キャリアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > キャリア > キャリアの意味・解説 

キャリア【carrier】

《「キャリヤ」とも》

自転車などの荷台

物を運搬する器具台車など。

担体(たんたい)

保菌者体内病原体保有しているが、まだ発病していない者。感染源となりうる。

コモンキャリア通信キャリア)」の略。

搬送波


キャリア【career】

《「キャリヤ」とも》

職業技能上の経験経歴。「—を積む」「—不足」

上級試験や一試験に合格し、採用された国家公務員。「—組」


キャリア

【別称】荷台
荷物載せるための台。ヒモがかけやすいように荷かけフック付いていたりする。前に付いていればフロントキャリア、うしろに付いていればリヤキャリアと呼ぶタンクの上に取り付けるタイプのキャリアもある。 ロングツーリングなどで荷物多くなる場合、これがあるとないとでは積載しやすさ大違いだ。
キャリア


キャリア ( carrier )


キャリア(HIV感染者)

この場合の「キャリア」とは、HIVを運ぶ人=感染者という意味HIV感染しているけれど、発症していない状態の人のことです。キャリアは、必ずしも患者病人という意味ではありません


保因者、キャリア

【仮名】ほいんしゃ
原文carrier

古典的な遺伝学では、常染色体劣性疾患原因となる有害アレル保有している個人のこと。臨床的議論の場では、疾患素因となる有害アレル保有する個人を指すこともある。

キャリア

作者源慎

収載図書小さなホテル物語
出版社新風舎
刊行年月2004.9
シリーズ名新風舎文庫


キャリア

名前 Carrier

キャリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 10:27 UTC 版)

キャリアカリアキャリアー




「キャリア」の続きの解説一覧

キャリア(Flood Carrier Form)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 23:28 UTC 版)

内部で素体培養するフラッド繁殖器。歩行はできるが寄生体程のスピード無く跳躍できない知的生命体見つけると側まで近づいて破裂し周囲素体放出する

※この「キャリア(Flood Carrier Form)」の解説は、「Halo 2」の解説の一部です。» 「Halo 2」の概要を見る


キャリア(Carrier Form)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:04 UTC 版)

寄生体膨張させたような形態しており素体培養器の役割果たしている。衝撃を与えると、素体撒き散らしながら破裂する爆風強烈で周囲複数キャリアがいる場合連鎖して爆発する

※この「キャリア(Carrier Form)」の解説は、「Halo: Combat Evolved」の解説の一部です。» 「Halo: Combat Evolved」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

キャリア

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:32 UTC 版)

名詞1

  1. 職業経歴
  2. 専門技術仕事経験
  3. 国家公務員のうち上級試験合格

語源

関連語

名詞2

  1. 保菌者
  2. 担体
  3. 荷台

語源


「キャリア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キャリアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

キャリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2022 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
e-血液.come-血液.com
Copyright 2022(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHalo 2 (改訂履歴)、Halo: Combat Evolved (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキャリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS