アルバニア語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 言語 > アルバニア語の意味・解説 

アルバニア‐ご【アルバニア語】

インド‐ヨーロッパ語族属する言語。アルバニア公用語。セルビア・モンテネグロ・イタリア南部ギリシャなどにも話し手がいる。


アルバニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 18:50 UTC 版)

アルバニア語(アルバニアご、Shqip、[ʃcip])は、インド・ヨーロッパ語族アルバニア語派に属する言語の総称であり、また一般的にはアルバニア語派に属する言語のうち数か国の公用語として用いられる標準アルバニア語を指す。  ルーマニア語ブルガリア語と共通の特徴をもつバルカン言語連合をなす。


  1. ^ ALBANIANS - World Directory of Minorities and Indigenous Peoples[リンク切れ](英語)、2012年11月28日閲覧。
  2. ^ The Albanian Language(英語)、2012年11月28日閲覧。
  3. ^ a b c d Victor A. Friedman. “Albanian Grammar”. www.seelrc.org. 2021年7月19日閲覧。


「アルバニア語」の続きの解説一覧

アルバニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 03:49 UTC 版)

ë が使われる。/ə/ を表す。

※この「アルバニア語」の解説は、「ウムラウト」の解説の一部です。» 「ウムラウト」の概要を見る


アルバニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/28 13:56 UTC 版)

アルバニア語では、希求法(mënyra dëshirore:「願望法の意味)は願望表現し、また呪い誓い用いられる願望U bëfsh 100 vjeç!(100歳まで生きられますように) 呪い: Të marrtë djalli!(悪魔がおまえを連れてってしまえ)

※この「アルバニア語」の解説は、「希求法」の解説の一部です。» 「希求法」の概要を見る


アルバニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 03:49 UTC 版)

ë が使われる。/ə/ を表す。

※この「アルバニア語」の解説は、「ウムラウト」の解説の一部です。» 「ウムラウト」の概要を見る


アルバニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 07:49 UTC 版)

アルバニア語はギリシア語並び受動態再帰動詞機能兼ね備えた中動態を現在でも用い数少ない印欧語のひとつであり、多くの他動詞能動態中動態区別存在する例え能動態 afroj(近づけるに対して中動態 afrohem(近づく)。 中動態には時制や法により2種類形態存在し直説法現在時制のように能動態異な人称語尾をとる場合と、直説法単純過去形願望法現在形のように能動態不変化詞 uを前置する場合分かれる

※この「アルバニア語」の解説は、「中動態」の解説の一部です。» 「中動態」の概要を見る


アルバニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 00:01 UTC 版)

アルバニア語の標準形基礎となったトスク方言では/n/がロータシズム起こし/r/となった。ここにロータシズム起こっていないゲグ方言との比較を出す(左がトスク方言で右がゲグ方言)。 zëri と zâni (声) gjuri と gjuni (膝) Shqiperi と Shqypni (アルバニア

※この「アルバニア語」の解説は、「ロータシズム」の解説の一部です。» 「ロータシズム」の概要を見る


アルバニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 01:37 UTC 版)

ç を用いる。[] を表す。

※この「アルバニア語」の解説は、「セディーユ」の解説の一部です。» 「セディーユ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アルバニア語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 13:42 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 sq
ISO639-2 sqi
ISO639-3 sqi
aae (アルバレシュ語
aat (アルヴァニティカ語)
aln (ゲグ方言
als (トスク方言
SIL {{{4}}}

名詞

アルバニアアルバニアご)

  1. アルバニア話される主要な言語インド・ヨーロッパ語族中、単独でアルバニア語派をなす。

翻訳


「アルバニア語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アルバニア語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アルバニア語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルバニア語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルバニア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウムラウト (改訂履歴)、希求法 (改訂履歴)、ウムラウト (改訂履歴)、中動態 (改訂履歴)、ロータシズム (改訂履歴)、セディーユ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアルバニア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS