高級車とは? わかりやすく解説

高級車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/03 09:28 UTC 版)

高級車(こうきゅうしゃ)英語Luxury carsとは、相対的に、ブランド性やポジショニング、品質(クオリティー)が高く、いわゆる高級であると認識される乗用車のことである。


  1. ^ 例として、日本ではBMWやメルセデス・ベンツ、アウディといったメーカーのCセグメント以上の車種はおおむね高級車扱いであるが、生産国のドイツをはじめ欧州では、日本未発売の小排気量モデルや廉価なグレードも多く、タクシーにも使われるほか、富裕層でない様々な階層も所有している。
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 輸送用燃料のWell-to-Wheel評価 - 日本における輸送用燃料製造(Well-to-Tank)を中心とした温室効果ガス排出量に関する研究報告書
  5. ^ 大辞泉【スーパーカー】


「高級車」の続きの解説一覧

高級車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 05:38 UTC 版)

パッカード」の記事における「高級車」の解説

やがて、ジョイによってアルヴァン・マコーレーが支配人に就任し経営面取り仕切ると共に技術部門の責任者であったジョシー・ヴィンセントが高性能エンジンシャーシ開発1915年には当時ほとんど例の無かったV型12気筒エンジン搭載した乗用車発売し高級車メーカーとしての名声確固とした。その証拠として1920年代にはピアスアロー英語版)、ピアレス英語版とともに高級車の3Pとして親しまれていた。 "Ask the Man Who Owns One."のコピー当時から使われ後年に至るまで多くのパッカード広告カタログにこのフレーズ記されている。 1921年には大統領に就任したウォレン・ハーディングパッカード就任式典へと赴いている。アメリカ国内では、アル・ジョルソンルドルフ・ヴァレンティノといった映画スターやジョン・アスター、ヘンリー・ルースなどの大富豪パッカード愛用者となっていた。 アメリカ国外おいてもベルギーエジプトインドノルウェールーマニアサウジアラビアスウェーデンユーゴスラビアチリエルサルバドルメキシコなどで政府公用車貴賓車として供せられた。 日本でも政府公用車として使用され昭和戦前には皇室華族にも愛用される最高級車であった。一般にも「宮様株屋乗るもの」と言われ貴賓層か、あぶく銭得た投機家でもなければ乗ることのできない自動車見られていた。竹久夢二による化粧品広告コピー(1930年)にまでその車名登場したほどで、知名度高かったパッカード日本初め輸入したのは内外興業経営していた藤原俊雄で、12気筒シャーシ輸入してボディー築地本願寺前の國井自動車々室製作所発注した

※この「高級車」の解説は、「パッカード」の解説の一部です。
「高級車」を含む「パッカード」の記事については、「パッカード」の概要を参照ください。


高級車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 01:44 UTC 版)

タトラ (自動車)」の記事における「高級車」の解説

一方アッパーミドルクラス以上のモデルについては、しばらくは水冷式踏襲された。 1930年開発されT70は、T17シリーズ後継モデルであったが、3.4リッター直列6気筒65HPエンジン搭載、かつブレーキ4輪油圧式採用した派生モデルとして3.8リッター70HPのT70aも開発され1938年まで生産されている。 このT70バックボーンフレーム長いホイールベース(3.8m)はそのままV型12気筒エンジン装備してしまった高性能車T80である。そのサイドバルブV形12気筒6リッターエンジンは120HPを発生総重量2.5tの大型車を140km/hまで引っ張った当時アメリカ西ヨーロッパ各国の高級車に比肩しうる極めて高価な大型車であり、1935年までに僅か22台が製作されに留まる。 T70/80の多くは、プラハ有名なボディメーカーであるヨーゼフ・ソドムカ社によって流麗なボディ架装された。T80チェコスロバキア初代大統領トマーシュ・マサリク公用車にも用いられている。マサリクそれ以前公用車は、シュコダ1925年からイスパノ・スイザライセンス少数生産した1920年代代表する6気筒高級車「イスパノ・スイザH6B」であり、T80開発に際して一つベンチマークであったことは想像に難くない

※この「高級車」の解説は、「タトラ (自動車)」の解説の一部です。
「高級車」を含む「タトラ (自動車)」の記事については、「タトラ (自動車)」の概要を参照ください。


高級車(または盗難率の高い車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 12:20 UTC 版)

自動車保険」の記事における「高級車(または盗難率の高い車両)」の解説

損害保険料率算出機構により算出され車両型式別)料率クラスが高い車種は、クラスに応じて保険料高くなる盗難率が高い・部品高額という理由から、高級車やその他盗難率の高い車両4WDのRV/SUVや一部の貨物車など)ほどクラス高くなる傾向があり、車両保険に関して顕著である。また高性能エンジン搭載する傾向がある点、車格車重大きくなる点では大排気量と同様である。

※この「高級車(または盗難率の高い車両)」の解説は、「自動車保険」の解説の一部です。
「高級車(または盗難率の高い車両)」を含む「自動車保険」の記事については、「自動車保険」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高級車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「高級車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

高級車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高級車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高級車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパッカード (改訂履歴)、タトラ (自動車) (改訂履歴)、自動車保険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS