改善とは?

改善

読み方:かいぜん

改善(かいぜん)とは、より好ましい・望ましいものへ改めること、および、そのため創意工夫取組み、の意味で用いられる表現です。

改善は名詞としても動詞としても用いられます。たとえば、名詞としては「改善が必要」「改善の結果」といった言い方で、動詞としては「改善する」の活用形として用いられます。

改善の対義語が「改悪」です。改悪は、変更加えて以前よりも悪い状況へ向かわせる、という意味で用いられます。

改善の類義語として「改良」が上げられます。改善も改良も「よりよいものにする」という意味で共通していますが、「改良」は具体的な事物対象とする場面で用いられやすく、「改善」は抽象的物事に関する文脈で用いられやすい、という使い分け方のコツあります

改良の例:「品種改良」「システム改良
改善の例:「業務プロセスの改善」「二国間関係の改善」

ちなみに改良対義語というと、改善と同様に改悪」が該当するということになるでしょう。「善悪」が対になるため「改善-改悪」の対比の方がしっくり来ます。「良」は「悪」以外に「不良」と対比されますが、「改不良」のような表現

「改善」に対応する英語表現としては、まずは improve(ment) が挙げられます。「改良」に通じ意味合い場合reform がより適切です(というより reform訳語が「改良」です)。工業生産分野では、いわゆるトヨタ生産方式」における「カイゼン」(改善)が一個独立した概念として知られており、Kaizen という固有名として扱われる場合ありますKaizen は英語辞書にも収載されています。

かい ぜん [0]改善

スル
物事をよい方に改めること。 ⇔ 改悪 待遇を-する -の余地がある 類義の語に改良があるが、改良具体的なもの、たとえば機械品種などをそれまでのものよりよくする意を表す。それに対して改善抽象的なもの、たとえば条件待遇などを改めてよりよくする意を表す


改善

読み方かいぜん
【英】:improvement

改善とは, 業務目的をより良く達成する手段選択し, 方法工夫して, 業務からムダ排除することである. ムダには, 作りすぎのムダ, 手待ちムダ, 運搬ムダ, 加工そのものムダ, 在庫ムダ, 動作ムダ, 不良作るムダがあり, これらのムダ徹底的に排除することにより, コスト低減が可能となる. 改善は, 実際状況のもとで現実実行することが重要である.


改善

作者星新一

収載図書地球から来た男 改版
出版社角川書店
刊行年月2007.6
シリーズ名角川文庫


改善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 21:16 UTC 版)

改善(かいぜん)とは、




「改善」の続きの解説一覧

改善

出典:『Wiktionary』 (2017/05/17 21:42 UTC 版)

名詞

かいぜん

  1. 悪い直し良くすること。
  2. TQC活動またはTQM活動において)生産性または品質向上させること、もしくは納期短縮させること。特に、品質の向上、即ち歩留率を向上させることを言う。

発音

か↗いぜん

類義語

対義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
改善-する

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「改善」に関係したコラム

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「改善」の関連用語

改善のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



改善のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの改善 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの改善 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS