保安官男子157cm以上、女子150cm以上)、よりも男子女子生徒基準が緩いため、平均的な身体健康なら合格とする基準となっている。また職種多く身長による制約少ないため、男子女子生徒身長おおむね2~3cmまたは0〜5cm程度誤差見逃されている(令和4年2022年4月1日新成人以降の18歳未満未成年者に限る)。 幹部候補生飛行要員)、航空学生海上自衛隊技術海曹及び航空自衛隊技術空曹航空交通管制技能証明保有者及び航空交通管制基礎試験合格者)の身体検査航空身体検査準拠しているため合格基準厳密である女性採用者少なくない)。 自衛隊志願制あるため希望者試験選抜するが、自衛隊体育学校ではスポーツ強豪選手に対しスカウト行っている他にも自衛隊貸費学生採用された場合無試験入隊となる。「防衛省」や「防衛省職員」も参照自衛官19歳上で大型自動車(自衛官以外は21歳以上)を扱うことから自衛隊運転免許適性検査では中型自動車免許以上の取得と同様視力遠近感を見る。 2007年6月道路交通法改正により中型自動車(自衛官以外は20歳以上)の運転免許区分ができたことに伴い自衛隊内の指定自動車教習所使用される大型教習車中型自動車該当することから法改正後免許取得した自衛官自衛隊内で大型自動車免許取得して操縦できる大型自動車自衛隊車両限定(「大型車自衛隊車両に限る」という条件付され運転免許発給される)され、公安委員会による運転免許限定条件解除審査に合格しない限り民間大型車運転することはできない

※この「採用試験」の解説は、「自衛官」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「自衛官」の記事については、「自衛官」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 06:10 UTC 版)

青年海外協力隊」の記事における「採用試験」の解説

応募資格は、日本国籍を持つ20歳以上の心身ともに健康な者。募集時期4月の春募集10月の秋募集の年2回。現地治安状況職種によって、男性限定募集女性限定募集存在する[要出典] 。元々は2039歳年齢制限があり、40歳以上はシニア海外ボランティアという区分であったが、2018年制限が廃止され69歳まで応募可能となっている(ただし、46歳以上は海外協力隊と呼称される)。 応募者数は1994年度年間1万1832人をピーク以後減少傾向にあり、特に2011年春募集では、東日本大震災の影響ジャスミン革命を始めとする国際情勢悪化、また前年事業仕分けによる手当て削減により、半期としては過去最低の1351人となった職種別では、コミュニティ開発青少年活動応募者数が多く2013年春募集ではどちらも全体1割以上を占め一方農林水産鉱工業といった専門性が高い分野では定員割れ応募者なしも発生している。 一次試験 全て書類審査。ただし一部職種日本語教師)については、Web試験存在する技術審査 語学力審査 健康診断 二次試験 東京または地方数箇所実施面接 - 職種によって実技試験作品提出がある。 健康診断 - 必要な場合のみ。 技術的に合格基準満たした者でも不採用となる場合がある。これは、各国からの要請内容候補者希望履歴を比較するマッチングに際し要請国の文化要請内容等に合わないと判断されたためである。[要出典]そのため、不合格となった場合でも再度受験より合格にいたるケース多くある。また、技術レベルの高いものが不合格となったり、低い人が合格となったりする場合もある。また健康診断について、判定基準厳しいものとなっている。日本では健康でも、開発途上国環境下では問題となる場合あるためである。開発途上国により医療水準異なり派遣国により健康診断派遣基準異なるものと思われる。[要出典] 二次試験選考結果には「合格」「不合格」の他に「登録」がある。前述のマッチング漏れて不採用となった者”の一部は「登録」となる。登録者は、合格者辞退などにより欠員生じた場合開発途上国から募集期間外に要請寄せられ場合などに、合格繰り上がることがあるまた、次回受験時に一次選考免除となる場合もある。[要出典]

※この「採用試験」の解説は、「青年海外協力隊」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「青年海外協力隊」の記事については、「青年海外協力隊」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/31 01:31 UTC 版)

日系社会青年海外協力隊」の記事における「採用試験」の解説

応募資格は、日本国籍を持つ20歳以上の心身ともに健康な者。募集時期4月の春募集10月の秋募集の年2回。平成18年度募集より、一次試験及び二次試験内容大幅に変更となった

※この「採用試験」の解説は、「日系社会青年海外協力隊」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「日系社会青年海外協力隊」の記事については、「日系社会青年海外協力隊」の概要を参照ください。


採用試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 06:16 UTC 版)

中華郵政」の記事における「採用試験」の解説

體能測驗 專業職は體能測驗で自身の体重関係なく30kgの第140郵袋(中に砂袋入れたもの)を1分間5mの距離を何回運べる試験実施。4回運搬で60点(以降1回毎に5点加算),12回運搬で100点満点となるが減点項目がある。 郵遞業務(配達員)は応募時、普通重機(バイク250cc以下)及び普通小型車免許必要で年齢制限はない。

※この「採用試験」の解説は、「中華郵政」の解説の一部です。
「採用試験」を含む「中華郵政」の記事については、「中華郵政」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「採用試験」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「採用試験」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



採用試験と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

採用試験のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



採用試験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの就職試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの栄光ゼミナール (改訂履歴)、陸上自衛隊少年工科学校 (改訂履歴)、国家公務員 (改訂履歴)、大学受験 (改訂履歴)、刑務官 (改訂履歴)、実習助手 (改訂履歴)、自衛官 (改訂履歴)、青年海外協力隊 (改訂履歴)、日系社会青年海外協力隊 (改訂履歴)、中華郵政 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS