態とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 有り様 > の意味・解説 

てい【体/態】

読み方:てい

【一】[名]

外から見た物事ありさま。ようす。「満足の—」「そしらぬ—」

見せかけ体裁。「—のいい返事

【二】接尾名詞人代名詞などに付いてそのようなもの、そのようなようすなどの意を表す。「職人—の男」

己等(おのら)—に討たるるならば手柄次第討て見よ」〈浄・佐々木大鑑〉


なり【形/態】

読み方:なり

動詞「な(成)る」の連用形から》

物の形。形状。「—の良い花活け

からだつき体格。「大きな—をしてみっともない」

服装身なりなりふり。「学生らしい—をする」「—ばかりを気にする」

他の語下に付いて接尾語的に用いられる

動詞連用形に付いて、…するまま、…するとおり、などの意を表す。「人の言い—になる」

名詞または形容詞の連体形に付いてそのものふさわしい、また、それに応じて、という意を表す。「弟—の考え」「狭ければ狭い—に住むしかない

名詞に付いて、…の形という意を表す。「弓—になる」

動詞連体形について、…したとたんに、…するとすぐ、の意を表す。「見る—顔色変えた


たい【態】

読み方:たい

[音]タイ(呉)(漢) [訓]わざ

学習漢字5年

身や心の構え広くありさま。ようす。「態勢態度擬態旧態形態姿態事態失態実態醜態重態・状態・常態酔態世態生態媚態(びたい)・変態容態

名のり]かた

難読態態(わざわざ)


たい【態】

読み方:たい

かたち。すがた。ありさま。てい。

voice文法で、動詞によって表される動作作用性質あり方とその表現のしかたに関する範疇能動態受動態など。なお、完了態のように、相(aspectの意味にも用いことがある


ざま【様/態】

読み方:ざま

【一】[名]《「さま」の音変化》ようす・なりふり・しわざなどをあざけって言う語。「その—はなんだ」

【二】接尾⇒さま(様)【二】


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 17:09 UTC 版)

(たい)またはヴォイス (voice) は、伝統的な文法において、動詞の形を変える文法範疇の一つで、動詞の表す行為を行為者の側から見るか、行為の対象の側から見るかに従って区別するものである[1]ラテン語能動態受動態が典型的な例である。


  1. ^ Klaiman 1991: 3.
  2. ^ a b Shibatani 2006.


「態」の続きの解説一覧

態(羅: genus)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 18:24 UTC 版)

ラテン語の文法」の記事における「態(羅: genus)」の解説

能動態(羅: activum) 動詞主語示されるものの動作を表す。Servus vīnum ad villam portat. 奴隷ワインを館へ運ぶ。 受動態(羅: passivum) 動詞主語示されるものに対する動作を表す。Vīnum ad villam ā servō portātur. ワインは館へ奴隷によって運ばれる

※この「態(羅: genus)」の解説は、「ラテン語の文法」の解説の一部です。
「態(羅: genus)」を含む「ラテン語の文法」の記事については、「ラテン語の文法」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 06:51 UTC 版)

ラングドック語」の記事における「態」の解説

ラングドック語能動態受動態代名態の3つの態を持ち受動態助動詞èsser過去分詞形で表されるまた、動詞一つの文において、同一人称の二つ代名詞と共に活用するときは代名態である。

※この「態」の解説は、「ラングドック語」の解説の一部です。
「態」を含む「ラングドック語」の記事については、「ラングドック語」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 01:47 UTC 版)

古代ギリシア語の文法」の記事における「態」の解説

古代ギリシア語には能動態受動態中動態3つの態がある。 能動態 (active voice):現在時制1人称単数語尾が -ω (-ō) か -μι (-mi) となる。例:κελεύω(keleúō 「私は命令する」、"I order")、εἰμί(eimí 「私は~である」、"I am")。 受動態 (passive voice):現在時制1人称単数が -ομαι (-omai) か -μαι (-mai) となる。例:κελεύομαι(keleúomai私は命令された」、"I am ordered (by someone)")。行為誰か(何か)によってなされることを表す(行為者明示されないこともある)。 中動態 (middle voice):現在時制1人称単数が -ομαι (-omai) となるが、受動の意味はなく、「自分自身に対して行う行為」や「自分の利益のために行う行為」を表す。例:λούομαι(loúomai私は体を洗う」、"I get washed")、ἵσταμαι(hístamai 「私は立ち上がる」、"I stand")、παύομαι(paúomai私は立ち止まる」、"I stop")。動詞によっては、複数人・物相互に行為及ぼし合う意味にもなる。例:μάχομαι(mákhomai 「私は戦う」、"I fight")。 能動態持たない動詞中動態のみの動詞)もあり、「異態動詞」(Deponent verb)と呼ばれる。例:γίγνομαι(gígnomai 「私は~になる」、"I become")、δέχομαι(khomai 「私は受け取る」、"I receive") 中動態受動態アオリスト未来以外は同じ語形となる。

※この「態」の解説は、「古代ギリシア語の文法」の解説の一部です。
「態」を含む「古代ギリシア語の文法」の記事については、「古代ギリシア語の文法」の概要を参照ください。


態(ヴォイス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 08:40 UTC 版)

秋田弁」の記事における「態(ヴォイス)」の解説

態(ヴォイス)には受動態使役態可能態自発態などがある。

※この「態(ヴォイス)」の解説は、「秋田弁」の解説の一部です。
「態(ヴォイス)」を含む「秋田弁」の記事については、「秋田弁」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 09:42 UTC 版)

物語論」の記事における「態」の解説

語り手(および聞き手に関すること、より具体的には、語り手物語内容との関係、語り手物語言説との関係を扱う領域である。

※この「態」の解説は、「物語論」の解説の一部です。
「態」を含む「物語論」の記事については、「物語論」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 11:47 UTC 版)

アネイチュム語」の記事における「態」の解説

アンナ・シェヴィェルスカは Lynch (1982:116122) を根拠にアネイチュム語には受動態存在しないものとしている。

※この「態」の解説は、「アネイチュム語」の解説の一部です。
「態」を含む「アネイチュム語」の記事については、「アネイチュム語」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 09:16 UTC 版)

英語の文法」の記事における「態」の解説

英語の態は能動態と受動態があり、能動態においては動詞によって表される状態・動作主語が行うことを表す。一方受動態は、主語何らかの動作を「されている」ことを表す。受動態は「助動詞 be + 過去分詞」で表現されその場合の真の動作主は by で導かれる前置詞句によって表される。ただし、他動詞限定され能動態において目的語取らない自動詞受動態できないまた、助動詞 be過去形 was, were にすることにより、受動態時制表現することが可能である。 「能動態」の例:He built the dog house.「彼は犬小屋造った。」 「受動態」の例:The dog house was built. 「犬小屋造られた。」 これらの法・時制・相組み合わせて複雑な時間軸動作表現をすることも論理上可能になる。 例:He would say that the building had been being built.「彼は言っただろう、その建物建設中であったと。」

※この「態」の解説は、「英語の文法」の解説の一部です。
「態」を含む「英語の文法」の記事については、「英語の文法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「態」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「態」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



態と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

態のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



態のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの態 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラテン語の文法 (改訂履歴)、ラングドック語 (改訂履歴)、古代ギリシア語の文法 (改訂履歴)、秋田弁 (改訂履歴)、物語論 (改訂履歴)、アネイチュム語 (改訂履歴)、英語の文法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS