体裁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 様子 > 体裁の意味・解説 

たい‐さい【体裁】

読み方:たいさい

ていさい(体裁)


てい‐さい【体裁】

読み方:ていさい

外から見た感じ・ようす。外見外観。「料理を—よく盛りつける

世間人の目にうつる自分のかっこう世間体。みえ。「—ばかりを取り繕う」「パーティー一人で行くのは—が悪い」

それらしい形式。「企画書としての—をなしていない

相手喜ばせるような振る舞い口先だけの言葉。「—を言う」


体裁

読み方:タイサイtaisai

物の、外から見え形・様


体裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 01:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「体裁」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「体裁」を含むページの一覧/「体裁」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「体裁」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect


体裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 22:06 UTC 版)

論文」の記事における「体裁」の解説

詳細は「IMRADを参照 論文次のようなIMRAD型の構成を取ることが多い。 題名 要約本文内容要約した文章序論背景研究の動機意義成果位置づけ重要性など) 準備論文を読むための既存基礎知識など) 本論理論実験調査過程及び得られ結果など) 結論本論得られたデータ叙述的説明参考文献 執筆に当たって協力得た人々機関への謝辞 付録証明実験の詳細など) 論文書き方については、参考となる多数文献がある。その概要次のようなものである文章論理的構造明確にする複数の意味解釈できる曖昧な表現用いてならない。 「〜と思われる」「〜であろうのような推測を含む曖昧な表現用いてならない考察について論拠を基にした断言明言要する)。 客観的に判定可能な事柄について、根拠を明確に示して書く。 不必要な接続詞や、修辞表現避ける。 得られ事実とそれに関する考察明確に区別する他の文章は、決められている方法に従って引用する

※この「体裁」の解説は、「論文」の解説の一部です。
「体裁」を含む「論文」の記事については、「論文」の概要を参照ください。


体裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 14:42 UTC 版)

春秋」の記事における「体裁」の解説

春秋』は、「年・時季節)・月・日 - 記事という体裁をとっている。 年:魯国君主公の在位による紀年使われている。 時:季節。つまり四季「春・夏・秋・冬」使われている。四時の首月の上にのみ書かれ、首月(四季初めの月。春は正月、夏は四月、秋は七月、冬は十月)に記事ない場合は同じ季節の次の月の上に書かれる一つ季節一つも記事ない場合は、「春正月」などと首月の上に書かれる。 月:「正月二月三月…」が使われる。 日:「甲子乙丑丙寅…」といった干支使われる記事:短い句で構成され事実の羅列終始している。主観的な語は少ない。 王:春の一番はやい月に一度だけ書かれる文字。(春王正月、春王二月、春王三月のどれかになる)これは周王朝の暦に従っていることを示しているとされる例として隠公元年・二年を挙げる(文は『左氏伝』のものに従う)。 年四季月日記事元年王正三月 公及邾儀父盟于蔑 (隠公は蔑で邾の儀父と盟を交わした) 夏 五月 鄭伯克段于鄢 (鄭伯が鄢で段に勝利した) 秋 七月 天王使宰咺来帰恵公仲子之賵 (周王が宰の咺を派遣して恵公仲子への葬儀贈り物届けさせた) 九月宋人盟于宿 (宿で宋の人と盟を交わした) 冬 十有二月 祭伯来 (祭伯が来訪した公子益師卒 (公子の益師が亡くなった) 二年 春 公会戎于潜 (隠公は潜で戎と会合した) 夏 五月人入向 (莒の人が向に攻め入った) 無駭帥師入 (無駭が軍隊率いて攻め入った) 秋 八月 庚辰 公及戎盟于唐 (隠公は唐で戎と盟を交わした九月 紀裂繻来逆女 (紀の裂繻が公女迎えに来訪した) 冬 十月 伯姫帰于紀 (伯姫が紀に嫁いだ紀子帛莒子盟于密 (紀の子帛と莒子が密で盟を交わした) 十有二月 乙卯 夫人子氏夫人の子氏が亡くなった) 鄭人伐衛 (鄭の人が衛を伐った

※この「体裁」の解説は、「春秋」の解説の一部です。
「体裁」を含む「春秋」の記事については、「春秋」の概要を参照ください。


体裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 06:48 UTC 版)

中原音韻」の記事における「体裁」の解説

伝統的な切韻』系韻書では韻をまず四声分け、各声調ごとに同韻字を並べていった。しかし、『中原音韻』ではまず19の韻部に分けて、そのなかを平声陰・陽分かれる)・上声去声分け、韻と声母が同じ字ごとにまとめて並べられている。曲においては異な声調の字押韻する必要があるため、このような体裁になるのは当然と言える入声由来するものは「入声作平声・入声作上声・入声去声」などと記してそれぞれ平声上声去声後ろに附している。「去声作平声」のような例外もある。 通常の韻書では反切字義説明付されるが、『中原音韻』ではほとんどの場合それらの情報付されず、単に字が並んでいるだけである。時々非常に簡単な注釈つけられている(支思韻の「瑟(音史)」など)。

※この「体裁」の解説は、「中原音韻」の解説の一部です。
「体裁」を含む「中原音韻」の記事については、「中原音韻」の概要を参照ください。


体裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 03:09 UTC 版)

折り本」の記事における「体裁」の解説

紙の本の体裁のうち最も古いものは巻子装本巻子本)である。この巻子本一定間隔で折ると折り本となることから巻子本変形したものと言える巻子装は閲覧検索不便であることから巻子装本から軸を取り外し本文料紙一定の行数折りたたんだ形態折本装本折本)が生まれた。 糸で綴じ製本方法に比べると簡易な製本方法で、主に本のおまけや、習字の手本、版経などに多い。 式辞用紙折り本になっていることが多い。かつては預金通帳にもこの形式使われた。

※この「体裁」の解説は、「折り本」の解説の一部です。
「体裁」を含む「折り本」の記事については、「折り本」の概要を参照ください。


体裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 22:13 UTC 版)

ぴあ (雑誌)」の記事における「体裁」の解説

雑誌タイトル発行間隔などの変遷次の通り。 期間雑タイトル発行間隔発売日判型1972年8月号 - ぴあ 月刊 25日 B5 1979年10月12日号 - 隔週刊 金曜日 1989年11月9日号 - 木曜日 1990年11月15日号 - Weeklyぴあ 週刊 1992年10月29日号 - 火曜日 1997年3月24日号 - 月曜日 2004年11月18日号 - 木曜日 A4変型2008年11月20日号 - ススめる!ぴあ 隔週刊 1988年時点で、総頁数は270程度価格230円。 表紙イラスト1975年9月号か2011年休刊まで一貫して及川正通描いた記事内容は、映画演劇音楽美術スポーツイベント講座新刊などとセクション分けて各々の頁端にツメ付け監督名・公演日会場などを元に目的情報引けるという形になっていた。 書店駅売店プレイガイド生協コンビニなどで販売された。1988年時点で、購読層は男性50.5%、高校生17.1%、大学生23.0%、会社員41.0%。

※この「体裁」の解説は、「ぴあ (雑誌)」の解説の一部です。
「体裁」を含む「ぴあ (雑誌)」の記事については、「ぴあ (雑誌)」の概要を参照ください。


体裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 18:12 UTC 版)

快楽の園」の記事における「体裁」の解説

この三連祭壇画は板に油彩描かれたもので、長方形の両翼閉じると中央パネル完全に隠す(いわば三面鏡のような構造になっており、両翼裏面それぞれに半円ずつ描かれ天地創造地球当然ではあるが描かれている地球は当時の人々考える(すなわち天動説を基にした)地球の姿である)のグリザイユ現れる三枚パネル描かれている絵画はおそらく左翼中央パネル右翼へと展開する物語になっているが、必ずしも左翼から観なければならないというわけではない左翼には神がアダムイヴを贈る場面中央パネルには猥雑人目を引く裸体人物空想上動物巨大な果物石など積み上げられた構造物などの広大な情景右翼には地獄拷問を受ける罪人などがそれぞれ描かれている。 美術史家評論家は『快楽の園』を誘惑からの危険に対す警告意図した作品であると解釈することが多い。しかしながら、特に中央パネル描かれ複雑な象徴的意味何を表しているのかが何世紀にもわたって学術論争的になってきた。20世紀の美術史家の間では、祭壇画中央パネルには道徳的な警告描かれていると解釈する研究者と、失楽園描かれていると解釈する研究者との二派に大きく分かれている。アメリカ人作家ピーター・S・ビーグルは「不道徳で享楽的雰囲気満ちあふれ観る全て窃視症にするかのような性的狂乱描かれている」としている。 ボス画家としてのキャリアを通じて3点大きな三連祭壇画制作した。どの祭壇画それぞれのパネル描かれ題材重なり合い全体として一つの意味表現される構成になっている。これら3点祭壇画共通して言えることは、どれも特定の歴史信仰直接関連するテーマ扱ったものではないということである。当時三連祭壇画左翼中央パネル右翼へと物語流れていき、両翼にはエデン最後の審判描かれ中央パネルには何らかの寓意秘めた作品多かった。『快楽の園』が教会装飾用として制作されたのかどうかはっきりとしていない。しかし、中央パネル右翼描かれている極端な内容からすると教会修道院使用されていたとは考えにくく、一般信徒依頼に応じて制作され可能性が高い

※この「体裁」の解説は、「快楽の園」の解説の一部です。
「体裁」を含む「快楽の園」の記事については、「快楽の園」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「体裁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

体裁

出典:『Wiktionary』 (2021/08/17 13:45 UTC 版)

名詞

ていさい

  1. から見た感じ様子外観
  2. 世間から見られの、自分姿ありさま
  3. ある一定形式

発音(?)

て↗ーさい

「体裁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



体裁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

体裁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



体裁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体裁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの論文 (改訂履歴)、春秋 (改訂履歴)、中原音韻 (改訂履歴)、折り本 (改訂履歴)、ぴあ (雑誌) (改訂履歴)、快楽の園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの体裁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS